NPC紹介 > ティティス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前
ティティス
クラス/レベル
スカウト/30
性別/年齢
女/17~18程度の外見
瞳/髪/肌
碧/黒/白

紹介


アビシニアン教団に属する少女、その左手には黒の印が刻まれている。並外れたスカウトとしての手腕を披露し、マグナスと同系等のアームドギア(二足だが)を駆る。
その正体は、マグナスと同時期に確保されるも初期実験によって命を落としてしまったリリィ・ロットーの資質を惜しんで作成されたエイリアス。模造された二挺のハンドガンを巧みに操り、圧倒的なスピードと穏身術で戦場をかく乱する。
長い教団での生によって、教団の道具としてしか生きられない存在であると自らを納得させることで自我の平衡を保つに至っており、マグナスやテッドが差し伸べる救いの手を頑なに拒む。

登場履歴

  • 第79話「月下終焉」に登場
月之を慰めるヴォルフガングの目の前から人並み外れた穏身術と身のこなしを持って月之を攫って逃亡するという離れ業を披露する。その後アビシニアンの精鋭たちを引き連れてコーラスとヴォルフガングの足止めをし時間を稼いだ後、マリーシで撤退していった。
  • 第87話「かの日の残光」登場
アウナッソスに命じられ、PCたちを夢の世界に導く。マスターレイス、アウナッソスと共にPCたちの前に立ちふさがり戦うも最初に退場。その際、左手に黒の印を輝かせブライトナイトを召喚して去っていった。どうやらマグナスの夢に出てきた、マグナスが妹だと思っている少女らしい。
  • 第101話「生まれ堕ちる世界」登場
バルトロマイに現れ、会談の席でテッドを狙い、それに失敗するとよりパニックを広げ被害を広めるために他のアビシニアン教団員と共に数々の策略をめぐらす。だが、その企みはPCによって大部分を止められた。
  • 第105話「夜色の待ち人」登場
自身とマグナスが実験を受けていた強化クエスターの研究所へとマグナスを誘い、全ての真実を教える事によってマグナスを絶望に突き堕とそうとする。“兄”としてのマグナスの存在を渇望しながらも彼が差し伸べる救いの手は取れないというジレンマに陥り、マグナスとの激闘の末に教団の元へと逃げ去った。
  • 第120話「夜を砕く朝の陽よ」登場
“旅団”とアビシニアンの決戦に際し、アウナッソスの腹心としてその傍らで最後まで熾烈な戦いを演じるも、最後にはマグナスの魔術の前にそのアームドギアを大破させる。教団が滅びる事により、彼女もまた教団の道具という立場から解放されるものの、“もう少し考える時間が欲しい”と語り、マグナスの手を取ることなく何処かへと去っていった。



名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。