PCデータ > ジークフリード・E・シュローダー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前
ジークフリード・E・シュローダー

クラス
ソーサラー/16、ミッショナール/3、リターナー/14、コマンダー/16
加護
オーディン、イドゥン、バルドル
種族
人間
性別/年齢
男/48
身長/体重
185cm/75kg
瞳/髪/肌
深青/灰/白
サクセション

消費経験点
17025(未払い890)(Lvアップ:16200 能力値上昇:780(体力+6、反射+2、知覚+7、理知+3、意志+6、幸運+2) アイテム常備化:45)
能力値
体力:15/+5 反射:15/+5 知覚:18/+6(+8) 理知:18/+6 意志:18/+6 幸運:15/+5(+6)
装備品
右手:セクストンロッド/神秘の盾
左手:セフィロト(+思い出のリボン)
防具:プリズムプロテクター/疾風の衣/ドラゴンアーマー
アクセサリー:黒瑪瑙の指輪/リデュースリング/バリアペンダント
ヴィークル:飛行ユニット
その他1:バックラー(+デーモンブラッド)
所持品
プログラム・イェツラー、プログラム・ダァト×16、プログラム・アイン=ソフ=オウル、プログラム・アイン=ソフ、プログラム・アイン、空間移動装置、タイムアゲイン、聖母の杖、紅星玉のピアス、スピードリング、特殊サングラス、ラックバッジ、エスケープブーツ、マント
所持消耗品
剣十字の書片、ポーション×2、MPポーション×7、ミスティックベリー×7、大聖樹の雫×5、レリクスのかけら×3、完全回復薬、マジシャンスクロール:クイック×6、メイジスクロールⅢ:インタラプト×3、蘇生の呪符×3、万能薬×5、兎の足×2、メイジスクロールⅢ:インタラプト×3、タバコ×35
常備化品
神秘の盾、ハイMPポーション×3
所持金
27800ゴルト
特技
《セフィロト》《癒しの雫》《魔導プログラム》《飛行ユニット》《天眼鏡》《アクセル》《電磁バリア》《カバラ学》《ドラッグシンセサイザー》《マテリアルマナ》《リバースドラッグ》《精緻なる業》《ワイルドカード》《スタンピード》《インタラプトサポート》
《神聖守護》《予言》《神罰兵器》《聖務説法》《偉大なる福音》
《マインドロック》《情報端末》《ディメンジョンオブジェクト》《クロックシステム》《グローリーアフター》《事象拡大機》《空間移動装置》《未来知識》《タイムパラドックス》《破滅の一撃》《タイムリープ》《タイムアゲイン》《クロックシステムⅡ》《フューチャージャム》
《士官用装備》《陣頭指揮》《疾風迅雷》《帝国への忠誠》《戦術:一点集中》《戦術:戦況把握》《獅子奮迅》《戦術:部隊展開》《小さな助言》《陣頭指揮Ⅱ》《艦隊支援》《疾風迅雷Ⅱ》《電光石火》《最後の指示》
戦闘値
命中:35 回避:25/31/31 魔導:35 抗魔:27/31/26 行動:43/55/37 耐久:123 精神:131
攻撃力(セクストンロッド):〈殴〉+57 射程:20m 対象:単体
防御修正(神秘の盾+セフィロト+プリズムプロテクター+リデュースリング):斬54/刺53/殴52/炎11/氷11/雷11/光10/闇10(実ダメージ2点軽減)
防御修正(神秘の盾+セフィロト+プリズムプロテクター+バリアペンダント):斬44/刺43/殴42/炎21/氷21/雷21/光10/闇10(実ダメージ2点軽減)
防御修正(神秘の盾+セフィロト+ドラゴンアーマー+リデュースリング):斬65/刺64/殴63/炎5/氷5/雷5/光5/闇5(実ダメージは2点軽減)
防御修正(セフィロト+疾風の衣):斬33/刺32/殴33(実ダメージ2点軽減)

シャード
色彩:群青 形状:十二面体 場所:義手の甲

ライフパス
出自:帝国兵(特徴:義肢)/俺はもともと帝国の軍人でね。いろいろあって、今は裏切り者として追われてるわけだが。あーこの手はそのときにちょっと・・・な。
境遇:理想(クエスト:人を救う)/俺の愛した女は、どんな絶望的状況でも、誰一人見捨てることなく、弱き人を守るため、地獄の業火の中でやさしく笑える女だった。だったら、俺もそれと同じことをするだけさ。
邂逅:憎悪(コネクション:ロキ神)/あいつの本当に願った平和な世界を、この美しく、愛しい大地の未来に作るために、俺はあの道化の神を倒す。

主要コンボ

《電光石火》
タイミング:セットアップ
判定値:自動成功 難易度:なし
対象:自身 射程:なし
代償:6mp
解説:自身の存在を本来の時間軸と切り離し、短時間で大量の行動を行う。セットアップを3回行う。1シーン1回。それぞれで以下の行動を行う。

