※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



このゲームの醍醐味は、騎士・武器・盾の組み合わせによる様々なパーティ構成によるクエスト達成にあります。
単にレアリティの高いアイテムを持つだけでは、クエストを進めていくことは難しく、どのようなパーティを組むのか?をきちんと意識し組み合わせを考える事で、難関だったクエストもクリアができるようになります。
ここでは、その組み合わせのパターンを幾つかご紹介させていただきます。

【工事中】

クリティカル攻撃

クリティカル攻撃は、発生すると通常攻撃の1.5倍のダメージを原則無条件で与える事ができる攻撃です。
通常は1%~2%程度しか発生率がありませんが、定常的に発生させる事ができれば、パーティの総合力を大きく上昇させる事ができます。
まず、クリティカル攻撃に関する能力上昇は、[クリティカル発生率]と[クリティカル攻撃力]の2能力で構成されます。それぞれ上昇させる事ができる代表的なアイテムは以下の通りです。
アイテム種別 アイテム名 レアリティ 発生率上昇値 攻撃力上昇値 入手方法 備考
騎士 魔装士エリザ
氷魔装士エリザ
氷雪魔装士エリザ
★6~★8 +100% 無し レアガチャ リーダースキル(+50%)と固有能力(+50%)の組み合わせで実現されます。
直接クリティカル攻撃力は上昇しませんが、攻撃力は上昇します。
騎士 水浴び魔装士エリザ
水遊び魔装士エリザ
渚の魔装士エリザ
★7~★9 +100% 無し レアガチャ(期間限定イベント) リーダースキル(+50%)と固有能力(+50%)の組み合わせで実現されます。
直接クリティカル攻撃力は上昇しませんが、攻撃力は上昇します

  • クリティカル発生率100%構成
クリティカル発生率は、上昇させる事ができるサポートスキルが武器にはありません。最近一部の盾では実装されましたが、★7レアリティのサポートスキルのみとなっています。
その為、基本的には騎士もしくは盾のメインスキル(リーダースキル)によりある程度上昇させ、不足分をサポートスロットで補う形になります。
主装備 サポートスロット
(騎士)
サポートスロット
(武器)
サポートスロット
(盾)
利用サポートスロット数 備考
妖精王盾フレイ(100%) 無し 無し 無し 0 サポートスロットを全く利用する事無く、かつ騎士、武器の制約も全くないパターンになります。
禍神爪エグリゴリ(75%) 超レジェンドフォース★10 無し 無し 1 超レジェンドフォース★10は、ドロップアイテム[超伝説の紋章Ⅹ]のサポートスキルです。
サポートスロットを1つ利用しますが、クリティカル時の与ダメも大幅に強化してくれる構成であり、クリティカル効果を最大限発揮し易い構成です。
痛恨盾グラント(50%) 超レジェンドフォース★10×2 無し 無し 2 サポートスロットを2つ利用しますが、クリティカル時の与ダメも大幅に強化してくれる構成です。
エグリゴリには及びませんが、グラントは最近の★6確定ガチャでラインナップされている事もあり、比較的入手しやすい状態になりました。
王盾ユニオン(50%) 超レジェンドフォース★10×2 無し 無し 2 サポートスロットを2つ利用しますが、ガチャを必要としない報酬及びドロップアイテムだけで実現できる構成です。
[超伝説の紋章]はイベントドロップなので、開催時にはぜひチャレンジしてください。
マジックナイトシリーズ(50%) 超レジェンドフォース★10×2 無し 無し 2 サポートスロットを2つ利用します。エリザの場合、氷騎士の攻撃力も強化に加え、衝撃波による範囲攻撃も可能となる構成です。
マジックナイトシリーズ(50%) クリティカルサポート★3×5 無し 無し 5 騎士サポートスロットを全て利用するパターンです。騎士サポートスキルが全く利用できなくなります。
マジックナイトシリーズ(50%) クリティカルサポート★3×4 無し クリティカル確率★2×2 6 騎士サポートスロットに加え、盾サポスロも利用してしまいます。無駄もありお勧めはできません。
マジックナイトシリーズ(50%)
+魔典グリモワール(30%)
クリティカルサポート★3×2 無し 無し 2 騎士のリーダースキル、盾のウェポンスキルを組み合わせ、サポートスロット利用数を抑えた構成です。
魔典グリモワールはイベント報酬でも配布されており、総盾祭では比較的入手が容易となりました。
また、マジックナイトシリーズはラナックとルークについては★5であり、最近は転生本でも入手ができるようになりました。他のクリティカル発生率を上昇させる騎士でも類似の構成をとることができます。

