あいどる

基本情報                                      
配信名 あいどる配信
|ジャンル|ものまね・アラド・エロゲ|ドラゴンネスト
性別・年齢 男・22
マイク あり
配信時間帯 未定
配信者マスタリー 51chの奴等を足で倒す
配信者ページ http://livetube.cc/あいどる
skypeID/WLMID syakahimetan/******

あなたは - 人目の愛㌦であり現在 - 人がしましまにーそをはいています。


趣味

女性が落ち込んでるのに、ソレをネタに悪乗りしてさらに落ち込ませる
壷割り
他のBM配信者を見下して笑う。
○コニ○動画を見て独り寂しく笑う。
自分が言ったことを守らずバックレて、ざまぁとつぶやきながら寝る。
メイジのアバターシュミレーターで、自分が買えない分のアバターを着せ替え楽しむ。
メイジのアバターシュミレーターで、角度を変えたりして自分の中で至高を見つけ出す。

性格

「変態あいどる」「イカ臭い」は彼にとっては褒め言葉にあたる。
ヘルで青字が出た時の「m9」も褒め言葉に捕らえてしまう
結構メンタル弱い
相手が女性とわかると猫を被る
日本一のドM
決闘中に抜いてイカ臭くする
鳥取をディスるとキレる。
※削除されたよ。

経歴

過去にヘル配信をして、誰も「m9」をせず、あまり盛り上がらなかった為
1人で頑張って盛り上げた経歴をもつ。
クロニクル槍を配信中で12成功させ、配信中に13挑戦するが壊れる(盛り上がらなかった)
㌦君御用達 RMT「ともだち」を今後ともご贔屓におねがいします
過去に大理石→大量壷に変えてゲイルを出したことから壷にハマる。それ以後「壷職人」と呼ばれるようになる。
彼が過去に割った壷は500個を越える(すべて大理石からなる壷)
3日間の配信で壷・ヘル配信を行い、40m→3mまで減らす程の実力。→配信者に「やりすぎ」だととガチで引かれる。
女性配信者に対して「えっ?男でしょ?男じゃないの」と失礼発言をする。
女性配信者に対して「俺も見に行くからまた見に来てね」と餌を振りまきごまかそうとする。
他のBMより自分のほうが上手いと言語道断して墓穴を深める。
他配信でKYな行動をする。
1度見下した他BMに対し、「自分の塔はそんな早くないですよ^^ニコニコ」と庇護しリカバリーしたつもりが、心の底では見下す。
ビル凸地雷お断りというが、自分自身が地雷ということをプレイで暴露する。
配信中ブラスター()笑と言い放ちアラドの全ブラスターをdisる。
春日の声に似ているスカ友募集といっているが、本当は女のスカ友募集している。現に男はコンタクト送っても拒否された。
某配信者の緑コテの集会に参加し、全員に叩かれ泣きながら寝た。
某配信者の緑コテに喧嘩を売り55chに呼び出し、本人は寝バックレ。その後3人は朝までバックレられたことに気づかず55chで愛㌦を待ち続ける。
建て直しでテンプレをコピペしたが、「どうも、あいどるです」の『ど』が抜け、「うも、あいどるです」になる。
テラブレを長きに渡って取り、強化するが20m弱使って強化するも10にならず、挙句の果てに強化中にキリと強化機の間に落とし、捨ててしまう。
ネットカフェの個室にてオナニーをしたことの自白。さすが、みんなの愛㌦。することが違う。
ショートカットの女の子が好みらしい。ちなみに足フェチ。
創価学会員、そんなに染まってない良い子。少しホモっ毛あり。同じ創価の篠崎と仲が良い



名言

「みきみきですっ!どるどるですっ!二人合わせてみきどるですっ!」
「引退していった人達のために壷を割るんだ」
「CCはガチなんだってば」
「まぁちゃんじゃねえよwwwwwwwwwwww」
「俺PSないからな()見下し笑」
「10月13日で僕も大人の階段を昇ります」
「下ネタの塊と言ってもカゴンではない」
300個割り配信後「俺配信後一人で反省会したからね(キリッ」
「アイ(目)のつづりは「exi」だろーwww」
(陸上部の女子の足を見て) 「ハァァァァァァァァァン!!!!」
(鳥取のシャンシャン祭り) 「シャーンwwwシャーンwwwシャーンwwwソーレwww」
「学校行く前にうんこ飲んで」
「シャンシャン祭りは3時間踊りっぱなしやで? なめんなや?」
(なんでネカフェでオナニーやろうとしたん?)に対して「我慢できなかった」
万里さんとチョメチョメしたい
EEDエロゲダウンロードすんなや       




PCスペック
Core 2 Duo E8400 (3.00GHz)
2.00GB RAM
GeForce8400 GS 512MB
USB Multi-Channel Audio Device
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。