母の志


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【種別】 用語
【用語】 母の志
【よみがな】 ははのこころざし
【登場話】 第20話第29話

ファンガイアハンター麻生恵がハンターとなって戦う理由。
何故死んでしまったかは不明だが母、麻生ゆりの果たせなかった無念を娘である自分がその志をついでいこうとする意志。

これまでその志を継ぐため負けそうになる自分に言い聞かせてきた恵だったが、いざそのチャンスを前にその意志とは裏腹に臆病な部分のある自分を認めないところを音也の魂が乗り移った渡に指摘される。普通の人にもどるか?、戦士として生きるか?の選択肢を問われる。弱さを受け入れ戦士として生きるを選択する。それまでイクサの装着者として選ばれなかったため名護啓介に嫉妬していた部分を受け入れた恵は戦いにおいて名護との息のあったコンビネーションの戦いをするようになる。イクサの装着者になる事もあきらめていないと名護に宣言した。

弟の光秀が自分を実家に連れ戻そうとしている時、お母さん(麻生ゆり)は自分が『青空の会』で戦士として戦う事を本当に喜んでいるのかと自問する。




【関連するページ】


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。