practical program evaluation(中井)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

実践的・プログラム評価  立案・実施・有効性の評価と改善
Huey-Tsyh Chen

本書の概要


大きく三つのパートから構成される、プログラム評価の理論に基づいて構成されている。①ステークホルダーのニーズを組織的に定義する ②具体的なニーズにマッチする評価オプションを選択する ③選択されたアプローチを実行する
目次
1部:序章
1. プログラム評価のための原則
「プログラム」の本質・特徴/効果的な評価の本質・特徴/評価の実行に対する専門家の視点/偶発的視点と、プログラム理論の見解/本書の対象者・使用者
2. 実践者のためのプログラム理論の理論的フレームワーク
プログラム理論の理論的フレームワーク/チェンジモデルの構成要素/アクションモデルの構成要素/プログラム理論の構成要素間の関係性/プログラム理論の応用、その一例/プログラム理論と論理モデルの関係/プログラム理論のフレームワークを用いる幾つかの利点/科学的理論とステークホルダーの暗黙的理論の対比。プログラムの基底として/本書における、フレームワークの適用
3. 実践的評価の分類:機能する業かアプローチの選択
釣りの技術から学ぶこと。/プログラム評価の技術的側面のsourceとしての評価の分類/プログラム評価の実践的分類学はmeans and ends/実践的分類学を応用するためのステップ/評価は、プログラムの幾つかのステージにまたがって広がっている/ステークホルダーが、彼らのプログラム理論を飛躍させるための助言/作業の詳細:評価をデザインする/本書を、いかに評価の実施に応用させるか

2部:ステークホルダーがinterventionプログラムを作成するのを助ける、プログラム評価
4.ステークホルダーがプログラムの理論的根拠を述べるのを支える
プログラムの理論的根拠のコンセプトと、その目的/プログラムの理論的根拠を詳述するための戦略/背景情報の提供戦略とそのアプローチ/概念化の促進アプローチ 開発促進戦略の一部として/関係性テストアプローチ トラブルシューティング戦略の一部として/
5.評価者はどのようにしてプログラムのプラン開発を支援するか
アクションモデルの枠組みと、プログラムのプラン/プログラムのプランを立てるための戦略/背景情報の共有戦略下の形成的リサーチ・アプローチ/ファシリテーション戦略開発かの、ファシリテーションの概念化アプローチ/パイロット・テスト・アプローチ/要約

3部:評価の実行
6.初期の実行に向けられた、開発志向の評価
7.プログラム後期における評価の実行
4部:プログラム・モニタリングと成果の評価
8.プログラムの進展をモニタリングする
プログラム・モニタリングとは/プロセスのモニタリング/成果のモニタリング/組織内のプログラム・モニタリングシステム
9.成果の評価:有効性評価 と 効率性評価
成果の評価のためのガイドライン/ファシリテーション戦略下の評価的アセスメント/プログラム実施段階間の、直線的でない推移/有効性(efficacy)評価か?有効性(effectiveness)評価か?/有効性(efficacy)評価の理論的枠組み/現在の技術的見地からの有効性(effectiveness)評価/有効性(efficacy)評価から有効性(effectiveness)評価へのパラダイム・シフト/有効性(effectiveness)評価は、有効性(efficacy)評価の応用であり、その課題を克服。/有効性(effectiveness)評価の理論的枠組み/侵入(intrusion)を予期し、問題に備える/基本的な有効性(efficacy)評価・有効性(effectiveness)評価を越えて
10・理論志向の成果の評価
理論志向の成果の評価の批判への応答/ステークホルダーの暗黙的理論を明らかにすることの難しさ/ステークホルダーの間でのプログラム評価のコンセンサスの問題点/構造評価アプローチを発明する/構造評価アプローチを実施する/プロセス/成果の統合的評価のアプローチ/理論志向の成果の評価と、予期せぬ効果
11.今後に向けて
評価者の複数の役割/プログラム評価の政治学/評価実施者の、評価理論と方法論の開発への貢献/アカデミックなコミュニティと実践的なコミュニティのギャップを狭める
添付ファイル