NPC紹介 > ミハエル・フランム少佐


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前
ミハエル・フランム
クラス/レベル
コマンダー/?
性別/年齢
男/23歳(書類上の記載。天使であることを隠すための虚偽記載である)
瞳/髪/肌
碧/ブロンド/白

紹介

帝国軍少佐を務める若き士官であり、ヒンビッヒ・バウアー中佐の側近であるらしい軍人。そこそこの名家の出身であり、経歴も立派なエリート軍人。
しかし、その正体は、数百年以上前からメフィストフェレス、“不死者”カイン、“邪眼の魔術師”(彼はファンタズマと呼んでいる)、の三人の悪魔を滅ぼすために活動している機械神の忠実な僕、つまり天使である。
多額の報酬を約束してくれるが、その分、危険度も特級の依頼を持ち込んでくる、“旅団”の上客(?)であり、”旅団”に持ち込む依頼を通じて徐々に彼らを信用するようになる。
しかし、第70話「暗黒の大聖樹」で”不死者”カイン、邪眼の魔術師に破壊される。

登場履歴

  • 第48話「霧雨煙る森」登場
“旅団”にナーデルヴァルトに発生した奈落を調査、退治して欲しいとの依頼を持ち込む。その真意は、クエスターにヴァンパイアであるオルベリウス伯爵の村を特定させ、そこに部隊を向けて一掃する計画だった。当初は、ダンピールとなった村人もまとめて皆殺しにする予定だったが、PCたちとの交渉の結果、村人をバルトロマイで保護(もちろん監視の意味も含めて)することに。
  • 第51話「奈落の城へ」登場
“旅団”に奈落の亀裂のど真ん中にあるメフィストフェレスの居城へ潜り、最深部からあるデータを持ち帰って欲しいという依頼を持ち込む。
  • 第63話「誰がために鐘は鳴る」登場
“旅団”に帝国領内の都市カノッサで発生している怪事件の調査を依頼する。
  • 第70話「暗黒の大聖樹」登場
“旅団”にウータンキドゥルに現れたメフィストフェレスの計画の阻止を手伝ってほしいと依頼する。
しかし、”旅団”メンバーたちにメフィストフェレスとの勝負を託し、自らは”不死者”カインと邪眼の魔術師を足止めするために、単身戦いを挑む。その結果、足止めはかろうじて成功するものの、悪魔たちに見るも無惨に破壊されてしまう。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。