ガルルセイバー


【種別】 ライダー (武器)
【名前】 ガルルセイバー
【よみがな】 がるるせいばー

ガルルフォーム

ガルルがメタモルフォーゼ(変身)した魔獣剣ガルルセイバーを主要武器とし、荒々しい剣技や近接戦を得意とする。ガルルの力は、月の満ち欠けによってそのボルテージが変化する。特に満月の夜のガルルセイバーの切れ味は、一太刀で山をも真っ二つに切り裂くといわれている。

ウルフェンブレード

ガルルの牙が変化した刃。分厚い鉄板であっても、まるで抵抗を感じることなく切り裂いてしまう鋭い切れ味をもつ。
キバットにガルルバイトをうけることで、ガルルの眠れる野獣本能が「ウエイクアップ」(覚醒)し、同時に注ぎ込まれるキバの魔皇力によって、通常の切れ味の数十倍とも言える超エネルギー刃となる。
これによって発動するガルルフォームの必殺技が、「ガルル・ハウリングスラッシュ」である。

ゴールデンリブ

ルシファーゴールドで作られたガルルの黄金の装飾部分が変化したもので、ガルルバイトによって得られるアクティブフォースやキバの魔皇力を高速で刃に伝達することができる。

ウルフェンヘアードシールド

ガルルの体毛が硬質変化したもので、ガルルセイバー使用時における、小型の盾となる部位。ウルフェンショルダーと同等の強度と自己回復力をもつ。大抵の銃弾は跳ね返す強度を誇る。

ワイルドグリップ

ガルルセイバーの持ち柄からは、ガルルから強烈な力が放出される。幾重にも這う黒色の管は、ガルル特有のブラッドベッセルであり、内部には青い血が流れている。ガルルはこのブラッドベッセルをキバの掌と接続し、キバへガルルの力を注ぎ込むのだ。

ワイルドジョー

鋼鉄をもかみ砕く強靱なあごで、近接戦闘時に敵に噛みつく攻撃を繰り出すこともできる。のどには音波砲(ハウリングショック)があり、猛々しい咆吼を発し、音波衝撃で敵を吹き飛ばしたり、足止めをしたりすることが可能。

魔皇石(紅)

ガルルバイトによって得られるエネルギーを増幅するために複数配置された魔皇石。ここで増幅された魔皇力がゴールデンリブへ伝達される。


ガルルセイバーを使った回

戦ったファンガイア 使用話
モスファンガイア 第4話
シープファンガイア 第5話第6話
プローンファンガイア 第7話第8話
ライオンファンガイア 第15話
?ファンガイア 第?話
?ファンガイア 第?話

【関連するページ】


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。