レポ:第91話「薄昏い雨の日」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

開催日
2008/7/29
GM
Gハイパー
舞台
ウィンカスター
参加PC
ベルティルデ
メルキオール・ローゼンベルク
ルキノ

  • シナリオクラフトによるセッション。テンプレートは「ハードボイルドチェイサー」。
  • かつてプロジェクトシグルドにおいてベルティルデをモルモットとして激しく虐待していたハラルド・ゴッドフリート。彼は人間至上主義で選民思想が激しく、メルキオールの同胞であるドラゴンの集落や、ジャーヘッドの部族をいくつも壊滅させた男だ。その彼が軍を退役し、ウィンカスターにいるということをつかんだ一行は、過去の因縁に決着をつけるためにウィンカスターに集う。
  • 情報屋のところで合流した一行はそれぞれの利害は一致していると協力することに。WFSの情報で、最近待ちで行方不明者が出ていることを知り、ハラルドが今なお非道な実験を行っていることを知る。その実験場所が郊外の研究所だということを知った一行は、一気に突入することに。
  • ベルティルデの《エンジェルダスト》で見張りを操り潜入した一行。そこに待ち構えていたハラルド。プリースト特技を駆使し、さらに一定ダメージを与えるごとに誘拐した人間たちの体に乗り移りダメージを回復していくハラルドに珍しくかなりの持久戦となりながらも何とか勝利を収める。だが、ときすでに遅く、誘拐された人たちはすでに亡くなっていた。
  • やりきれない思いを抱きながらも何とか一行は過去の因縁にけりをつけることに成功した。


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。