レポ:第166話「さすらう鋼」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

開催日
2008/1/10
GM
cielx
舞台
スズリ砂漠
参加PC
ハインツ
ウィレナイア・マグギネス
ベルティルデ
イリス

  • シナリオクラフトを用いたセッション。テンプレートは「秘境の宝探し」。
  • 旅団を古ヤシマ風の衣装をまとった使者が訪ねてきた。彼が旅団に持ち込んできたのは、幻のクリーチャー「さすらう鋼」を捕まえることであった。そのクリーチャーから得られる金属が、来るべき戦いに備える武具の材料になるというのだ。
  • 依頼を受け、スズリ砂漠に到着するPC達。砂漠の気候の前にベルティルデが音を上げながらも、土地の古老の情報を頼りに探索を続ける。そんな彼らの前に、ついに伝説の「さすらう鋼」が姿を現した。
  • 圧倒的な回避力と防御力を誇る「さすらう鋼」だが、イリスの《完全影化》《ダークバニッシュ》がズバリとはまり、なすすべなく戦闘不能に。その後再び遭遇するが、こちらも難なく捕縛に成功。
  • 砂漠の奥地にある古代寺院では、無数の「さすらう鋼」が合体、PC達の前に立ちはだかる…が、またもイリスの前に一蹴。かくして旅団は伝説のクリーチャーを捕まえるという新たな偉業を成し遂げ、依頼人であったヤシマの鍛冶神ホノカクヅチに感謝されるのであった。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。