※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

数値関数

  • 計算を代行する関数です



ABS

  • <計算>
  • 絶対値を取得する
  • 絶対値とは±ではなく+(正)の数だけのこと

ABS(p1)

返り値 = 数値
p1 = 数値(int,float)


A = -120
B = ABS(A)



ACOS

  • <計算>
  • 指定値のアークコサインを計算し、角度を返す

ACOS(p1)

返り値 = 数値(float)
p1 = 数値(float)


A# = COS(180)
B# = ACOS(A#)



ASIN

  • <計算>
  • 指定値のアークサインを計算し、角度を返す

ASIN(p1)

返り値 = 数値(float)
p1 = 数値(float)


A# = SIN(180)
B# = ASIN(A#)



ASIN

  • <計算>
  • 指定値のアークタンジェントを計算し、角度を返す

ATAN(p1)

返り値 = 数値(float)
p1 = 数値(float)


A# = SIN(180)
B# = ATAN(A#)



ATOI

  • <計算>
  • 文字列を整数値に変換する

ATOI(p1)

返り値 = 数値(int)
p1 = 数値(char)

<p1について>
char(文字列)を数値にする時に注意する点
符号:+,-
数値:1個以上の整数
守ること


A = ATOI( "-305" )



ATOF

  • <計算>
  • 文字列を固定小数点値に変換する

ATOF(p1)

返り値 = 数値(float)
p1 = 数値(char)

<p1について>
char(文字列)を数値にする時に注意する点
符号:+,-
数値:1個以上の小数,小数点を必ずつける
守ること


A# = ATOF( "-245.245" )



COS

  • <計算>
  • 三角関数のコサイン値を取得する

COS(p1)

返り値 = 数値(float)
p1 = 数値(float)


A# = 180
B# = COS( A# )



EXP

  • <計算>
  • 自然対数の底“e”の n乗を取得する

EXP(p1)

返り値 = 数値(float)
p1 = 数値(float)


A# = 4
B# = EXP( A# )



LOG

  • <計算>
  • 数値 n の自然対数を取得する

LOG(p1)

返り値 = 数値(float)
p1 = 数値(float)


A# = 4
B# = LOG( A# )



LOG10

  • <計算>
  • 数値 n の常用対数を取得する

LOG10(p1)

返り値 = 数値(float)
p1 = 数値(float)


A# = 4
B# = LOG10( A# )



MAX

  • <計算>
  • 2つの数値を比較して大きい方の数値を取得する

MAX(p1)

返り値 = 数値(int,float)
p1 = 数値(int,float)


A = 4
B = 100
C = MAX( A , B )



MIN

  • <計算>
  • 2つの数値を比較して小さい方の数値を取得する

MIN(p1)

返り値 = 数値(int,float)
p1 = 数値(int,float)


A = 4
B = 100
C = MIN( A , B )



POW

  • <計算>
  • 数値 n の m 乗を取得する

POW(p1)

返り値 = 数値(float)
p1 = 数値(float)


A# = 4
B# = POW( A# , 20 )



RANDRESET

  • <計算>
  • 疑似乱数の初期値を設定する

RANDRESET(p1)

p1 = 数値(int)


RANDRESET()
A = RAND()



RAND

  • <計算>
  • 0~32767 間の似乱数を返します

RAND()

返り値 = 数値(int)


RN = RAND( )



SGN

  • <計算>
  • 数値 n の符号を取得する

SGN(p1)

返り値 = 数値(int,float)
p1 = 数値(int,float)


A = 4
B = SGN( A )



SIN

  • <計算>
  • 三角関数のサイン値を取得する

SIN(p1)

返り値 = 数値(float)
p1 = 数値(float)


A# = 180
B# = SIN( A# )



SQRT

  • <計算>
  • 数値 n の平方根を取得する

SQRT(p1)

返り値 = 数値(int)
p1 = 数値(int)


A = 4
B = SQRT( A )



TAN

  • <計算>
  • 三角関数のタンジェント値を取得する

TAN(p1)

返り値 = 数値(float)
p1 = 数値(float)


A# = 180
B# = TAN( A# )






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー