段・級位、および、称号の認定は、通常、審査により行われます。
九段以上、または、範士は称号・段位審議会の選考・審議されます。
その他、推薦や追授により授与、または、認定されることがあります。

審査は全日本弓道連盟、または、その加盟団体により開催されます。
初めて受ける審査は「無指定」の審査で、五級から一級、または、初段の中から査定されます。2級以下の場合は次回も無指定審査です。通常、一手(2本)を行射する術科審査で行われます。
初段~六段の段位審査は、通常、一手(2本)を行射する術科審査と学科試験(通常、論文形式で1時間程度)とで行われます。
七段以上や称号になると面接、論文、指導力の審査もあります。
五段以上は必ず和服です。四段以下は基本的に弓道衣とされていますが、審査によって和服着用が指示される場合があります。

段級 基準
五級 弓道修練の初歩的階層にある者
四級 秩序のある指導を受けており、弓矢の扱い方に進歩があると認められる者
三級 射の基本動作、弓矢の扱い方稍々整い、秩序ある指導の下に修練を経たと認められる者
二級 修練程度三級に比して著しく進歩を認められる者
一級 射の体形(射形)、射の運行(体配)概ね正しきと認められる者
初段 射型体配型に適って、矢所の乱れぬ程度に達した者
弐段 射型体配共に整い射術の運用に気力充実し、矢所の乱れぬ者
参段 射型定まり、体配落着き、気息整って、射術の運用法に従い、矢飛直く、的中稍々確実な者
四段 前項の要素に加うるに気息正しく、離れ鋭く、的中確実の域に達した者。
五段 射形、射術、体配法に適って射品現われ、精励の功特に認められる者
六段 技術優秀にして精錬の功、更に顕著な者
七段 射形、射術、体配、自ら備わり、射品高く、練達の域に達した者
八段 技能円熟、射品高雅、射芸の妙を体得した者
九段 弓道の真体に透徹した者
十段

このほかに称号として錬士・教士・範士があります
称号 基準 受審条件
範士 徳操高潔、技能円熟、識見高邁にして特に斯界の範たること 教士の称号を受有すること
教士 人格、技能、識見、共に備わり、弓道指導に必要な学識、教養及び実力を有し、且つ功績顕著なること 錬士の称号を受有すること
錬士 操堅実にして弓道指導の実力を有し、且つ精錬の功績顕著なること 五段以上の段位を受有すること

なお合格の基準は以下のとおりになります。
段級・称号位 条件
一~五級 審査員の得票が過半数以上
初段~四段 審査員の得票が過半数以上、かつ学科試験60点以上
五,六段 審査員の得票が7割以上、かつ学科試験60点以上
七段・錬士 行射一次審査にて過半数以上、二次審査にて過半数を得てかつ通算得票が七割以上で、面接において60点以上、あるいは40点以上で一次・二次から一票を引いても七割以上であり、かつ学科試験が60点以上
八段・教士 行射一次審査にて過半数以上、二次審査にて過半数を得てかつ通算得票が八割以上で、指導力査定において60点以上、あるいは40点以上で一次・二次から一票を引いても八割以上であり、かつ論文試験が60点以上
九、十段・範士 審議会の審議において得票十割、かつ審議会会長の承認を得る

各都道府県別審査合格率および規定


  • 北海道

  • 青森県

  • 岩手県

  • 宮城県

  • 秋田県

  • 山形県

  • 福島県

  • 茨城県

  • 栃木県
初段:37.7%
弐段:29.5%
参段:19.5%
四段:22.4%


  • 群馬県

  • 埼玉県

  • 千葉県

  • 東京都

  • 神奈川県
平成20年5月度
五段:7.3%

  • 新潟県

  • 富山県

  • 石川県

  • 福井県

  • 山梨県

  • 長野県

  • 岐阜県

  • 静岡県

  • 愛知県
学生審査を保有しており、かなり合格率が高くなる
学生審査
初段:95%
弐段:70%
参段:50%
四段:10%


  • 三重県

  • 滋賀県

  • 京都府

  • 大阪府

  • 兵庫県

  • 奈良県

  • 和歌山県

  • 鳥取県

  • 島根県

  • 岡山県

  • 広島県

  • 山口県

  • 徳島県

  • 香川県

  • 愛媛県

  • 高知県

  • 福岡県

  • 佐賀県

  • 長崎県

  • 熊本県

  • 大分県

  • 宮崎県

  • 鹿児島県
初段:33.8%
弐段:31.4%
参段:29.7% 

  • 沖縄県