騎士については、マジックナイトシリーズを例に記述しておりますが、現在50%以上のクリティカル発生率を上昇させる事ができる騎士は存在していません。
もしも更に発生確率が低い騎士をリーダーとした場合、更にサポートスロットを積む事になりますので、現実的な構成には[超伝説の紋章]の利用等、ある程度の条件が発生する事になります。

  • クリティカル攻撃力200%(2倍)構成
クリティカル攻撃は通常の攻撃力の1.5倍のダメージが基本発生する事はお話ししました。騎士、武器盾の装備の仕方によっては、更にその攻撃力を上昇させる事ができます。
クリティカル攻撃力については、クリティカル発生率よりもサポートスキル上昇率が低く、★3でも7%しかありません。サポートスキルで補う為にはより多くの利用が必要になります。
その為、基本的には騎士もしくは盾のメインスキル(リーダースキル)によりある程度上昇をさせる事が望ましいです。
主装備 サポートスロット
(騎士)
サポートスロット
(武器)
サポートスロット
(盾)
利用サポートスロット数 備考
魔武神タダカツ(+100%)
十輪菊 穂月(+140%)
無し 無し 無し 0 サポートスロットを利用せず、リーダースキルのみでクリティカル攻撃力を増加させることができます。
対象騎士自身★7の騎士で入手が困難ではありますが、クリティカル発生率の補正(タダカツは固有能力、穂月はリーダースキル)も50%迄実現されており、クリティカル発生率上昇スキルと組み合わせる事で大幅に能力が向上します。
魔王・織田信長(+100%) 無し 無し 無し 0 サポートスロットを利用せず、リーダースキルのみでクリティカル攻撃力を増加させることができます。
信長はクリティカルに特化しており、クリティカル発生率も大きく上昇させる事ができる事、最近の★6以上確定ガチャにて比較的入手が容易になった為、おすすめの構成となります。
但し、クリティカル発生率については、最大でも45%どまりですので、フルに能力を発揮する為には、発生率に対するサポートスキルが必要と考えます。
禍神爪エグリゴリ(+80%) 無し ゴッドフォース★10 無し 1 サポートスロットを1つ利用する事でクリティカル攻撃力を増加させる事ができます、クリティカル発生率も非常に高い構成の為、安定して大ダメージを与えられます。
禍神爪エグリゴリ(+80%) クリティカルブースター★3×3 無し 無し 3 サポートスロットを3つ利用しますが、クリティカル発生率も非常に高い構成の為、安定して大ダメージを与えられます。
ホーリーシールド(+75%) クリティカルブースター★3×3
クリティカルブースター★1
無し 無し 4 サポートスロットを4つ利用します。ホーリーシールドは★5なのですが、騎士ヘリオスの装備としてしか入手ができない為、実は実装が難しい構成です。
またクリティカルの発生率は+10%にしかならない為、発生確率自身を上昇させる事が不可欠です。
痛恨盾グラント(+50%) 無し ゴッドフォース★10×2 無し 2 サポートスロットを2つ利用しますが、クリティカル発生率も強化してくれる構成です。
エグリゴリには及びませんが、グラントは最近の★6確定ガチャでラインナップされている事もあり、比較的入手しやすい状態になりました。
火断勇者アレス(+40%)
+痛恨盾グラント(+50%)
クリティカルブースター★3×2 無し 無し 2 サポートスロットを2つ利用しますが、比較的入手が容易なアイテムで構成をしています
★6以上確定ガチャにて入手可能なアイテムでの構成となります

状態異常耐性

状態異常耐性では麻痺・毒の発生確率を低下させてくれます。詳細については状態異常のページをご確認ください。
本能力は、実装されているアイテムが騎士・武器・盾と広範囲にわたっており、またドロップアイテムや低レアリティのアイテムにも実装されていますので、比較的実装が容易な能力となります。

