第17回九鼎会九州漢方合宿


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

開催時期

2002年6月8・9日

開催地

九州地区国立大学島原共同研修センター(長崎県島原市)

#alpslab_slide

参加校(太字は主幹校)

  • 鹿児島大学
  • 熊本大学
  • 佐賀大学
  • 長崎大学
  • 宮崎医科大学
  • 三重大学

内容

  • 新入生向け基礎講義
    • 気血津液(宮崎医科大学)
      • 陰・陽という言葉を文脈に応じて広義にも狭義にも解釈する必要があるとの議論がなされた
    • 五臓六腑(鹿児島大学)
      • 臓腑の気虚症状がある場合、それは全身的or局所的気虚によるものなのか議論された
    • 病因病機(長崎大学)
    • 弁証論治(熊本大学)
    • 薬物学(熊本大学)

  • 弁証論治トレーニング
    • アレルギー性鼻炎の一例
      • 脾気虚状態に対する半夏厚朴湯や人参湯の適応、標治・本治の重点の置き方(脾陽虚と風寒束表)などについて議論された
      • 八綱弁証は症状による大まかな病態分類に留まらず、症状の発生機序まで具体的に考えて治療方針を立てるくらいまで深めるべきとの助言を頂いた
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|





あなたは
- 人目の
お客様です

メニュー


九鼎会アーカイブス

一般の方向け

医学生・医療関係者向け


QRコード