ライオンファンガイア


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【種別】 ファンガイア
【名前】 ライオンファンガイア
【よみがな】 らいおんふぁんがいあ
【種族】 ファンガイア族チェックメイトフォー
【人間体】 過去編ルーク
現代編大ちゃん
【声】 高原知秀
【スーツアクター】 永徳JAE
今井靖彦JAE 第29話以後の過去編のみ)
【モチーフ】 ライオン
【クラス】 ビーストクラス
【真名】 「天地開闢(てんちかいびゃく)。産声と怒号を聞きながら」
【登場話】 第15話第16話第25話第29話第30話第31話

【特徴】
身長:2m40cm
体重:260㎏
ファンガイア族ビーストクラスに属するライオンを彷彿させるファンガイア
ファンガイア族最強の四人チェックメイトフォーの一人、人間体の際にはルークと呼ばれる。
他のビーストクラスとはまさに次元の違う桁外れの力を持ち、キバに変身した渡がほぼ手出し出来ずに瀕死の状態にまで追い詰め、過去編において音也の変身したプロトイクサとガルルの両者も物ともせず圧倒的な力で窮地に追い込んだ。
城壁を模した皮膚は非常に固く、キバの攻撃にまったくダメージを負わない。さらに両手の爪を高速で射出するロケットクローも備え、連射スピードもさることながら強烈な威力を持つ。また、爪を伸ばしたまま相手を貫くことも可能で、キバの鎧をいとも簡単に貫くほど。
一見鈍重そうに見えるが、それを裏切るが如くの俊敏さをも持ち合わせている。その力は凄まじくキバですらエンペラーフォームにならなければ対抗できず、ライジングイクサを圧倒するほどのパワーを持ち、過去編では音也イクサやガルル、バッシャー、ドッガの4人をも一方的に叩きのめすほどの実力を見せた。地の底で眠る同胞の魂を集めて出現させた巨大ファンガイア、サバトをいとも簡単に誕生させる能力も持つ。
紅音也いわく、ライオンだから子猫ちゃん。

【過去編】

第31話音也ゆりガルルバッシャードッガと交戦。ゆりの作戦でイクサに変身するが、プロトイクサの最大の欠点を利用しリジェクションにより強烈な拒否反応に苦しむことに。戦闘不能には陥らなかった物の、大幅に弱体化してしまい、その隙に5人の猛攻を受けてしまう。音也からイクサナックルを渡された麻生ゆりが変身した仮面ライダーイクサブロウクン・ファングよって肩に大きなダメージ(このダメージが恵の勝機を作った)を負い「俺は死なない!!」の言葉を残しどこかに消えた。→(以降、行方不明

【現代編】

第31話で最初はキバ・エンペラーフォームとだったが後半はライジングイクサと交戦。名護のダメージ上等な特攻攻撃の前に為すすべなく叩きのめされる。ライジングイクサによる大ダメージを抱えたまま、名護が渡したイクサナックルによって麻生恵が変身した仮面ライダーイクサによって弱点である古傷を中心に攻撃され、そこに更にイクサ・ジャッジメントを二回連続で叩き込まれ、ガラス体になり完全に消滅した。


【関連するページ】


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。