《獅子奮迅》+(《戦術:一点集中》、《戦術:戦況把握》、《戦術:部隊展開》のいずれかから二つ)
タイミング:セットアップ
判定値:自動成功 難易度:なし
対象:本文 射程:本文
代償:4mp+(6mp、6mp、10mp)
解説:“軍神の再来”と呼ばれた戦術センスを発揮し、仲間を指揮して状況を有利にする。《一点集中》は対象:単体がラウンドの間受けるダメージ+2D6、《戦況把握》は場面(選択)の【行動値】をラウンド中+2D6、《部隊展開》は場面(選択)の対象に即座に戦闘移動をさせる。状況にあわせて使い分ける。

《疾風迅雷》+《ドラッグシンセサイザー》+《ワイルドカード》+《スタンピード》(+《疾風迅雷Ⅱ》)
タイミング:セットアップ+メジャーアクション
判定値:自動成功 難易度:なし
対象:範囲(選択) 射程:20m
代償:6mp+10mp+8mp(+9mp)
効果:学んだソーサラー技術を最大限生かして、先手を取って仲間に一気にドラッグを投与して強化する。対象の命中判定の達成値+3、クリティカル値-1(下限9)、さらに対象が行う物理攻撃のダメージを対象のクエスターレベルまたはエネミーレベルする。《ドラッグシンセサイザー》は1シーン1回。さらに1シナリオに1回《疾風迅雷Ⅱ》を宣言することでこの行動のあとに未行動になる。どちらかの代わりに《アクセル》で【命中値】と【回避値】を+1、【行動値】を+3することもできる。

《艦隊支援》+《天眼鏡》+《マテリアルマナ》+《聖務説法》
タイミング:セットアップ
判定値:38(41) 難易度:対決 クリティカル値:11(10)
対象:場面(選択) 射程:視界
代償:20mp+2mp+3mp ダメージ:〈炎〉+58(107)+7D6
効果:時間座標と空間座標を送り、セクストンロッドの引き金をトリガーに異次元から艦隊の射撃を加え、一気に敵をなぎ払う。1シーン1回。《ワイルドカード》や《スタンピード》がかかっている場合は、カッコ内の値を使う。


《破滅の一撃》+《天眼鏡》+《マテリアルマナ》+《聖務説法》
タイミング:メジャー
判定値:40(43) 難易度:対決 クリティカル値:11(10)
対象:場面(選択) 射程:20m
代償:10mp+2mp+3mp ダメージ:〈殴〉+72(121)+2D6
効果:プログラムで因果を捻じ曲げ、銃弾が当たったという事実を未来に作ってから引き金を引くことで確実に相手を捕らえる一撃を放つ。《ワイルドカード》や《スタンピード》がかかっている場合は、カッコ内の値を使う。


《陣頭指揮》
タイミング:メジャー
判定値:自動成功 難易度:なし
対象:単体 射程:視界
代償:10mp
効果:セフィロトを利用し時間に干渉し、対象をさらに行動させる。対象は未行動になる。さらにこの効果によって行う判定の達成値+2、クリティカル値-1(下限8)。1ラウンド1回。



「たとえ、俺自身が何も取り戻せなかったとしても、それでもこの世界の未来のどこかで、妻や、娘や息子と同じ顔をした誰かが幸せに笑ってくれるなら、すべてをかけてそれに挑戦する価値があるのさ」
「すべてを見通し、あざ笑いながら、己の楽しみのためだけにあまたの命をもてあそぶ道化師。あいつは必ず俺が殺す。」

本名はアルフレッド・ストラガン。現在のミドルネームはエルヴィン。
今より遠い未来の、荒れ果て荒廃し、絶望が蔓延するミッドガルドの軍部の名門、ストラガン家に生まれ聖務枢機卿自らの祝福を受けその御名を貰い受けた生粋の帝国貴族だった男。
軍にて目覚しい功績を上げ“軍神の再来”とまで呼ばれて活躍したが、多数の民間人を犠牲にする作戦を命じられた際に、その作戦を止めて見せた上で、よりみなが幸せになる道を示してみせたクエスターの女性、エリンシアから世界の真実を知る。
そのため、帝国から裏切り者扱いされ処刑されようとしたところ彼女に救われ、彼女とともに人々が、世界がもっと幸せになる道を探して道化の神との戦いを始める。その際、本来の名を捨て、曽祖父の手記に残っていた真に帝国を憂いそのために命を懸けたという二人の人物の名前をもらい、今の名を名乗るようになった。また、追われている際に右手を失ったが、義手で補った結果、そこには淡くシャードが輝き、そのときにクエスターとして覚醒した。

その後、エリンシアと結婚し、娘と息子を一人ずつもうけるも、ロキによって妻子を殺され世界はもはやとめることができないところまでひどいありさまになってしまう。
その時、現れた“次元の魔女”の助言に従い、“フランクールの賢人”と呼ばれた偉大な魔術師が残した時空をさかのぼる魔法を使って、歴史の分岐点である現代に、特異点の塊である“旅団”に介入し、歴史を変えるためにやってきた。

ヘビースモーカーであり、コーヒーを入れるのが得意。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。