NPC紹介 > サロフ神父


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前
サロフ神父
クラス/レベル
ザウルス/30
性別/年齢
男/不明
瞳/髪/肌
赤/なし/蒼白(ヒューマナイズ時)

紹介

アビシニアン教団の幹部の一人であり、“聖母派”と呼ばれる一派の首領格の男。ザウルスが奈落を受け入れた特殊なダークワンである“バジリスク”(魔獣のバジリスクとは異なる存在らしい)と呼ばれる種であり、ザウルスの能力に加えて、相手を石化させる恐るべき魔眼を備えている。
“聖母派”は、「奈落の王はあくまで自分達の崇める信仰対象であり、自分達を導いてくれるわけではない。→自分達が奈落の王の御心を正しく汲むために、大きな指導者が必要である。」という考えを持つ一派であり、その指導者を生むための存在として、“マグダラの聖母”と呼ばれる少女を探していた。

登場履歴

  • 第117話「闇の聖杯・前編」登場
“マグダラの聖母”の『聖霊』を継承したレイナ・ドラッヘンクロイツを狙い、彼女を迎えようとした。しかし、レイナを守ろうとする“旅団”メンバーの圧倒的な力の前に敗北する。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。