そこぬけ

配信名 いろいろ
ジャンル 天鳳・ゲーム(エロゲなど)・大喜利・ウェブカメラ
性別・年齢 男・20代前半・社会人
マイク
配信者ページ そこぬけ

ただいま - 人がはりきるっつぅか、求められたらやっちゃうんだよ。

石見の牛鬼

そこぬけとは

つい数ヶ月前までは、「リア充」という言葉の意味がわからないほどの、リアルの覇王ぶりでネットにも疎かった普通の大学生。

とあるきっかけからLivetubeの存在を知り確変する。『そこぬけ』という垢で颯爽とLivetubeにデビューし、いきなりテスト配信をしてみせる。

しかし、配信用のサムネ(ビートルズの『アビイ・ロード』)が、有名配信者のげの字さんと図らずもモロかぶりするという事件が発生。げの字本人が登場するほどの荒れ模様となる。コメント欄は「釣りか」「誰だよお前」とさんざんな結果に。これに意気消沈したそこぬけは、もう配信なんてしないと誓った。「自分の声を客観的に聞くと落ち込む」ことも一因とか。

その後そこぬけはコテリスナーとして他の配信者たちに積極的に凸し、独特のセンスでコメントして頭角をあらわす。よく視るのは主に麻雀配信らしいが、名無しも含めてまんべんなく潜伏しているということだ。

彼が本当の意味でその名を知られたのは、士はサムライさんの麻雀・エロゲ配信内においてである。サムライの初期配信からの常連として活躍。風俗話や彼女話で意気投合するなど、最終的には士をして「私の配信はそこぬけさんとセットのようなもの」と言わしめるまでに。サムライ配信を通じてネットスラングを理解、使いこなせるようにもなる。

またサムライとはサシでオフ会を開くほどの親密さに発展。リアルでもお互い「相性」がよかったらしく……。凸することでたくさんの配信者さん、リスナーさんと交流を深める。同時に、オフ会にも積極的に参加しており多くの配信者たちの素顔を知る男。

そんなこんなで最近では、禁断としていた配信を再開する。培ってきたコメントセンスやスカイプ凸経験などが大きな自信となったのである。ジャンルは主に天鳳麻雀配信。やたらと配信タイトルが長いという傾向がある(例:「動け、動け、動け…今動かなきゃなんにもならないんだ… だから… 動いてよ!! 要するに再起動 そこぬけ暴走モード突入配信」)。配信が落ちやすいのはデフォであり、たてなおしがよくある。

とこうして、Livetube界隈にて一部その名を知られる存在にはなったわけである。

本人曰く、「私は他の方のかげでひっそりとやりますんで、物好きな方だけ聞いてください。麻雀が特別上手いわけではないので、それは期待しないで。特徴としては下ネタが大歓迎ってぐらいでございます」

そこぬけプロファイル(編集求ム!!)

+ 第一次中間報告(2008.8月?~2009.3月)
  • 引退とかなかった。第二期“堕星(惰性)篇”の始まり!
  • 【復活までの道】そこぬけ自身が引退1年後のインタビューにおいて「配信できないフラストレーション」について言及。大喜利配信に参加したい旨がマネージャーを通じて告げられる。四方八方に画策した結果、元そこぬけヘビーリスナーのメッカム氏の大喜利配信にスカイプ参加することで当初の目的を達成する。ゆえにメッカムタッグ配信時代(計4回)を含めて、第2部のはじまりとする見方もある。その後、引退の一因であった劣悪なネット環境が案外そうでもないことが分かる。やる気の戻ったそこぬけは単独配信を決行し、不死鳥のごとく復活を遂げたというわけである。以降の珍道中はご存知の通り
  • 水木しげる 妖怪フィギュア2「石見の牛鬼」価格: ¥31,500(受注生産・限定10体)を買おうか本気で悩んでいる
  • 配信では恥ずかしいタイトルコールやBGM(懐メロ中心)を積極的に募集している
  • そこぬけ、蚊に勝利(2010/05/23)
  • 【牛鬼続報】母親に購入宣言→母「気でもふれたか」→そ「情熱は止められない! だって好きなんだもん」

オオギリ!オオギリ!オオギリ!

  • そこぬけ&モダン焼きによる大喜利ライブが毎週土曜夜~深夜にかけてレギュラー配信中!(現在は休止中)
  • 大喜利七人の侍、結成。そこぬけ(自称菊千代)すべり込み加入で引退撤回
  • yhvh(ヤハウェ)くん、スカイプで配信初登場! 裏千家の彼女やラブプラストークで大はしゃぎ(2010/06/26)
  • 総得点ビリの罰ゲームで唯一神、二度目の配信捕囚。感じの悪い配信者にもめげず東方紳士ぶりを発揮。開放後のコメ欄での大豹変は一見の価値あり。「やはうえさん」の愛称も(2010/07/03)
  • モダン不在のためスカイプ対談(2010/07/17) ホンダラ(せがまれたら断れない) → 唯一神(相変わらず住む時限が異なる) → クソぶっかけろ(初登場だが、わけあってヒソヒソ話) → ねこだいすけ(寝坊につき即刻尋問を開始、どうやら寝ぼけていたようだが確実に罪悪感を植えつける)
  • 裏千家との間に変な一線を引いている朴念仁ことyhvhから、スカイプで「じわじわ来る鬼願望なタイトル *1 」のエロゲを推薦されモダンと二人で困惑する。

+ sぬけの勝手に大喜利レース下馬評(2010/06/18配信終了時)

■Sokonuke Ball Run!

21世紀初頭に行われた、1時間にわたる過酷な大喜利タイマンレース。それが「Sokonuke Ball Run(通称・SBR)」である。
ルール
  • 1時間ぶっ続けで大喜利を行い、総得票数がもっとも多い参加者を優勝とする
  • 最終ラウンドの得票は2倍換算とする
  • 前回のラウンドで1位を取った場合、次回のラウンドは投稿できなくなるため無条件3ポイントとする
  • 最終ラウンド終了後、主催者判断で追加ラウンド(通称・泣きの1回)が認められる。

+ 2010/06/13『Sokonuke Ball Run!(1時間耐久タイマン大喜利レース)開幕戦』結果発表
+ 2010/06/18『SBR 2nd.』結果発表
+ 2010/06/26『SBR 3rd.』結果発表
+ 2010/07/10『SBR 4th.』結果発表
+ 2010/07/18『SBR 5th. ~頂上決戦~』結果発表
+ 2010/07/25『番外編・赤坂五丁目大喜利マラソン』結果発表

■大喜利団体バトル!

複数の参加者が2チームに分かれて争うチームバトル。主催者そこぬけ曰く、SBRとは区別される。
ルール
  • SBR同様、1時間ぶっ続けで大喜利を行い、チーム全員の総得票数がもっとも多いチームを優勝とする
  • その他基本ルールはSBRに準じる

+ 2010/06/26『そこぬけ vs 唯一神』結果発表
+ 2010/07/03『団体戦2』一時間一本勝負

※どなたか存じ上げませんが、wikiを編集してくださってる方へ
 ありがとうございます。そしてありがとうございます。
 いっそう楽しんでいただけるような配信にしていきたいです。でも感じ悪いけど。。(配信者一同より)
 ちなみに遺憾系のブログhttp://ameblo.jp/sokonuke93/

主のステータス

喋り B
下ネタ風俗 A
社交性 S
匿名性 D
麻雀 B+
大喜利センス C
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。