ウイキョウ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

生薬名

茴香(ウイキョウ):果実

説明

  • 庭でハーブとしてよく育てられるセリ科の多年生草本で、1~2mの高さになり、とても丈夫でどこでも育ちます。
    • 植物全体から芳香を発します。
    • 夏に無数の黄色の小さな花をつけます。
    • 秋に1cm弱の大きさの果実をつけ、これを薬として用います。
      • 果実は香味料として古くから中国・インド(カレー)で用いられています。(西洋名:フェンネル Fennel)

作用

  • 薬味 辛
  • 薬性 温
  • 帰経 肝・腎・脾・胃
  • 散寒薬

代表的方剤

  • 安中散(温中散寒)

写真



(編集者:宮崎大学 露木敦士)
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
添付ファイル





あなたは
- 人目の
お客様です

メニュー


九鼎会アーカイブス

一般の方向け

医学生・医療関係者向け


QRコード