第28回九鼎会九州漢方合宿研究発表「傷寒と温病」解説


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

講演記録ダウンロード(クリックでダウンロード開始)

温病の成り立ち〜伏気温病

  • 「温病」という言葉はもともと「伏気温病」のことを指していた
    • 伏気温病:冬に受けた邪が潜行して春や夏に発病すること

『黄帝内経』における「傷寒」

  • 『黄帝内経』の『素問熱論』における「傷寒」の定義は「急性感染性発熱性疾患の一群」
    • 黄帝内経には『素問』編と『霊枢』編がある
    • 成立年代は後漢(今から2000年ほど前)

『難経』における「傷寒」と「温病」

  • 『難経』は『黄帝内経』の解説書

  • 『難経』における(広義の)「傷寒」の定義は「伝染性発熱性疾患の総称」
    • 広義の「傷寒」は五つに分類され、その中に狭義の「傷寒」と「温病」が含まれる

  • 古典に「傷寒」とある場合、広義と狭義の二つの意味を持ちうる

『傷寒論』と「温病」

  • 現在の意味の「温病」という概念が使われだすのは今から300〜400年前
    • それ以前は、全てを狭義の「傷寒」の方法論で治療

  • 『傷寒論』について
    • 今から1900年ほど前、後漢の張仲景が書いたと言われる
    • 今から500年ほど前に、研究されはじめた
      • 「傷寒」に関する書物は『傷寒論』以外にも諸々見られる
      • それらの本では、現在の「温病」治療に似たようなことも行われている

現在の意味での「温病」の始まり〜江南の諸師

  • 『傷寒論』研究グループの中から生まれた「温病」
    • 長江流域(上海から南方)で活動(「江南の諸師」と言われる)
      • 温暖・湿潤で衛生状態が悪く、伝染病が多い
    • 急性発熱性疾患を『傷寒論』をベースに研究
      • 『傷寒論』の方法論では治療できないケースが出てくる

  • 呉又可『温疫論』
    • 新しい温病の概念:新感温病の提出
      • 最初から温熱の邪に当たって起こる病気
      • それまでの温病は「伏気温病」
    • 衛気営血弁証の提出

衛気営血弁証

  • 衛分証
    • 風熱の邪によって侵された表証
      • 冬より春夏に多い
      • 悪寒期が短い
      • 最初から激しい熱が出て、主症状はのどの痛み

  • 気分証
    • 激しい熱
    • 内臓の諸症状

  • 営分証
    • 意識障害

  • 血分証
    • 出血傾向

衛気営血弁証の問題点

  • 現在見られる病気には、これほど速い転帰をとるものはほとんどない
    • 当時はそういう病気があって、傷寒六経では解決できなかった

  • 衛気営血弁証はある特定の強烈な伝染性疾患にしか適用できない
    • 当時既にそのことはわかっていた
    • 同時にその有用性も認められていた

  • 一番長いのは気分証
    • 気分証の分析が必要となった

三焦弁証

  • 呉鞠通『温病条弁』
    • 気分証を分ける形で三焦弁証を開発
上焦 肺衛・肺 衛分証に近い
中焦 脾・胃・大腸 病気が進行
下焦 肝・腎 意識障害・痙攣→血分証に近い

逆伝心包

  • なぜ“逆伝”か
    • 逆伝:普通じゃない状況で病気が進行すること
    • 本来は上焦→下焦に向かって病気は進む
      • 邪が心包経に入ると、上焦にもかかわらず意識障害が起き、「営血の中に邪熱する」
      • 初期なのに重篤なので、“逆伝”という

六経弁証と三焦弁証の相違点

  • 六経弁証は主に足の経絡を侵す
    • 傷寒は陰邪ゆえに足を襲う

  • 三焦弁証は主に手の経絡を侵す
    • 温病は陽邪ゆえに手を襲う


(編集者:宮崎大学)
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|





あなたは
- 人目の
お客様です

メニュー


九鼎会アーカイブス

一般の方向け

医学生・医療関係者向け


QRコード