01-Ex:神話と伝説を越えて


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

推奨クラス:ファイター(アルト専用)
条件:『聖剣伝説』を取得したキャラが「その剣の名は…」をクリアすること

解説:あなたは聖剣カリバーンに選ばれた主。だが長い旅の末にその剣が存在する理由、そしてカリバーンに纏わる呪われた運命を知った。その末にあなたが選んだのは、カリバーンの力と運命に囚われず新しい剣として作り直されたそれと、共に成長し、共に歩む道。多くの仲間達との出会いと別れを経験した、その絆の重さ、大切さを思った末の選択。新しく生まれた剣と共に何を為すのか、それはまだ決まってはいない、だがきっと仲間達に恥じることの無い英雄となるだろう。この新たな剣と一緒ならばきっとそれは成し遂げられる、なぜならばこの剣もまたあなたと共に長きを歩み、そしてこれからも共に歩んでいく大切な仲間なのだから。

クエスト:【仲間達との絆を忘れない】

ギフト:アルトの剣を得る。



アルトの剣

種別:白兵(剣) 必要体力:15 命中:0 攻撃力:光+【クエスターレベル/2】
射程:5m 手持ち:両手 価格:購入不可


アルトがカリバーンから創り出した剣。生まれたばかりのこの剣にカリバーンのような人知を絶するような力はまだない、だがそれもアルト共に成長することによって次第に発揮されるようになるのかもしれない。
ブレイクしたときのみ使用できる。この武器で行う命中判定は2回行ってよい方の結果を適用できる。ただしどちらかがファンブルした場合、命中判定は失敗する。またこの武器はアルト以外に使用することはできない。

なお、新たに以下の効果が発生する。


※1:アルトの剣は機械神にトドメを刺すことが出来る。またアルトの願いに従って、アルトの剣は機械神を滅ぼした後に起こるカバラの使用不能による帝国の完全崩壊を少しの期間遅らせることが出来る。


※2:このHOTの所持者は7つまで己にとって関わりの深い、大切だと思える存在を設定することが出来る(なお、これはあくまで演出上のものである。以下に記すデータ上のルールさえ守ればある程度の複数人を同一カテゴリーとして纏めておくことは可能である)。
設定した存在ひとつ事に、キャンペーン中1回まで以下のうちの効果の中から選択して発生させることが可能とする。

1)いつでも宣言可能。即座にメインプロセスを1回行う。[行動済]であっても宣言でき、[未行動]の時に宣言しても[行動済]にはならない。

2)いつでも宣言可能。即座に自身のHP・MPを全快させる。その際に戦闘不能・死亡を含むあらゆるバッドステータスならびに継続している特技の効果を選択して打ち消すことが出来る。

3)判定の直後に宣言可能。その判定の結果をCLないしファンブルにする。なお、この効果はあらゆる特技(≪闇の世界樹≫などを含む)の効果に優先されるが加護の効果は覆せない。




名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。