レポ:第28話「影の館」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

開催日
2008/2/17
GM
s/t
舞台
ゼーレ・シャッテンアジト
参加PC
アルト・マクドール
ファルシオン&アラン
ルチアーノ・カイマン
ハインツ
結崎すばる

  • マクドール兄弟の母アイナの居所が判明。PC達とベルティルデは、アイナを救出すべくゼーレ・シャッテンのアジトへと潜入を開始する。
  • 警備体制が緩んでいる隙を突き、敵の目に留まることなく潜入していくPC達。戦闘を上手く回避しつつ、館の奥へと侵入していく。
  • 館の中での調査により、いくつかの事実が判明。ゼーレ・シャッテンを構成しているのは何らかの理由で失敗作とみなされたエイリアスたちであること、また過去に帝国で英雄を人為的に作り出そうとする「プロジェクト・シグルド」なる計画があったこと、その計画にアイナが関わっていたことなど。
  • 警備をかわし、時に排除しながら、館の地下へと下りるPC達。広大な地下空間に苦心しながらも、ベルティルデのサポートもあって無事に最深部へ辿り着く。だがそのとき、管制室で別行動をとっていたベルティルデがクリストフと名乗るゼーレ・シャッテンのエイリアスに捕まってしまう。
  • PC達は目の前の隔壁をロックされ、最深部への道を見失ってしまう。だがそのとき、アルトの耳にカリバーンの声が響く。その声に応えたアルト、そしてカリバーンの真の力が発動する。それはあらゆる機械を支配下に置くという恐るべきものであった。覚醒は一瞬であったものの、アルトの意志に応じて開いた隔壁を、PC達は一気に駆け抜ける。
  • そこでは、クリストフと共にゼーレ・シャッテンの精鋭、エックハルトとリーゼバイスが待ち受けていた。ベルティルデを人質にとり、撤退を要求するクリストフ。だがそのとき、PC達のシャードが輝いた。アルシャードの力が解放され、ベルティルデの拘束が破壊される。そのまま一気にクリストフ達を排除するべく、PC達は戦闘を開始する。
  • 防御力の高いクリストフとパンツァーを乗りこなすエックハルト、そして様々な奇怪な能力を備えたリーゼバイスは、強力なコンビネーションでPC達に立ちはだかる。だが、サクセションを起こしたPC達もまた強力であり、まずはクリストフ、そしてエックハルトが倒れ、リーゼバイスも力尽き、撤退する。
  • ついにアイナの元へと辿り着いたPC達であったが、アイナは過去の記憶を失ってしまっていた。衝撃を受けるアルト。
  • カーゴへ戻ってきたPC達であったが、ブレイディの姿はなかった。帝国軍が襲来し戦場になったフェイトンへ、ジゼル・リュクレースらと共に向かったきり、戻ってこないという。事態は風雲急を告げはじめていた……

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。