NPC紹介 > ミヒャエル・ストラガン中佐


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前
ミヒャエル・ストラガン
クラス/レベル
コマンダー/10
性別/年齢
男/30
瞳/髪/肌
碧/金/白

紹介

帝国海軍中佐、余談だがエルヴィンとは違い海軍に配属されたのは出世コースの通り道程度らしい。
性格は生真面目で厳格、まさしく模範的な帝国軍人。『軍人ならば例え何があれ命令された以上それを外れてはならず、まして勝手な独断を始めてはならない、それでこそ軍隊の規律と民衆を護るための武力という正当性は保たれる』という信念を持っており、それに殉じる事に一片の疑いも抱いて居ない。



登場履歴

  • 第92話「海風の戦旗」登場
フリッツ・ノルティングの随行としてエルヴィンと共にガブリエル海を封鎖する作戦に従事する。作戦後、エルヴィンとハイネから奈落派であるフリッツの闇討ちに加担するよう説得を受けるがこれを頑として拒否。フリッツに悪心があったとしても、上役の闇討ちなどという手段は法と軍隊の摂理に反する、帰還後に上層部に直接上奏し申し立てるのが筋であろう、との主張を最後まで曲げず、結局フリッツを襲撃したPC達の前に立ち塞がった。
かろうじて生還を果たした後、彼はエルヴィンやハイネに主張した通りに自分の見た顛末、そしてエルヴィン達から聞いた話をそのままに上奏し奈落の危機を訴える。彼に誤りがあったとすれば、彼が忠義を尽くし絶対の判断を下せると信じる皇帝にもはやそのような能力が備わっていないことだっただろうか?
  • 第101話「生まれ堕ちる世界」登場
アレキサンダーにエルヴィンの手紙を届け、これからも帝国のために尽力することを約束する。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。