ファンガイア族


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【種別】 用語
【用語】 ファンガイア族
【よみがな】 ふぁんがいあぞく
【劇中使用話】 第?話

仮面ライダーキバの物語に登場するモンスターの種族。ファンガイアはこの世に棲む13ある魔族の頂点に君臨する最強の種族で、他の12の種族は既に絶滅の危機においこまれている状態。その「ファンガイア」という名称も「素晴らしき青空の会」内で使われている呼び名で、当のファンガイアたちはそろぞれ「真名」と呼ばれる詩的な本名を持っている。
太古の昔から人間社会の隙間に潜みライフエナジーという人間の持つ命の糧を捕食している人類の天敵ともいう生物である。
それぞれの属性がありクラス分けがされている。体に鳥をモチーフにした形状やステンドグラスの鳥のパーツの模様がある。個々に属しているクラスの生き物を彷彿させる能力が備わっている。ある程度まで成長すると変化が遅くなり、時を重ねても殆ど老化せず人類の寿命をはるかに越える長寿である事が特徴である。寿命を終えたファンガイアの人間体は人類が歳をとる事と同じように老化し死期を悟り、ガラス体が割れ蒸発するかのように消滅する。
また、死亡しなくても体に深刻なダメージを負った時蒸発するように消え、休眠状態に入る事もある。

種族内には上下の関係も存在し、その中でも強力な力を持つ最強の四人、チェックメイトフォーは他の種族にも知られていて桁外れの能力を持つ。

個々に人間社会の隙間に潜み人間体で溶け込み人を襲いライフエナジーを吸収している人類の天敵ともいう生物。変幻自在の変身能力を持ち自然界の動植物に似た姿を持つ。人間体は普通の人間となんら変らない。その正体を見極めることは同族であるファンガイアにも難しいが、ターゲットを襲う時に用いる「吸命牙」で人間を襲うさいにファンガイアの本性が現れる。首から鼻の皮膚と瞳にステンドグラスのような組織がうかびあがる時のみである。気づいた時は既に遅く、ライフエナジーを捕食され命を落としている。捕食された人間が「命の色」を失い、半透明の「モノ」となり、最終的には砕け散って消滅してしまうのだ。
人間社会に人間体で普通に生活する一方、ファンガイアと人間との関わりを隔てるがある。
しかし、基本的な情緒が人間と似通っている事や、固体や属性によっては生きていくのにそれほど多量のライフエナジーを必要としない者達も存在する為か、人間という存在に理解を示し男女の関係から恋愛に発展してしまったり、人間のために貢献する者が現れる。掟を破った者はそれぞれの掟に対応したチェックメイトフォーに消されてしまう。何故掟破りが後を絶たないのかは現在不明。ファンガイアの純血を破る事がそこまで重要な掟破りになるのかも不明。
他にも様々な決まりが有るらしく、チェックメイトフォーの全ての役割などには不明な部分多く残されている。
ただし、人間のために働いたり、交友関係を結ぶ事自体は特に禁じられいないらしく恋愛関係になったり、人類の進化に貢献しない限りは咎められないようだ。
掟は飽くまで人間とファンガイアの間に一定の線引きを作り、各々にファンガイアとしての誇りと自覚を促すための物の様だ。


物語に登場するファンガイア族

ファンガイアのページを参照

ファンガイア族 クラス



【関連するページ】


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。