仮面ライダーレイ


【種別】 ライダー (劇場版ライダー)
【名前】 仮面ライダーレイ
【よみがな】 かめんらいだーれい
【身長】 205センチ
【体重】 87キロ
【パンチ力】 17トン
【キック力】 8トン
【ジャンプ力】 30メートル
【走力】 100メートルを5秒
【変身】 レイキバット
【スーツアクター】 永徳JAE
【登場話】 劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王

【特徴】

3WA(ワールド・ワイド・ウィング・アソシエーション)がキバの特製を研究して開発した人造の仮面ライダーシステム
白峰天斗が変身する。劇場版に登場。イエティがモチーフ。誰でも装着ができるわけではなく、特殊な条件を求められるようである。
キバをベースにしているだけあって、生物的な外見だが、内部はイクサと同じく最新鋭のテクノロジーの集合体であり、れっきとしたメカニックライダーである。
3WAはキバファンガイア他のモンスター種族を研究して、熱の力、光の力、闇の力といった様々なタイプのライダーシステムを開発していたが、冷気属性を持ったレイだけが完成にこぎつけた。レイの戦いには吹雪が舞い散る。
イクサシステム程柔軟性がないらしく、レジェンドルガの力を得た白峰しか変身できない。
必殺は掌から強力な冷気弾を発射し相手の動きを止め、カテナを解いた事で出現した爪で相手を何度も切り裂く「ブリザード・エキュスキューション」である。破壊力は28トン。

ドッガフォームをも凌ぐパワーを誇り、レイキバットにキーフエッスルを吹かせ両腕のカテナを解く事で巨大な爪が出現し、それを使った強力な格闘戦を行う。
本性を表した中盤ではキバと激突し、ほとんど不意打ちだったとはいえ、その強大なパワーでキバを圧倒した。
終盤は名護イクサと対峙。しかし本来の自分自身を取り戻した彼には敵わず、また恵のアシストも加わり手も足も出なかった。そのままイクサ・ジャッジメントを受け、爆散した。


【関連するページ】


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。