プログラミング環境


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1.1Java SE Development Kit


java3つのエディション

  • Java SE(Java Platform,Standard Edition)
 Javaの中核となるエディションでデスクチップアプリの開発と実行に必要な機能をすべて定義。
  • Java EE(Java Platform,Enterprise Edition)
 Java SEをベースに、企業向け基幹システムを構築するための拡張機能を定義。
  • Java ME(Java Platform,Micro Editon)
 携帯や組み込み機器などでJavaプログラムの実行環境を定義。

1.2JSKインストール

  • C:\Program FIles\Java\jdk1.6.0
bin コンパイラとツール
db データベース
demo サンプルプログラム
include native method用ファイル
jre 実行環境用ファイル
lib クラスライブラリ
sample サンプル
※インストールディレクトリにあるsrc.zipをアーカイバやjarコマンドで解凍するとクラスライブラリのソースコードが解凍される。

パスの設定

  • winXP
  • [システム]->[システムのプロパティ]->[詳細設定]タブ->[環境変数]
  • ;C:\Program Files\Java\jdk1.6.0\bin
  • 確認コマンド
javac -version

1.3 プログラム作成

1.テキストエディタを使ってJavaのソースコードファイルを作成。
2.Javaコンパイラ(javac)でソースコードファイルをコンパイル。
3.Javaインタープリタ(java)を使ってクラスファイルを実行。

  • ソースコードの作成
public class Myclass{                             // クラス定義
    public static void main(String[] args){       // mainメソッド定義
        System.out.println("Great Java");         // 画面出力
    }
}
  • コンパイル
$ dir MyClass.java                                // publicクラスと同じ名前をソースコードファイルに付ける。
$ javac MyClass.java                              // コンパイル
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。