tomcat


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

tomcat6.0

  1. サーブレット 2.5およびJSP 2.1のサポート
  2. APR(Apache Portable Runtime)、New I/O APIの取り込みによる入出力機能の拡張
  3. Java SE 5以上が必須になった
  4. デフォルトのディレクトリ構成の変更
  5. ロギングAPIのパッケージ名の変更
  6. クラスタリング設定のリファクタリング
  7. HTTPコネクタのメモリ使用量を低減
  8. AJP(Apache JServ Protocol)コネクタにPacketSizeオプションの追加
  9. AprLifecycleListenerにSSLEngine属性を追加
  10. Dynamic MBeanを使用するようにモジュールを修正
  11. 多くのコネクタにKeepAliveTimeout属性を追加
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。