※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



不定期に開催される[魔導兵器オメガ]イベントクエスト第二弾でソロ専用クエストとなります。
ノーマルステージのネロ・バジリスクを強化した敵となり、オメガ・ヒュドラは一部の騎士を利用する事で極端に難易度が下がってしまう事を受け、対策が取られています。オメガ・ヒュドラと同じ感覚で出撃すると、痛い目を見る事になりますので、十分に騎士、武器盾を強化しましょう。特にコンティニュー用のトモパワー(TP)は、騎士や装備に自信が無い場合、念の為10,000程度は準備の上、参加した方が良いでしょう。

オメガシリーズクエストでは、特殊武器盾がクリア報酬になりますが、本イベントでは踏ん張り特性を騎士にもたらす[オメガマター(★7)]を入手する事ができますので、頑張っていきましょう!

さて、今回の敵となるオメガ・バジリスクについては、以下の被攻撃特性を持っております。

特性 効果有無
攻撃力低下 ×
防御力低下 ×
移動力低下 ×
×
麻痺 ×
防御無視 ×
属性効果 ×

オメガ・バジリスクについては、防御無視も含め全ての状態異常効果が無効です。また無属性となる為、属性効果も受けませんので、純粋な騎士・武器・盾の能力で勝ち抜ける必要があります。


【共通】

ステージ構成は、スクロールの無い単一画面内での戦闘となり、ステージ1で通常の敵との戦闘の後、2ステージ目でボス(オメガ・バジリスク)との戦闘になります。
ステージ1では計12体の敵が出現しますので、スキルゲージを溜める事ができますが、パーティの攻撃力が高く、スキルブースト/スキル回復等のスキルがない場合、最大スキルレベルまで貯める事はできません。しかしながら、ステージ2では、ボスと共に、3体の砂竜(火・氷・雷が1体づつ)と歩兵(火)が出現しますので、これらの敵を攻撃する事でゲージを貯めることもできます。尚、砂竜については無敵設定になっている為、倒すことはできませんのでご注意ください。

ボスとなるオメガ・バジリスクの行動パターンは以下の通りです(攻撃形態名称は編集者定義)。
※ 状態異常発生内容については、確認が不十分です。ご容赦ください。

攻撃形態 特徴 被ダメ 付加効果
(開幕時)
(随時)
パーティのスキルが利用可能な状況の場合、発動 スキル封印
通常攻撃 一旦頭・首を後方に引いた後、狙った騎士に頭部で噛みついてくる
潜伏移動 地下に潜伏し、頭部の突起のみ地上に出し、回転移動しながら攻撃をしてくる。地中に潜伏した状況での攻撃の為、こちらから攻撃することができない
飛び上がり 潜伏し地中に隠れた状況から、地上に頭部(顎)から垂直に飛び上がってくる攻撃。飛び上がり後はまた潜伏する。飛び上がり場所はランダム。攻撃範囲内にいる場合、連続被ダメ有
回転 一旦首を後方に引いた後、若干前方位置(ほぼ垂直)に空中に飛び上がり、全身で回転攻撃をしてくる。回転攻撃の攻撃範囲内にいる場合、連続被ダメ有
超音波 首を水平方向後方に引き、大きく顎を開いた後、画面を横断する広範囲超音波を発する。
画面の半分程度を覆う攻撃となり、敵背面、後方にいない場合、回転回避以外の回避は困難
特大 麻痺?

オメガ・バジリスクは通常攻撃以外のすべての攻撃が多段ヒット(連続被ダメ)する事が多く、体力が満タンの状態であっても、一気に体力が削られます。また、地中に潜伏時(潜伏移動含む)は基本無敵状態であり、一方的に攻撃待ちの状態になってしまいますので、地上に表れている時に、如何にダメージを与えることができるか?が重要になります。
また、ボス以外に敵が4体出現する為、それぞれの被ダメは大きくは無いのですが、思いがけず攻撃を受けコンボボーナスが切れてしまう事が多く、一回一回の攻撃で確実にダメージを与えていく必要があります。

特に注意が必要な攻撃は、[超音波]となります。
この攻撃については、体力が10,000を超え、防御力がある程度あったとしても一撃で倒される可能性もあります。また画面の広範囲を覆う攻撃になる為、パーティ全体が一気に全滅する可能性が高くなります。また、超音波を発している顎の下後方側が安全地帯なのですが、オメガ・バジリスク自身も同攻撃の反動で少しづつ後退してきます。その為、ぎりぎりの位置で回避をしていると、後退してきた結果超音波に当たってしまう事もありますので、顎からはある程度の距離を取って回避するようにしてください。
また、[通常攻撃]と[回転]は攻撃発動時のモーションが非常に似ていますが、[回転]についてはその後空中に飛び上がる為か、首を後方に引いた際に『頭部が自分の体が出ている地面位置より下まで下がります』ので、頭部の位置を見てどちらの攻撃か判断してください。

