PCデータ > ファルシオン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前
ファルシオン

クラス
ハンター/6、ガンスリンガー/6、マシンヘッド/10
加護
ティール、フレイヤ、ヘルモード
種族
マシンヘッド
性別/年齢
なし(女性格)/不詳(500歳以上?)
身長/体重
全長2.3m、全高1.2m/不明
瞳/髪/肌
なし/なし/なし
サクセション

消費経験点
4028+1600(Lvアップ:3800+1600 能力値上昇:210(体力+6、反射+1) アイテム常備化:18(プラズマバスター等))
能力値
体力:18/+6 反射:15/+5(7) 知覚:15/+5 理知:10/+3 意志:10/+3 幸運:12/+4
装備品
右手:サイティングピストル
左手:ホプライトシールド
防具:ハンタースーツ
アクセサリー:エンブリオ
ヴィークル:マシンヴィークル
その他1:バックラー
その他2:小さき戦友
その他3:プラズマバスター
所持品
ラウンドシールド、ホーリーシールド、ソードブレイカー、ボウガン、ハンターアーマー、
ポーション×2、ハイMPポーション×3、兎の足、万能薬、
マント、献身の秘石(バックラーにマテリアル) 黒瑪瑙の指輪、勇気のかけら×5
常備化品:フレイムブラスター、ゴム弾×2、ペイント弾、疾風弾
所持金
3061ゴルド
特技
《カバーリング》《クリーチャー知識》《ハンターウェポン》《コンバットマスタリー》《ディフェンダー》《コンバットムーヴ》《レンジドカバー》
《銃腕》《携帯許可》《スナイピング》《ガンフー》《カスタマイズ》《タンブリングショット》《バックアップショット》《ロックオン》
《タイプ:ヴィークル》《マシンアームズ装備》《ハードポイント》《合体攻撃》《デストロイシステム》《フライトシステム》《スーパーマシン》《スレイヴシステム》《バディマシン》《サポートシステム 》《スーパーバトルモード》《スーパーマシンⅡ》
戦闘値
命中:22 回避:20(18) 魔導:11 抗魔:12 行動:33(29/+5) 耐久:114 精神:49
攻撃力:光+59 射程:30m 対象:単体
防御修正:斬12/刺10/殴10(14/12/11/3/3/3)

()内は、ハンターアーマー装備時。行動値の+5は《フライトシステム》使用時。
また、カバーリング時にはダメージを1D6軽減できる。

シャード
色彩:白色 形状:三十面体 場所:ヴィークル(ファルシオンのエンジン部)

ライフパス
出自:商人(特徴:)/私は、初期の帝国に出入りしていた大きな商人の持つ倉庫の中で、寄るべき主人も見つからず、ただ眠り続けていました。もはや遺跡となった倉庫で、あの方に見つけ出されるまでは。
境遇:探索(クエスト:探し物)/マスターと共に、アズガルドへと旅立ったあの方を見つけ出す。それが今の私の使命です。
邂逅:忘却(コネクション:"橙の"ティファナ)/ウィンカスターで出会った、ティファナ様。彼女のことが、遠い昔に破棄されたトラッシュデータの残滓の中にわずかに記録されています。いったいなぜ…?

主要コンボ

《スーパーバトルモード》+通常攻撃
タイミング:オート+メジャー
判定値:19 難易度:対決 クリティカル値:12
対象:単体 射程:30m
代償:3MP+なし ダメージ:<光>+59+1D6(通常の1D6を追加済み)
解説:

マイナーアクション特技
以下から二つを選択。
移動・回復など
《タンブリングショット》 5MP 2m移動、ダメージ+1D6 ただし狼狽を受ける。
《スナイピング》4MP ダメージ+5
《ロックオン》4MP ダメージ+6
ゴム弾 ダメージ-2 放心効果
ペイント弾 ダメージ-10
疾風弾 対空ダメージ+2D6、属性が<斬>に(シーン持続)
《フライトシステム》 行動値+5

マシンヴィークルドライバー指定:
ドライバーは、常にファルシオンと移動が同期する。常時ダメージが+2D6され、命中判定のクリティカル値が-1される(下限値9)。また、《フライトステム》(マイナー。代償なし)によって飛行と行動値+5を得ることが可能であり、《スレイヴシステム》(4MP)によって1R1回判定の達成値を+2できる(判定直前)。

《合体攻撃》
タイミング:オート
判定値:自動成功 難易度:なし
対象:本文 射程:30m
代償:3MP
解説:ダメージロールの直前に使用する。ドライバーのダメージを+34する。
つまり、マシンヴィークルの効果とあわせて、2D6+34される。至近距離への攻撃には使用できない。
なお、フレイムブラスターを装備している場合は至近~15mまでへの攻撃に対して使用できるが、増加ダメージは+8となる。


「っしゃぁ、ファル、ぶっ飛ばせ!狙いはこっちに任せりゃいい!」「それは、スピードを上限領域に近づけ、そのうえでFCSの操作をマスターにゆだねろ、という意味でしょうか?余計な言語推量を戦闘中に行ねばならないのは、メモリーのロスとなるため危険です。命令には曖昧な表現を避けて…」「っせぇ、わかりゃいいんだよ、わかりゃ!オレとお前の仲じゃねぇか!」