  • 状態異常発生率0%構成
麻痺・毒について状態異常が完全に発生しない構成になります。状態異常の発生は、まず状態異常発生確率を最大100%の中で設定し、その設定された確率から状態異常耐性割合を差し引く事で確定しますので、本スキルを適用すると状態異常は完全に発生しません。
主装備 サポートスロット
(騎士)
サポートスロット
(武器)
サポートスロット
(盾)
利用サポートスロット数 備考
ガーディアンシリーズ騎士 無し 無し 無し 0 ガーディアンは固有能力として守護者の盾を有しています。このスキルは単体で状態異常を完全に防御できます。
ガーディアンは★5から存在しますので、構成は比較的容易ですが、固有能力での実装の為、本能力を持つ騎士本人以外には効果はありません。
エンパイアシリーズ騎士
猪八戒
スノウ
無し 無し 無し 0 一部の騎士はリーダースキルで本能力を有しています。固有能力と異なりリーダースキルはパーティ全員に効果があります。
エンパイアシリーズは★7で入手難度が非常に高いですが、猪八戒は★6以上確定ガチャで、スノウはキング確定ガチャで入手が可能であり、構成難易度はそこまで難しくありません。
輝光盾コランダム
美女神盾ディアナ
無し 無し 無し 0 これらの盾は盾スキル、固有能力にて、単体で状態異常を完全に防御できます。
2種の盾だけが現在実装しており、両盾共に入手が難しく、輝光盾は★6ではありますが排出率は★6の中でもかなり低く設定されていると思われます。
女神盾ムネモシュネ(+20%) 状態異常耐性★2×5 無し 状態異常耐性★2×1 6 女神盾が前提ではありますが、サポートスロットを全てドロップアイテムで構成可能な構成です。
女神盾の代わりになりえる選択肢は、★7盾(神界盾等)になる為、更に構成難易度が上がってしまいますが、サポートスロットアイテム自身はある程度のパーティであれば入手難易度は比較的低い為、構成難易度は比較的低めです。
おすすめは、降臨ボスのジュリアス、ドロップ盾のヴォル・デスパイネを利用した構成がおすすめです。
無し 状態異常耐性★2×5 無し 状態異常耐性★2×2 7 サポートスロットのみでの構成、且つ全てドロップアイテムで構成可能な構成です。
サポートスロットアイテム自身はある程度のパーティであれば入手難易度は比較的低い為、構成難易度は比較的低めです。
おすすめは、降臨ボスのジュリアス、ドロップ盾のヴォル・デスパイネを利用した構成がおすすめです。後は武器で唯一縛毒槍タランテについても同様の効果がありますので、もしも入手ができた場合は代替も可能です。

状態異常発生

状態異常発生では麻痺・毒の発生確率を上昇させてくれます。詳細については状態異常のページをご確認ください。
本能力は、実装されているアイテムが現段階では騎士・盾に限定されており、特に100%の発生率とする為には、ガチャアイテムの入手が必須となる事、またサポートスロットを利用した場合の確立上昇率が耐性と比較しても小さい為多くのサポートスロットを占有する事になります。更に状態異常発生確率を100%以上にどれだけ上げていたとしても、最大値は100%となり、そこから相手側に状態異常耐性がある場合、耐性割合を減じられてしまう為、状態異常耐性が100%となっている敵と対峙する場合には、まったく意味の無い構成になりますので、相手に応じ選択する事が重要になります。