基本的な立ち回りとしては、

  • 相手が地下潜伏時 ⇒ 回転回避
  • 相手が地上に出現 ⇒ 攻撃・スキル攻撃
  • 攻撃モーション開始 ⇒ 回転回避で距離を取る(超音波の場合、顎より後方に退避)

となります。基本的には、こちらの攻撃がなかなか当たらない状況が多い為、長時間かかる傾向にあります。

ソロステージでは、トモパワー(TP)を利用する事で、全員が同時に倒れない限りプレイを継続できますので、TPを十分に確保した上でステージに参加し、倒れた騎士を確認した場合、速やかに復帰させる様にして下さい。またフォロー騎士については時間が立てば復活しますが、倒れている間はフォロー騎士のリーダー効果恩恵がなくなりますので、可能な場合は速やかに復帰させる事をお勧めします。


【伝説級】

ステージ難易度 ステージ数 クリア条件 利用スタミナ クリア報酬 ドロップアイテム
伝説級 2 出現する敵をすべて倒す(30分間) 20(10) クリスタル 騎士マテリアル(キング/超キング)
武器マテリアル(キング/超キング)
盾マテリアル(キング/超キング)

【超伝説級】

ステージ難易度 ステージ数 クリア条件 利用スタミナ クリア報酬 ドロップアイテム
超伝説級 2 出現する敵をすべて倒す(30分間) 35(17) クリスタル
オメガマター
騎士リミット6
武器リミット6
盾リミット6
騎士マテリアル(超キング)
武器マテリアル(超キング)
盾マテリアル(超キング)

【攻略動画(emenekoさん提供)】

emenekoがノーコンティニューで『超絶伝説級!砂漠の最終兵器オメガ・バジリスク!(超絶伝説級)』に挑戦してきた!!
https://www.youtube.com/watch?v=WBwAaaXhIUE

【攻略パーティ(例)】

超伝説級となり、現状最難関となるステージですので、全ての騎士、武器、盾が十分に育成されている事が大前提ですが、必ずしも★7騎士・武器・盾で固める必要はありません。
それよりも、リーダースキルや、サポートスキルを十分に吟味し、構成を考える事が重要となり、特に本ステージでは、[状態異常耐性]が重要になります。麻痺で動けなくなると、敵の連続攻撃を受け、あっという間に全滅してしまう事もあります。[封印耐性]については、もちろんあった方が良いですが、現在スキル封印耐性をリーダースキルに有している騎士は無く、★7騎士の固有スキル、若しくは神界盾(★7)の固有スキルでのみ対応が可能な為、実装が難しい事が多いと思います。スキル封印は解けるタイミングがありますので、そのタイミングでしっかり発動ができれば十分対応が可能なステージとなっています。

利用武器についてですが、攻撃がヒットする時間が限定的な為、スキル発動時間/スキル効果時間が長い武器は慣れとある程度の運が必要になります。
剣・槍系の高位スキルは空中へのジャンプ後、降りてくるまでの発動時間が長く外してしまう事が多く、斧のレギオンについては、攻撃が多段でありスキル効果時間が長く全ての攻撃をヒットさせる事が難しいです。
その為、爪の激龍系スキル攻撃がお勧めです。この攻撃の場合空中に飛んでいる敵に対しても攻撃がヒットし、安定しダメージを与える事ができます。
輪についても発動が早く、1ヒット時の与ダメが大きい彗星系のスキルであればスキル攻撃は容易ですが、通常攻撃の間が開いてしまう(連続攻撃が不得手)の為、有用な爪がある場合は輪よりも有効に機能してくれると思います。

以下にこれらの内容を踏まえ、攻略パーティ例を示しますが、組み合わせ(例:ワンパン押切型+耐久型)により更に安定したクリアも可能になりますので、色々と試していただければと思います。

  • 【ワンパン押切型】
高火力を有したメンバー、エンハンスを有したメンバーを構成し、ボスを高レベルスキルを利用し一気に押し切る構成になります。
直前で自身の武器によるエンハンススキルを利用し、攻撃力を更に高める事で相乗効果を生み、ボスを倒すことができるようになります。
強力な騎士や武器を必要とする為、構成難易度は高めとなります。また、こちらの攻撃がヒットする状態の時間は限定的な為、タイミングをきちんと狙う必要があります。

