紅音也 被害者調書

【種別】 用語
【用語】 紅音也 被害者調書
【よみがな】 くれないおとや ひがいしゃちょうしょ
【使用話】 現代編第3話
22年前、渡の父、音也がおこした騒動に巻き込まれた被害者の以来を受け弁護士の夏川が渡に見せた被害者調書。
大型のファイルには番号がふられ全部で6冊。 *1 ファイルには大量の調書が収められている。
ここまで他人に迷惑をかけることが出来るのはもはや才能としかいえない。
母親に父は心清く誠実でまじめで曲がった事が大嫌いで純粋な人と聞かされていたが、この件を被害者に直接聞いて回るうちに
真実であった事に落ち込む。


【関連するページ】


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。