レポ:第97話「時の流れの果てに」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

開催日
2008年8月11日
GM
Gハイパー
舞台
近未来のどこか
参加PC
リジル
アスタルテ
ベルティルデ
ジークフリード・E・シュローダー

  • シナリオクラフトによるセッション。テンプレートは「時空漂流」。
  • ジークフリードの言葉を聞いて、本格的に時魔術の研究を始めたカトレイアの実験につきあうことになった一行は、アスタルテのマナの干渉のせいで実験目的とは違い近未来へ飛ばされてしまう。
  • 高度にカバラ化されたアカデミーにベルティルデが目を輝かせたり、見たことのない亜人に出会ったりしながら、本当に未来がひどいことになっていることを知る一行。無人島で女の子と見れば口説きまくる頭の悪い謎の青年に出会ったりして、とりあえず一緒に行動したり。(ちなみに本人いわくアルシャードのアバターらしい)
  • その後、そんな未来でも生き残っていたアスタルテの昔の信者の子孫から教えられた遺跡でいろいろと読者サービスが繰り広げられそうになった後、すべての現況(?)である謎の生き物を倒し、レリクスの力を借りて無事もとの時代に生還することに成功した。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。