NPC紹介 > クレイグ・ハウマン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前
クレイグ・ハウマン
クラス/レベル
エージェント/17
性別/年齢
男/41
瞳/髪/肌
茶/茶/黄

紹介

ヨルムンガルド特別調査室実働班の班長。
「蛇の牙」の異名をとる腕利きのエージェントで、特殊短剣の扱いは達人クラス。裏社会でも名の知られた存在だが、あからさまに勤務態度がだらしないため、上層部の受けは非常に悪い。
そのためか、完全に出世コースをはずれ、20年以上のキャリアにもかかわらず未だに現場暮らしである。ただ、その腕前は錆び付いていないようだ。

登場履歴

  • 第5話「湯煙に隠された影」登場
温泉郷アズーリ近くの秘密研究所でPC達と交戦。巧みなナイフワークでPC達を苦しめた。
  • 第14話「女公爵を救え」登場
アームドギア輸送依頼を受けたPC達を妨害する。あの手この手でPC達の行く手を阻むが、成長したPC達の前には通用しなかった。
  • 第26話「マハノンの塔」登場
エスパティアを連れて、PC達とオリハルコンを賭けて正面から激突。だが、PC達の猛攻の前に今一歩踏ん張れなかった。
  • 第37話「創神計画」登場
暴走するアルマード教授を止めようとするが、逆に囚われの身に。旅団との対決への未練を利用され、精神操作と若返り処置を受けてPC達の前に立ち塞がる。やや後遺症は残ったものの、何とか無事であったのは心身のタフさの賜物か。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。