レポ:第65話「狂気の祭壇」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

開催日
2008年5月11日
GM
cielx
舞台
コールドベリー
参加PC
ティーネ・L・アウデンリート
クラウス
ルキノ

  • シナリオクラフトによるセッション。テンプレートは「ハードボイルドチェイサー」をちょっと改変したもの。
  • 帝国貴族の令嬢、レイチェル・シュベルツベルクが誘拐され、コールドベリーで競売にかけられかけており、救った者には報奨金が出る。WFSからレイチェルを助ける依頼を受けたルキノはティーネを誘ってコールドべリーに向かい、独自のルートでそのことを知っていたクラウスとコールドべリーで合流する。
  • 手がかりをおってたどり着いた場所は、とある芸術家が住むなんとも悪趣味で公共風俗に反するような建物。怒りを燃やす女性人二人にフルボッコにされた芸術家は地下に誘拐犯がいることを自白する。
  • 地下には謎の祭壇があり、一糸まとわぬ姿にされているレイチェルと、謎の男の姿が。謎の男はロキ神を信奉するものだと名乗りその変態性を見せてくる。服を透視して姿を撮れる謎のカメラを向けてきたりする変態を、一行はフルボッコにし、無事レイチェルの救出に成功した。


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。