らいつべGROページ


GRO(ギャロップレーサーオンライン)です
参加方法

http://main.gallopracer.net/
からクライアントインスコ
インスコに時間かかるけど気長に待つ
+低スペ用
まず設定でエフェクト影などを切る
下のをDLしてbinを入れ替える
http://www1.axfc.net/uploader/He/so/191320
パス:こなた

キャラ作成したらライセンスでディープで勝利後フリーに参戦
CHはエクリプスです
お勧めはマウス操作よりキーボード操作

+オリホ
http://main.gallopracer.net/pasture/index.asp
こちらでログインし購入で0LCが出るまでひたすら粘る(10馬まで)

戦術


+逃げ
やや難しい脚質必ずCOM戦で練習しよう
最初の300mはメーターを緑にしても良いから先頭or離れた2番手へ それより後ろは緑
掛かったら直るまでペースダウンは× スピードアップ→ダウンの間隔が速いと掛かりやすい
またスピードダウンの間隔が早くても掛かる。気性の悪い馬程間隔を空けること

道中の「この馬にとってはペースが~」コメントは重要。「飛ばしすぎ~」だとゴール前で逆噴射必至
コース一覧で高低差を必ず頭に入れること。下り坂やコーナー、他馬に煽られてスピードアップしたら× 初心者が陥りやすい罠

粘りこむ
ラップタイムと残り距離、メーターと常に睨めっこ
残り350m前後で黄色ゲージ突入 残り130m前後で赤ゲージに突入が丁度良い。調整のためのおさえを忘れずに
ハイペース○や大逃げ、単騎逃げを発動させるための無謀なペースアップは、自殺行為なので×
逆噴射したら、何もしないこと。斜行はご法度 マナー違反
COM戦でツインターボ、アドマイヤメインを使って練習しよう
サイレンススズカは別格のため、この馬で出来たことを他の逃げ馬で望んでは駄目

溜め逃げ戦法(二の足、ペースダウン、二枚腰アビリティ発動狙い)
道中は徐々にペースダウンを狙っていく 2番手の馬が先行だと抜かれる心配は無い(自由自在は除く)
一気にペース下げるのは×
「丁度いい」と言われたら、残り500mから追い出せるかも
テイクオーバーターゲット、アジュディミツオー、オースミダイドウで練習しよう
+先行
上級者向け。一番難しい脚質
レース前に出走馬リストを見て、逃げ先行馬が多いのか、差し追い込み馬が多いのかチェックすること
逃げ先行馬が少なかったら、ポジション争いをしなくても良いので、ペースをどんどん落として有利にする。
差し追い込み馬を後ろに追いやることで、溜め殺しをさせる。
逃げ先行馬が多かったら、ポジション争いが激しく、ペースを上げなければいけないので不利になる。
最初の300mで、18頭立てなら2~9番手へつけること。それ以外は緑になる
良いポジションについたら、青へ戻す。
前を追いかけすぎればすぎるほど、差し・追い込みが有利になる。
道中はどれだけスローに落とせるかが重要。

道中の「この馬にとってはペースが~」コメントは見逃さないこと
コース一覧で、コース毎の高低差を頭に入れること。
大逃げされた場合、アビを発動させないために、ある程度追いかけて行く必要がある
無謀なペースの時は、自滅を待つ


残り500mで手応えゲージ4-5時位、残り400mで手応えゲージ1-2時位、残り300mで手応えゲージ12時前後、残り200mで手応えゲージ11-10時位が追い出す目安(馬や距離によってタイミングは前後する)

直線抜け出し戦法(瞬間の反応・一瞬の切れ・接戦○アビリティ狙い)
一瞬の切れが出ないならアビリティ一覧のスピード系を参照すること
「若干スロー~丁度いい」と言われたらこの戦法=先行はこの作戦が基本
残り500-300mから追い出すと丁度いい
仕掛け所が来る前に馬が掛かり気味になる(赤になる)が、抑えた方が鋭く伸びる。

まくり戦法(大まくり、4角先頭、ど根性アビリティ発動狙い)
大まくり狙いなら、アビリティ一覧の根性系を参照すること
「抑えすぎ~」と言われたら使う
残り700-600m位から追い出す。これでゴールまでもつ。
「4角先頭」狙いならば「丁度いい」でも狙ってもよい。
ゴールまで追えないので、追うのを止めるタイミングを計る必要がある。馬の自発的なスピードダウンが目安
気性が良い馬なら、自発的なスピードダウンを待たずに、抑えてしまった方が良い
大逃げをした馬を捕まえる時に使用するとよい
有馬記念などでのライスシャワーで練習可能

粘りこむ場合
逃げを参照
「飛ばしすぎ~若干ハイペース」と言われたらこの作戦を取らざるを得ない
残り800mからは順位を気にせず抑えてスピードを落とすべき
馬を興奮させない。赤にしないこと=中途半端なスピードアップをしない
勝利よりも着順を拾うことに集中すること
+
初心者はこの脚質からマスターしよう一番易しい脚質
最初の300mは、18頭立てだと10番手~17番手につける。それ以外のポジションでは緑になる
一番後ろに下がってしまうと、自分以外にも追い込み馬の迷惑・不利となるので、それは絶対に止めること

前がペースを上げたら、自分も青を維持したまま上がっていくと勝ちやすい
アドバイスで追い出すタイミングを変える。「丁度いい~」で500m。「おさえすぎ~」で700mが目安
単走状態より併走状態から追い出した方がスピードを上げやすいので○(ただし闘争心が自分の馬のほうが勝っている場合)

一瞬の切れ・瞬間の反応狙いなら、アビリティ一覧のスピード系を参照すること

大まくり狙いなら、アビリティ一覧の根性系を参照すること

直一気が出ない人は、アビリティ一覧の爆発系を参照すること
+追い込み
青を維持しようと下げまくったり、放置馬がいたりと不遇の脚質
最初の300mで、最後方or最後方の2馬身手前につける。それ以外は緑になってしまう
後ろに下がれば下がる程、自分や自分以外の追い込み馬が不利になる
道中で青を維持しない限り勝負すら出来ない

残り700-1000mから差し・追い込み馬と併走しながら一気に徐々にペースアップ
カメラアングルをLOWにすると追いやすくなる

大まくり狙いなら、アビリティ一覧の根性系を参照すること
ジャパンカップのエアシャカールで練習可能
先頭が非常に近い状況なら狙ってもよい

殿一気が出ない人は、アビリティ一覧の爆発系を参照すること
天皇賞秋のシルクジャスティスで練習可能
ミドル~ハイペースならこの戦法が基本

逆噴射したら、何もしないこと。斜行はご法度 マナー違反

最後までスタミナ持たないなら直線でも青に戻す
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。