PC紹介 > ファールー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


名前
ファールー
PL
s/t
クラス/レベル
リターナー/2,サモナー/21,Bマジシャン/2,グレーターサモナー/10
HOT
タイムジャンパー
性別/年齢
女/17?
種族
人間
身長/体重
159cm/49kg
瞳/髪/肌
黒/黒/白

紹介


いつの頃からか“旅団”に所属している…というよりはいつの間にかブレイディの側に居た魔法使い風の少女。何処からとも無く現れて合流したかと思えば、ふと目を離した隙に消えたっきり姿を見せないこともある。
普段はどこか抜けたようなふわふわと危なっかしい言動だが、ごく稀にしっかりしたどこか古風な喋り口でまるで未来を知っているかのような予言めいたことを語る。
非常に腕のいい召喚術師であり、その実力そのものは確かであるのだが…

ジークフリードは彼女を“次元の魔女”と呼び、彼の話によればファールーもまた時を越えるリターナーと呼ばれる存在らしい。相変わらず“旅団”の仲間たちの前にいつの間にか姿を見せたりもするのだが、いつの頃からか彼女が事件に対して直接介入することは無くなっていた。

登場履歴

  • 第1話「機械仕掛けの聖剣伝説」NPC参加
ルーベランの人々を大規模転送で帝国外に逃がすという離れ業をやってのける。
  • 第3話「狂気の匣」PC参加
仕事の最中、帝国軍大尉ボーリングの“ゲーム”に巻き込まれ絶海の孤島に攫われるも仲間達と共に大尉を倒し脱出する。
  • 第4話「剣の遺跡」NPC登場
遺跡に向かう途中、唐突にシェリルとアランを巻き込んで遺跡内に暴走転移する。何かに導かれているらしく、本人にも制御は出来ない模様。
  • 第22話「白のワルキューレ」NPC登場
ハイネが世話になった村が焼き討ちされている現場に到着したときに“何故か偶然”居合わせて村の子供を護っていた。ハイネが遺跡に向かうことを“運命”と呼び、そこまでの道を転移魔法で手助けする。遺跡の中でもかつての“剣の遺跡”の時と同様、謎めいた様子と語り口を見せた。
  • 第25話「バルトロマイの殺人鬼」PC参加
何故か異様にテンションが合う友人、グリム男爵と共に連続殺人事件の解決に臨む。中途、グリム男爵が殺されたり、事件の容疑者にされたり何かとトラブルに見舞われるも、何とか事件は解決。今回の事件を元にしていたグリム男爵の遺稿を託されるも、それを自分の胸だけにしまって公表しないことにした。
  • 第54話「もうひとつの黒の印」NPC参加
何故かカーゴから離れて別行動をしているはずのPC達の前にひょっこりと姿を見せ、昏睡したマグナスの状態と解決する手段をPC達の前に示す。その後はマグナスの夢の中に入った後のPC達の肉体を護っていた模様。
  • 第55話「恨みの残渣」PC参加
何故か“旅団”から一時離れたハインツの前で子供達と遊んでいるところを“観測”される。大災害でパニックになる人々を≪サモンクリーチャー≫を駆使して救助しつつ元凶を探った。事件後は“そういう縁なのだろう”とハインツのクリーチャーハントを手伝うことに。
  • 第58話「最後の扉」NPC参加
例によって、なのかどうかは誰にも分からないがシグルドを封印したといわれる最後の遺跡に向かうPC達を誘い姿を見せる。開いてしまった封印のことを警告に現れた模様。
  • 第66話「楽神の墓所」PC参加
かつて楽神とも謳われた伝説の詩人の墓に向かうクーに同行し、ティターニアの力も借りて存分にその力を発揮する。シャードから“世界の真実を知る”との不思議なクエストを得るもあんまり本人的には深刻に考える気は無いような様子。
  • 第71話「穢されし悪夢」NPC参加
奈落の力によって己の悪夢に囚われてしまったレイナを救うため、PC達を夢の世界に送り込んだ。例によって眠っている間のPC達の肉体を看ていたのだろうが、朝ごはんを確保しておいてはくれなかった模様。
  • 第98話「蒼き星の火種」PC参加
いつぞや会ったカスパールを追って主にミッドガルド西部の都市を飛び回る。久しぶりに披露した召還術は一人カスパールを圧倒し、相手の実力を完全に見切るカスパールをしてそれ以上の戦闘は無意味、と撤退に追い込む離れ業を見せた。別のリターナー(ジークフリード)が介入をはじめた影響なのかどうなのかはさっぱり不明だが、この頃からいつの間にか、事件に対して自らが直接介入することは無くなっていた。



名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル