NPC紹介 > 大天使ラジエル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前
ラジエル
クラス/レベル
ソーサラー/30
性別/年齢
-(男性格)/不明
瞳/髪/肌
-/-/-

紹介

機械神の創り出した天使の一柱にして、あらゆる叡智と”運命”を管理する存在。機械神が定めた”運命”を閲覧する権限を持った、数少ない天使の一人である。
彼の支配する世界は、全てのマナが”情報”として存在する。その世界は全てのカバラの根源であり、その入り口は真理の扉そのものである。ミッドガルド全てのセフィロトはその世界の最奥にある叡智へと通じているが、彼の管理するカバラの真理へと到達したものは彼の観測史上、ベルティルデ達しかいない。
また、ラジエルは、機械神の定めた”運命”とミッドガルドの歴史を比較し、その整合性を観測することで機械神の偉大さを示す役割を負っている。しかし、ここ数年の内に”運命”とミッドガルドの事象に、説明できないほどの誤差が生じており、かなり頭を悩ませている様子。

登場履歴

  • 第103話「世界を調律する者」登場
メフィストフェレスを滅ぼすため、機械神の言語の記された『ラジエルの書』を閲覧したいというベルティルデ達の申し出に対し、これまで不確定要素であったクエスターを理解することでその判断を下すため、試練を課した。結果、彼女たちの希望の力を理解し、機械神の叡智を託すことにした。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。