レポ:第182話「意志と生命」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

開催日
2009年2月1日
GM
龍希
舞台
ウータンキドゥル
参加PC
ウェヌス
ベルティルデ・ノーチラス

  • シナリオクラフトによるセッション。テンプレートは「秘境の宝探し」。
  • 自らのカケラの気配を南方の大森林に感じたウェヌス。話を聞いて、ひとりで行かせるのも危険だから、と珍しく同行を申し出たベルティルデを連れて一路、ウータンキドゥルへ。
  • だがウータンキドゥルに入った一行はそこでやはりカケラを探して訪れていたアーティと邂逅する。カケラを手にし、より“完全”に近づくのはどちらか片方だけ。その場を去ったアーティよりも先にカケラを手にするために一行はウータンキドゥルの奥へと進んでいく。
  • 長らく暗黒の大聖樹が支配していた影響で、以前訪れたときとはまったく別の生態系と地形へと変わり果ててしまったウータンキドゥルの探索。様々なアクシデントやアーティの妨害により幾度か回り道を余儀なくされ、結局ウータンキドゥルにあるカケラは間一髪でアーティが手に入れてしまう。
  • そして、それが当然とばかりに互いが集めたカケラをひとつにしようと戦うウェヌスとアーティ。オリジナル特技を駆使してPC達に攻撃行動を強要し、そのうえで≪無拍子≫と≪リフレクトマジック≫によるカウンタースタイルに特化したアーティ。さらに≪神翼の陽炎≫をつけたマリーシを多数所持するという強敵を前に苦戦するが、攻撃行動を強要する≪プロヴォック≫の対決をベルティルデが勝ちに行ったあたりから戦況は逆転。ウェヌスの行動回数の前にマリーシも遂には底を尽き、アーティは崩れ落ちる。
  • 勝負の結果によりアーティは消滅。ひときわ巨大なカケラを手にし、また一歩ウェヌスは“完成”への階段を昇るのだった。


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。