第10回九鼎会九州漢方合宿


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

開催時期

1998年10月

開催地

阿蘇百姓村(熊本県阿蘇市)

#alpslab_slide

参加校(太字は主幹校)

  • 熊本大学
  • 長崎大学
  • 宮崎医科大学

内容

  • 研究発表
    • 九州の野山の薬草・漢方薬理論(熊本大学)
    • 神農本草経の基本原則(長崎大学)
    • 本草学略歴と千金方・千金翼方の薬理理論(宮崎医科大学)

  • 弁証論治トレーニング
    • 原因不明の腹痛・下痢の一例
      • 高名な老中医が数人で分析しても十分な結論が得られなかった問題
      • 肝陽虚、朱丹渓の三焦相火論、桂皮の肝に対する作用、奔豚病の病態、苓桂剤の作用機序についての議論がなされた
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|





あなたは
- 人目の
お客様です

メニュー


九鼎会アーカイブス

一般の方向け

医学生・医療関係者向け


QRコード