  • 状態異常毒発生率100%構成
敵側に状態異常耐性がない場合、状態異常毒を必ず発生させる事ができる構成になります。相手を毒にする場合は、主装備となる武器に毒付与効果がある物を装備するか、サポートスロットに毒効果付与効果のあるアイテムを装備する事が必要です。尚、主装備に毒付与効果のある武器を装備しても、発生確率が0ではなくなるだけであり、発生確率は変動しません。
主装備 サポートスロット
(騎士)
サポートスロット
(武器)
サポートスロット
(盾)
利用サポートスロット数 備考
黒猫シールド
破魔弓盾
グラビティシールド
光神盾ブリウエン
獅子盾レグルス等
(+15%)
状態異常増幅★2×4 無し 状態異常確率★2×2 6 ガチャアイテムが対象になりますが、★4~★5まで頻度高く入手可能なアイテムが揃っている事、サポートスキルについてはドロップアイテムの活用ができる事から、構成は比較的容易です。
但し、サポートスキルについては、降臨ボスのミレーヌの取得が必須になり、盾装備ではドロップアイテムでの実装は現段階まで無くサポートスキルを有している盾アイテムも限定的です。
その為、本サポートスキル有する盾(黒猫シールド等)を保有している場合は、サポートスロット側での利用が望ましいです。
もしもサポートスキルを有する盾を保持していない場合、騎士サポートスロットを全て利用する事が必要になります。
黒猫シールド
破魔弓盾
グラビティシールド
光神盾ブリウエン
獅子盾レグルス等
(+15%)
状態異常増幅★2×4 毒効果付加★2×2 無し 6 基本は上述の構成と同様になりますが、盾のサポートスキルでは無く、武器のサポートスキルを利用しいている点が異なります。
サポートスキルについては、降臨ボスのミレーヌの取得に加え、同スキルを有する対象武器(バルムンクロー)の入手が必要です。
但し黒猫シールドと異なり、同サポートスキルを有する武器バルムンクローは武器ガチャの外れ枠で比較的容易に入手が可能な為、盾サポートスキルによる実装より構成難易度は低めとなります。
魔典グリモワール(+15%) 状態異常増幅★2×4 無し 状態異常確率★2×2 6 主装備となる盾を★6盾に変更した内容になり、クリティカル発生率をアップさせる事もできる攻防両面での能力上昇を図ることができます。
グリモワールは★6のアイテムではありますが、総盾際等のイベントでは比較的入手難易度が低く、過去にイベントの報酬で配布された事もある為、現在はそこまで困難な構成ではありません。
魔典グリモワール(+15%) 状態異常増幅★2×4 毒効果付加★2×2 無し 6 主装備となる盾を★6盾に変更し、更にサポートスキルを盾サポートスキルでは無く、武器サポートスキルでの実装に変更した内容となり、クリティカル発生率をアップさせる事もできる攻防両面での能力上昇を図ることができる構成です。
グリモワールは★6のアイテムではありますが、総盾際等のイベントでは比較的入手難易度が低く、過去にイベントの報酬で配布された事もある為、現在はそこまで困難な構成では無く、対象武器についても入手難易度は対象の盾と比較し容易となっております。
無し 状態異常増幅★2×5 無し 状態異常確率★2×2 7 全てをサポートスロットで構成する方法となる為、盾のサポートスキルが必須になります。サポートスキルで該当のスキルを有する盾は限定的、かつ入手が困難(★4の黒猫シールドも騎士の装備としてのみ入手可能)な為、現実的にはかなり構成が難しい内容となります。
無し 状態異常増幅★2×5 毒効果付加★2×2 無し 7 全てをサポートスロットで構成する方法となる為、武器のサポートスキルが必須になります。但し盾による構成と異なり、同サポートスキルを有する武器バルムンクローは武器ガチャの外れ枠で比較的容易に入手が可能な為、盾サポートスキルによる実装より構成難易度は低めとなります。
怪盾ダーティ(+25%) 状態異常増幅★2×5 無し 無し 5 ドロップアイテムのみで構成が可能であり、本スキル実現構成の中ではサポートスロットも比較的余裕の出る構成になります。但し、怪盾ダーティは★4盾の為、防御力が圧倒的に低くなり、サポートスロットも4つまでしか拡張されません。
その為、総合的な攻撃力・防御力は大きく下がるため、状態異常付与に特化する事が許容できる場合のみ構成できます。

  • 状態異常麻痺発生率100%構成
敵側に状態異常耐性がない場合、状態異常麻痺を必ず発生させる事ができる構成になります。毒状態と比較し、発生確率を上昇させる為により多くのサポートスロットが追加で占有され、更に武器サポートスロットは他スキルに利用する事が出来なくなりますが、アリーナではその効果は絶大です。相手を麻痺にする場合は、主装備となる武器に麻痺付与効果がある物を装備するか、サポートスロットに麻痺効果付与効果のあるアイテムを装備する事が必要です。尚、主装備に麻痺付与効果のある武器を装備しても、発生確率が0ではなくなるだけであり、発生確率は変動しません。
主装備 サポートスロット
(騎士)
サポートスロット
(武器)
サポートスロット
(盾)
利用サポートスロット数 備考
黒猫シールド
破魔弓盾
グラビティシールド
光神盾ブリウエン
獅子盾レグルス等
(+15%)
状態異常増幅★2×4 麻痺効果付加★2×5 状態異常確率★2×1 10 状態異状毒と異なり、麻痺効果付加の為に更にサポートスロットを多数必要とし、武器サポートスロットを全て占有してしまいます。
その為、本サポートスキル有する盾(黒猫シールド等)を保有している場合は、サポートスロット側での利用が望ましいです。
もしもサポートスキルを有する盾を保持していない場合、騎士サポートスロットを全て利用する事が必要になります。
魔典グリモワール(+15%) 状態異常増幅★2×4 麻痺効果付加★2×5 状態異常確率★2×1 10 主装備となる盾を★6盾に変更した内容になり、クリティカル発生率をアップさせる事もできる攻防両面での能力上昇を図ることができます。
グリモワールは★6のアイテムではありますが、総盾際等のイベントでは比較的入手難易度が低く、過去にイベントの報酬で配布された事もある為、現在はそこまで困難な構成ではありません。
無し 状態異常増幅★2×5 麻痺効果付加★2×5 状態異常確率★2×3 13 全てをサポートスロットで構成する方法となる為、盾のサポートスキルが必須になります。サポートスキルで該当のスキルを有する盾は限定的、かつ入手が困難(★4の黒猫シールドも騎士の装備としてのみ入手可能)な為、現実的にはかなり構成が難しい内容となります。
怪盾ダーティ(+25%) 状態異常増幅★2×4 麻痺効果付加★2×5 無し 9 ドロップアイテムのみで構成され、本スキル実現構成の中ではサポートスロットも比較的余裕の出る構成になります。但し、怪盾ダーティは★4盾の為、防御力が圧倒的に低くなり、サポートスロットも4つまでしか拡張されません。
その為、総合的な攻撃力・防御力は大きく下がるため、状態異常付与に特化する事が許容できる場合のみ構成できます。

