※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

メモリ関数

  • メモリ操作を代行する関数です



REDIM

  • <メモリ>
  • 動的に配列を確保する

REDIM(p1)

返り値 = 数値(int)
p1 = 数値(int)


D = REDIM( 10 )



REDIMFREE

  • <メモリ>
  • REDIM 関数で、動的に確保した配列を解放する

REDIM(p1)

p1 = 変数名(var)


REDIMFREE( D )



LSET

  • <文字コード>
  • 文字列変数内の文字列の長さを変更する

LSET(p1)

返り値 = 文字列(char)
p1 = 変数名(var)
p2 = 数値(int) - 変換する長さ


WORD$ = "HELLO,WORLD"
WROD$ = LSET( WORD$ , 32 )






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー