三焦弁証


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

三焦弁証(さんしょうべんしょう) とは、四診によって集められた情報を整理するための弁証の一つであり、八綱弁証において外感病と判断された病態について行う外感病弁証の下位区分である。三焦弁証は外感病の中でも特に温病(湿熱の邪によるもの)に対して行い、体を上から下に分類するのが特徴である。温病の弁証には他に衛気営血弁証があり、衛気営血弁証では体を外から内へと分類する。

三焦弁証では病態を体の上から下に上焦・中焦・下焦の3つに分類する。上焦と中焦は横隔膜、中焦と下焦は臍部で区分される。上焦・中焦・下焦にはそれぞれ臓腑・経絡が属しており、どの臓腑・経絡に病邪が存在するかにより病機・症候が異なる。
目次

衛気営血弁証との関係

三焦弁証と衛気営血弁証との関係には諸説があるが、両者を有機的に結合することが臨床上必要である。ここでは二つの説を紹介する。
  • 衛気営血弁証では気分証の経過が一番長いため、三焦弁証で詳しく解析するという説
  • 衛分証:心包以外の上焦 気分証:上・下焦の一部および中焦全て 営分証:上焦の逆伝心包 とする説

上焦(肺衛・肺・心包)

上焦は初期の病証であり、肺衛・肺・心包が属する。肺衛・肺は手太陰肺経、心包は手厥陰心包経に属する。

手太陰肺経

手太陰肺経の病証は病機により二つに分かれる。
  1. 邪襲肺衛→肺気失宣:悪寒、発熱、咳嗽、微かな口渇、脈浮数
  2. 熱邪壅肺→肺気閉鬱:身熱、口渇、咳喘、舌苔黄

手厥陰心包経

  • 邪陥心包→機竅阻閉(逆伝心包:重症):意識障害、うわごと、四肢の冷え

逆伝心包とは

肺衛の邪が直接営分に入り、高熱、意識障害を引き起こす。心は「血脈を主る」「神志を主る」働きを持っている。血の構成成分である営気がやられたことで心もやられ、意識活動を主る働きにも影響が出た状態である。

中焦(胃・大腸・脾)

中焦は中期〜極期の病証であり、胃・大腸・脾が属する。胃は足陽明胃経、大腸は手陽明大腸経、脾は足太陰脾経に属する。

足陽明胃経

  • 胃経熱盛→燻蒸外迫:壮熱・多汗・口渇し水を欲する・舌苔が黄燥・脈洪大

手陽明大腸経

  • 腸道熱結→腑気不通:潮熱便秘・舌苔が黄黒で燥・脈沈有力

足太陰脾経

  • 湿熱困脾→気機欝阻:身熱不揚・上腹部の痞え・舌苔が膩・脈濡

下焦(肝・腎)

下焦は末期の病証であり、腎・肝が属する。腎は足少陰腎経、肝は足厥陰肝経に属する。

足少陰腎経

  • 熱邪久留→腎陰耗損:手足心熱・口乾・咽乾・倦怠・脈虚

足厥陰肝経

  • 水不涵木→虚風内動:手指の蠕動あるいは痙攣・舌質乾



(編集者:宮崎大学)
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
添付ファイル





あなたは
- 人目の
お客様です

メニュー


九鼎会アーカイブス

一般の方向け

医学生・医療関係者向け


QRコード