レポ:第81話「人と獣」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

開催日
2008年7月6日
GM
龍希
舞台
獣ヶ原
参加PC
ハインツ
エルヴィン・ローゼンベルク
ティーネ・L・アウデンリート

  • かつて、クリーチャーハンターとして名を馳せたローベルトというハンターがいた。彼は古代のレリクス“魔物繰りの鈴”で無理やりクリーチャーを道具のように扱っており、あまつさえクリーチャー相手に密売を繰り返していた事が発覚し、ノルンを除名され、多額の賞金首となっていたが今なおつかまっていない。
  • WFSのルキノから、ローベルトが獣ヶ原にすむ白竜の親子を狙っているという話を聞き、“橙の”ティファナの古い友人であるという白竜たちを守ってほしいという依頼を受けたハインツたちは、一路ティーネの飛空挺で獣ヶ原へ。一方、エルヴィンは昨今の不安定な情勢からシャードの入ったリアクターを横流しする連中が軍に出始めており、ローベルトの元に流れたリアクターの回収を、姉のアンジェラ・ローゼンベルクから依頼される。彼女もまた、獣ヶ原の白竜メリーベルの友人であり、彼女の保護も個人的に依頼され獣ヶ原に向かうのだった。
  • 獣ヶ原についたところで、合流する一行。帝国軍人のエルヴィンと賞金首のティーネの間で一悶着あるものの、互いに折り合いをつけて協力することに。白竜の住処に向かう途中でローベルトを発見するものの、彼らは《マリーシ》で立ち去ってしまう。
  • いろいろとトラブルを解決しつつ、たどり着いた竜の住処であったが、子供の白竜であるトレイトンが遊びに行ったまま帰ってこないという話しを聞き、あわてて探しに出たところで、ローベルトにつかまっている子竜を見つける。トレイトンを助けるために戦闘に。あらかじめ情報収集で敵のデータと所持している加護ほぼ把握しており、詰め将棋的なクライマックスとなる。敵が宣言した加護は実に20個、PCはサクセションしていたとはいえそれなりに苦戦したものの、何とか犠牲者は出さず、ローベルトが逃げる《マリーシ》も《オーディン》で打ち消し捕まえることに成功。
  • ローベルトが扱っていたクリーチャーはハインツが引き取ることになり、“魔物繰りの鈴”はティファナの“旅団”に預けて置けば安全だろうという判断もあり、ティーネが飛空挺に飾ることに。
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。