第18回九鼎会九州漢方合宿


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

開催時期

2002年11月16・17日

開催地

阿蘇百姓村(熊本県阿蘇市)

#alpslab_slide

参加校(太字は主幹校)

  • 熊本大学
  • 長崎大学
  • 宮崎医科大学

内容

  • 研究発表:アレルギー性疾患
    • 糸球体性腎炎(長崎大学)
    • アレルギー性鼻炎(熊本大学)
    • 喘息(宮崎医科大学)
      • 糸球体腎炎については、1ヶ月以内に自然寛解する事もあり、実際に漢方での治療が奏功しているのだろうかという点が問題であった
      • 慢性の腎炎は漢方で治療するのは困難との見解もあった
      • アレルギー性鼻炎については、気滞によることも考えるべきとの指摘があった


  • 弁証論治トレーニング
    • 喘息・花粉症の一例
      • 殆ど全員が肺気虚および脾気虚を弁証していた
      • 脾については下痢があまり酷くないため、脾気虚があるかどうか疑わしいとの意見も出たが、結局軽度の脾気虚はあるとのことから治療は行うべきとの見解で一致した
      • 喘息の病態として痰が肺にあることを理解し、先ず痰を治療すべきとの指摘があったが、これは発表者各々が見落としていたことであった
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|





あなたは
- 人目の
お客様です

メニュー


九鼎会アーカイブス

一般の方向け

医学生・医療関係者向け


QRコード