構成案 構成例(リーダー) 利用武器例 構成例(サブ) 付帯条件 特徴
リーダースキル強化(1) 属性神(マルチナ等) 魔神シリーズ 特になし メンバー属性統一
攻撃力アップスキル強化
orスキル攻撃力アップ
属性神の攻撃力アップ効果を受け、一気に押し切る構成。属性神はスキル封印体制の固有能力もある為、仮にワンパンに失敗した場合もリカバリーが可能
リーダースキル強化(2) エンパイア(イグナス等)
パルテ
適正武器 特になし メンバー所持武器統一
攻撃力アップスキル強化
orクリティカル発生率アップ
エンパイアの攻撃力アップ効果を受け、一気に押し切る構成。エンパイアはスキル封印耐性に加え、状態異常無視のリーダースキル効果もある為、仮にワンパンに失敗した場合もリカバリーが容易。杖の高位スキルレベルスキルについては、敵に当たりにくい為、他の武器装備が望ましい

  • 【ワンパン押切+サポートエンハンス型】
基本、ワンパン押切型と同じですが、サブメンバーのエンハンスを利用し、主攻撃メンバー(主にリーダー)の高レベルスキルで押し切る構成になります。
エンハンス倍率の高い効果の武器を保有している程、相手を押し切ることができますが、高レベルエンハンス(5倍)をメンバーに適用することができる武器は★6の冥炎剣、もしくは★7獣神王シリーズとなり、こちらも構成難易度は高めとなります。ただし、3倍アドレナリン系でも十分効果はありますので、構成の難易度は比較的現実的かと思います。
構成案 構成例(リーダー/フォロー) 利用武器例 構成例(サブ) 付帯条件 特徴
サポートエンハンス(1) 高火力リーダースキル持ち騎士 爪(激龍爪利用可能) スキル封印耐性持ち騎士+冥炎剣
or獣神王シリーズ
or剣(アドレナリン系スキル利用可能)
クリティカル発生率アップ
攻撃力アップスキル強化(サブ)
orスキル攻撃力アップ
スキルが貯まり次第、随時利用する為、スキル封印耐性を有する騎士での構成が望ましい
サポートエンハンス(2) 高火力リーダースキル持ち騎士 爪(激龍爪利用可能) クリスマスソノタ+冥炎剣
or獣神王シリーズ
or剣(アドレナリン系スキル利用可能)
クリティカル発生率アップ
攻撃力アップスキル強化(サブ)
orスキル攻撃力アップ
ソノタの攻撃力上昇スキル効果上昇というリーダースキルを活用する方法。ソノタ自身にスキル封印耐性は無い為、可能であれば神界盾を持たせたい。
ステージ開始前は影響を受けない為、最初の攻撃でどこまで削れるか?で成功率は大きく変わる

  • 【耐久型】
とにかく全滅しない構成を組み、敵の体力を少しづつ削っていく構成となります。
この構成は、ソロステージである事を活用し、騎士の切り替えを繰り返し全滅を避ける事も視野にステージを進めていく為、長期戦となる事が多いのですが、騎士の構成難易度が最も低く、実は比較的安定して対応する事ができます(但し、ステージクリアには時間制限もありますので、単体での攻撃力を高い構成にする必要がある事には留意ください)。
尚、本構成はパーティの誰かが定常的に倒れてしまう可能性が高い為、メンバー構成、人数に影響する様なリーダー/フォローは利用しない方が良いです。

構成案 構成例(リーダー/フォロー) 利用武器例 構成例(サブ) 付帯条件 特徴
ユーミル活用 ユーミル 回復スキル持ち武器 高火力武器持ち騎士 特になし ユーミルは、高回復力・固有能力守護者の盾を持ちに加えスキル封印耐性を持っている為、敵からの被ダメで一撃で倒れない限り、十分に耐久が可能となります。仮にフォローで採用したとしても、回復優先に設定する事で体力の低下を受けかなり適切なタイミングで体力の回復を行ってくれる為、攻撃に専念できる構成です
踏ん張り耐久 封印耐性・高火力リーダースキル持ち騎士 高火力武器 踏ん張り能力持ち騎士(ランスロット/バフォメット等) 特になし とにかく全員が倒れない様に騎士チェンジを活用し敵の体力を削る構成です。主騎士でとにかく攻撃、高レベルスキルを利用し攻撃し、倒れた場合は速やかに復活、その間全滅を避ける為、サブを踏ん張り能力持ち騎士で固める構成です。ですので、サブは出来る限り踏ん張り回数の多い騎士を利用する事が望ましいですが、モロウは基礎体力が少なすぎ、倒れやすい為お勧めできません。

尚、高火力武器については、弓で代替する事で自分が倒れる可能性が低くなりますが、十分な火力が出ない為時間切れになってしまう可能性があります。ですので、バランスを考慮し所持武器を選択する様にしてください。







End