レポ:第173話「バビロンの危機」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

開催日
2009年1月17日
GM
山鳥
舞台
古代都市バビロン
参加PC
アスタルテ
榊雪花


  • シナリオクラフトによるセッション。テンプレートは「基地防衛」。
  • いつもどおりにカーゴでくつろぐアスタルテはシャードの囁きかけにより、自らを祀るものたちの子孫が住むバビロンに奈落の悪魔が目を付けた事を知る。折悪く、声をかけられる人間も居なかったために単身バビロンに向かうアスタルテ、だがそれはアスタルテの魔界大公としての座を狙う悪魔バフォメットの罠だった。
  • アスタルテの到着と同時に奈落の大軍勢に襲撃されるバビロン、為すすべなく蹂躙されるかと思われたがそこに駆けつけたのはエクスカリバーの精鋭を引き連れた雪花だった。『まあコーラスが黙認してるんだから多分大丈夫』とアスタルテの存在を半分無理矢理納得させた雪花の協力により、エクスカリバーが時間を稼ぐ間に頭のバフォメットを探し出して叩く作戦を取る事に。
  • 対して軍勢の召喚にタイムリミットがあるために一気に物量で押しきる作戦に出るバフォメット、それでもギリギリのところでバフォメットの居場所を突き止めたアスタルテが放った乾坤一擲の≪魔界大公≫により軍勢の半ばは消滅、2人は一気にバフォメットの元に向かう。
  • 格上のアスタルテに対抗するために、と放っておけば1Rごとに加護の力を与える魔法陣を用意したバフォメットではあったが、その最初の1Rを雪花の切り札によってほぼ無抵抗で攻撃される羽目になり魔法陣は一瞬で消滅。その後も地力の高さで大分粘ったものの、最後にはアスタルテの刃がバフォメットを捕らえ捨て台詞を残しつつバフォメットはタルタロスの底へと叩き返されるのであった。こうして再びの危機を脱したバビロン、当然の如く歓呼の声を向ける民衆を振りきってアスタルテはまた“旅団”との旅路に戻るのだった。



名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。