「たとえどんなピンチでも!ビビって逃げりゃぁ男がすたる!意地と勇気で踏み出せば、必ずそこに道がある!アラン・ウェルフェンただいま参上!蹴散らしてやるぜ、ザコどもが!」「でもやるのは私なんですよね…」「へっ、オレとお前は一心同体。お前がやればオレがやる。オレがやればお前がやるのさ!」


ファルシオン…彼女のメモリーが明確に残している最古のデータは、帝国暦の1600年前後、バウアー家に出入りを許されていた当時でも数少ない商家・ミッテンマイヤー家でのものである。
ある日、ミッテンマイヤー家の当主アルバートがバウアー家に紹介したパンツァーは、とても扱いきれぬじゃじゃ馬であった。
ファルシオンとしては、ただ乗り手の意志に答え、速さで答えたにすぎなかったのだが、彼女の言葉を聞き取れるものはいなかったのだ。
ゆえに、見た目はただの出力不安定な暴走パンツァーにすぎなかったそれは、倉庫に保管され、ほとんど誰の目にも触れることなく長い時を過ごした。そんな記憶が、ファルシオンの古いデータの全てである。

それより数百年、長い時間の中で、ミッテンマイヤー家は没落し、その倉庫は、誰に知られることなく、積層都市の郊外で廃墟と化していた。
その廃墟に、数百年ぶりの光を持ち込んだのが、当時すでにハンターとして名を挙げ始めていた「アレックス・マクドール」である。
始め、その男を警戒していたファルシオンは、沈黙を保ち、ただの古びたパンツァーとして振舞うつもりであった。
だが、その男は、無遠慮にシートに座ると突然言い放ったのだ。
「へぇ、やたらと人間くせぇパンツァーだな。気にいった、おめぇ、名前はなんていうんだ?」
自ら機械に言葉をかけるこの男に驚いたファルシオンは、思わず言葉を返していた。男は、ファルシオンの言葉に耳を傾け、ついにファルシオンは、外の世界の光をその身に浴びる運びとなったのだ。
後に彼の妻となるパートナー、アイナの手によって、数百年分の新技術をとりこみ、生まれ変わったファルシオンは、その後数年、アレックスの後半生における愛機として活躍することになる。



アラン・マクドールは、アレックスとアイナの間の長男として生まれ、健やかに育っていた。
たまにしか帰ってこない父とファルシオンには、会うたびに目を輝かせ、そのたびファルシオンのタンデムシートで父の背中にすがりながら郊外の丘を走り、夕焼けを眺めながら父の大冒険の話を聞くが一番の楽しみであった。
アラン12歳、弟のアルト4歳のある日、それは起こった。その日、ファルシオンとアレックスは、他の仲間を連れず、愛機のファルシオンと共にたった一人で虹の理想郷へと旅立つ最後の準備を、このルーベランで行っていた。
その夜、アランが、突然喀血し、倒れたのだ。彼の身体は病に冒され、数日もつかもわからない状況だった。
そこへ、偶然そのころルーベランに立ち寄っていたセルマ・ファーレイが、対処法を告げた。
それは、ファルシオンの持つシャードのマナをアランへと供給し、延命策を取るというもの。ファルシオンのシャードが、わずかにアランに適応を示したために取ることのできた、唯一の方策であった。
しかし、根本的にアランの症状を治癒できるわけではなく…アランは、定期的にファルシオンに近づき、マナの供給を受け続けなければ、生きていくことすらできない体になってしまったのだった。

アレックスはファルシオンを残し、かつての愛機”ヴァイスフリューゲル”と共に一人で虹の理想郷へと旅立った。
それは、アランの体の治療法を探すという親としての想いからなのか、それとも夢を追い続けたい冒険者としての一心が家族への想いを上回ったからなのか。それは、アランもファルシオンも知るところではない。
いずれにせよ、一人で旅立ったアレックスは、その後消息を絶った。

「父さんは、必ず帰ってくるわよ」そう笑顔で言い続ける母の姿を見続けて数年。多感な時期に、そのあまりに寂しい後ろ姿を見続けて成長したアランは、17歳の誕生日の日、それを決意する。
「お袋、オレは旅にでるぜ。ファルと一緒にアズガルドまで行って、必ずあのクソ親父を連れて帰ってくる!」

幼いアルトと母を残して旅に出たアランは、世界を回る中で、父の偉大さを思い知ることになる。
消息を絶って数年、それでもいまだに世界中で語り草となる父の冒険譚。
その重みゆえにか、いつの間にか彼は「アラン・ウェルフェン(捨てられアラン)」と名乗るようになっていた。


世界中を旅してまわったが、父の名前は数知れず聞けど、父の消息を知るものは誰もいなかった。
そこへ、ブレイディという、特に父と親しかった者の一人が、故郷ルーベランへと立ち寄ったという噂を耳にしたアランは、実に5年ぶりにルーベランへと戻ることにした。そこからようやく真なる冒険の旅が始まるのだとも知らずに…。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。