スキルゲージ回復

昨今のスキルの多様化により、スキルを早期に利用できる事で有利に戦いを進める事ができる様になりました。アリーナであれば開幕で高位の攻撃スキルを発動する事で、数秒で戦いを終了させる事や、降臨イベントにおいて敵に攻撃を開始させる前に一撃で敵を倒す事も不可能ではありません。その為、いかにスキルゲージを確保する事ができるか?が非常に重要な要素となります。スキルゲージに関する能力は、ステージ開幕時にゲージ量を増幅させる[スキルゲージ回復]系の能力と、敵への攻撃時に増加するスキルゲージの増加量を増やす[スキルゲージ増加量加速]の2系統の能力がありますが、ここでは[スキルゲージ回復]について記述します。

  • スキルゲージ回復100%
スキルゲージを開幕で満タンにする事で、ステージ開始時より全てのスキルを利用する事ができるようにする構成です。ステージ最初より最高位攻撃スキルを利用する、スキルレベル1の攻撃力増強スキルを利用した上で、スキルレベル3の高位攻撃スキルを利用する、スキルレベル1の防御スキルを利用し敵の防御無視攻撃を防止する等、多様な戦い方に必要となる構成です。現段階では、スキル回復のサポートスキルは騎士と高位の盾にのみ実装されている為、実質はリーダースキル・盾スキルを軸に、不足分を騎士サポートスキルで補う形となります。
尚、本能力を実現する騎士について、多くの場合攻撃力向上に繋がる能力が、他のリーダーと比較し劣る傾向にある為、主装備となる武器・盾(特に盾)及びサポートスキルでの攻撃力上昇の為の構成検討が課題となります。

主装備 サポートスロット
(騎士)
サポートスロット
(武器)
サポートスロット
(盾)
利用サポートスロット数 備考
魔導銃ブレイザー 無し 無し 無し 0 現在単一武器・盾でスキルゲージを100%回復が可能な唯一のアイテムとなります。サポートスロットの利用が全く無い事、騎士に依存せずスキルを発動できる事から、後世の自由度が高い理想の構成の1つとなります。
聖護神ユーミル 無し 無し 無し 0 現在騎士のみでスキルゲージを100%回復が可能な唯一のアイテムとなります。サポートスロットの利用が全く無く、非常に強力な構成である事は魔導銃での構成と同じですが、パーティ能力を大きく向上させるリーダースキルの一つが本能力に利用されており、攻撃面での強化が課題となる構成です。
氷の白魔女キャスパ
雷の黒魔女カパリュ
スキルの加護★3×2 無し 無し 2 スキルゲージ回復量が80%となっており、更にスキル攻撃力も4.5倍となる事から、ステージ開幕で高位攻撃スキルを利用し、敵を撃破する事が可能な超攻撃型の構成となります。
祖精霊術士モル スキルの加護★3×3
スキルの加護★1
無し 無し 4 モルはスキルゲージ回復に加え、体力の自動回復スキルを有しており、ガーディアンが持つ固有能力も相まって、防御・回復スキルを主体とした戦いに有効です。
天祈王ヒミコ スキルの加護★3×3
スキルの加護★1
無し 無し 4 ヒミコはスキルゲージ回復に加え、スキルゲージ加速の能力も保持している唯一の騎士となります。初動にてスキルゲージを消費した後も速やかにスキルを利用する事が可能な為、スキルを多用した戦いを行う事ができる構成です。