レポ:第73話「深海の都」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

開催日
2008年6月8日
GM
cielx
舞台
南方の深海にある遺跡
参加PC
テッド・ノーチラス
カトレイア・マグギネス
クラウス
ティーネ・L・アウデンリート

  • シナリオクラフトによるセッション。テンプレートは「秘境の宝探し」。
  • “旅団”にとって、我が家とも呼べるカーゴ。長年だましだまし使ってきたカーゴであるが、やはりだいぶがたが来ているらしく一度完璧にオーバーホールすることに。だが、これだけの代物を完全に治そうとするとかなり費用がかかり、旅団にそんなお金はない。ということで、仲介をしてくれたメロウの商人との交渉の結果、南方の海なのに、そこだけぽっかりと淡水の湖状になっているという場所にある海底遺跡にある、レリクス製の壷をとってこれば、完全に修理してくれるということに。
  • テッドは、ティーネとカトレイアを連れ、クラウスに頼んでスキーズ・ブラズニルで目的の場所へ向かうことに。商人から深海でも呼吸ができる用になる薬をもらっていたので、そとでの活動は問題なし。ティーネとカトレイアはノリノリで水着に着替え、テッドは罠に注意するために外を泳ぎ、クラウスは濡れるのはごめんだと、スキーズ・ブラズニルで進むことに。
  • 目的の海域についた段階で、赤褌一丁で錘で深海まで沈んでくるという猟奇的なことをやってくるネームレスの集団と遭遇。デュスノミヤというネームレス幹部の部下だと言う彼らの目的も、そのレリクスの壷らしい。ものすごく嫌な顔をしながらも、やつらに渡すわけにはいかないと一行は先に進むことに。
  • その後、いろいろと妨害にあったりしつつ進んでいくと、どうやらこの遺跡がかつては街であったらしいことがわかる。そして目的の壷のある神殿に到着。壷を回収したところで現れるデュスノミヤ。その強大なマナに、シャードが反応しPCは加護をサクセション、そのおかげもあり、何とか退けることに成功。
  • 無事、壷を回収することができ、カーゴのオーバーホールは終了した。
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。