第10話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「剣の舞・硝子のメロディ」


【脚本】井上敏樹
【監督】石田秀範
【アクション監督】竹田道弘
【放映日】2008/03/30
【収録DVD】仮面ライダーキバ DVD VOL.3
【OP主題歌】Break the Chain
【ED曲】Destiny's Play
前回第9話←→次回第11話

【あらすじ】

2008年。のバイオリンの先生、大村の正体はフロッグファンガイアだった。
名護が変身したイクサに圧倒されるフロッグファンガイア。
思わず渡はイクサの前に立ちはだかるとファンガイアを逃がしてしまう。渡の行動が理解できない名護は怒りをぶちまける。

1986年。次狼の正体がガルルであることを知ってしまった音也。さっそくゆりにぶちまけるが、まるで信用してくれない。
そんな中、ゆりはあえてバイオリン、ブラックスターを手に単独で行動。ファンガイア=大村を誘い出すのだが…。

2008年。いつも通りやってきた大村を何事もなかったかのように受け入れる渡。2人はバイオリン作りにとりかかるが、
大村は渡に意外な事実を告げる。そしてブラックスターの秘密が明らかに…!?



【登場人物・ゲスト出演者】

登場ライダー 第10話
キバフォーム (?) 高岩成二
仮面ライダーイクサ (「素晴らしき青空の会」で完成させたライダーシステム) 岡元次郎
登場モンスター 第10話
フロッグファンガイア ファンガイア族アクアクラス ?(未作成)
レギュラー登場人物 第10話
現代編
紅渡 仮面ライダーキバに変身するこの物語の主人公) 瀬戸康史
名護啓介 (バウンティハンター) 加藤慶祐
キバットバットⅢ世 キバット族・キバットバット家の三代目) 杉田智和
嶋護 (ファンガイアハンターを組織化した。音也と渡、2つの時代を知る男)過去編、現代編 金山一彦
木戸明 (22年前から営業していた喫茶店「カフェ・マル・ダムール」のマスター)過去編、現代編 木下ほうか
次狼(人間体)
ガルル (モンスター
ウルフェン族(狼男)の最後の一人) 松田賢二
過去編
紅音也 (主人公の22年前の父親) 武田航平
麻生ゆり (22年前の恵の母親) 高橋優
ゲスト出演者 第10話
大村武男 (バイオリン修復の専門家 フロッグファンガイア人間体)第9話、第10話 村井克行

【こぼれ話】


【今週の懐メロ】



【関連するページ】


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。