「Ver3/ソル=バッドガイ」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

Ver3/ソル=バッドガイ - (2015/11/06 (金) 11:43:34) の1つ前との変更点

追加された行は青色になります

削除された行は赤色になります。

+ ソル=バッドガイ (ST)
+:基本情報|
+|BGCOLOR(#FFD9B3):名前|ソル=バットガイ|
+|BGCOLOR(#FFD9B3):種族|人獣|
+|BGCOLOR(#FFD9B3):ジョブ|アタッカー|
+|BGCOLOR(#FFD9B3):召喚コスト|60|
+|BGCOLOR(#FFD9B3):<タイプ>|狂戦士|
+|BGCOLOR(#FFD9B3):タイプ|ギルティギア|
+|BGCOLOR(#FFD9B3):HP|550|
+|BGCOLOR(#FFD9B3):ATK|70|
+|BGCOLOR(#FFD9B3):DEF|100|
+|BGCOLOR(#FFD9B3):覚醒|可|
+|BGCOLOR(#FFD9B3):超覚醒|可|
+|BGCOLOR(#FFD9B3):アーツ|有|
+|BGCOLOR(#FFD9B3):CV|中田 譲治|
+&br()
+|>|BGCOLOR(#FFD9B3):アビリティ|
+|BGCOLOR(#86CC40):CENTER:召喚|なし|
+|BGCOLOR(#FFDC50):CENTER:覚醒|なし|
+|BGCOLOR(#FF8383):CENTER:超覚醒|&link_anchor(page=アビリティ詳細/あ行,アローンアップA){アローンアップA}|
+|~|周囲に自ユニットが1体もいないとき、ATKが上昇する。|
+|>|BGCOLOR(#FFD9B3):|
+|BGCOLOR(#FFD9B3):アーツ|ドラゴンインストール|
+|~|自身のATKが50上がり、移動速度が30%上がる。&br()ただし40秒後にDEFが100下がり、移動速度が50%下がるペナルティを受ける。&br()これらの効果は帰還または駐留するまで持続する。|
+|BGCOLOR(#FFD9B3):消費マナ|30|
+|BGCOLOR(#FFD9B3):効果時間|40秒→自身がタワー駐留/ゲート帰還/死滅するまで|
+|BGCOLOR(#FFD9B3):wait時間|40秒|
 
+:ステータス|
+|BGCOLOR(#FFD9B3):状態|BGCOLOR(#FFD9B3):HP|BGCOLOR(#FFD9B3):ATK/DEF|
+|BGCOLOR(#86CC40):CENTER:召喚|550|70/100|
+|BGCOLOR(#FFDC50):CENTER:覚醒|600|100/130|
+|BGCOLOR(#FF8383):CENTER:超覚醒|650|170/200〔通常時〕&br()260/200〔アビリティ発動中〕&br()220/200〔アーツ発動中〕&br()310/200〔アビリティ、アーツ同時発動中〕|
+
+:DATA・フレーバーテキスト|
+#region(close,Ver3.1)
+|BGCOLOR(#FFD9B3):Ver3.1|
+|&image(1-009.png)|
+|BGCOLOR(#FFD9B3):身長|1.84[meter]|「覚悟は出来てんのか?」&br()無骨で面倒くさがり屋。その性格は繰り出す攻撃が荒削りながらも一撃必殺である所に現れている。&br()過去に生体兵器「ギア」として肉体を改造されており、ケタ外れの戦闘力を持っている。&br()炎の法術を得意とし、現在は自身をギアに改造した男に復讐するために&br()賞金稼ぎをしながら世界中を旅している。|
+|BGCOLOR(#FFD9B3):体重|74[kg]|~|
+|BGCOLOR(#FFD9B3):出身地|アメリカ|~|
+|BGCOLOR(#FFD9B3):趣味|QUEENを聞くこと|~|
+|BGCOLOR(#FFD9B3):嫌いなもの|努力、がんばること|~|
+|BGCOLOR(#FFD9B3):所属|自由な賞金稼ぎ|~|
+|BGCOLOR(#FFD9B3):イラストレーター|ARC SYSTEM WORKS|~|
+#endregion
+
+:考察|
+ATK/SPD増強アーツとアローンアップAにより、ワントップ運用に特化したアタッカー。
+アーツは30マナでATK上昇に加えて高速化までなされる強力なものだが、一定時間後のデメリットがあるのでそれまでに帰還が必要。
+ペナルティは速度低下とDEF-100と非常に大きく、ここを狙われるとすぐに落ちる。
+その上から直ちにアーツが打てるが、ペナルティ分が減算されたままで且つ硬直もある(ペナルティが多重に乗ることは無い)。 
+&br()
+出撃してアーツを打ってその間に他の一部部隊で30マナを確保し、帰ってきたらまた出撃してアーツ、といった動きが基本。
+さらにパーシヴァルと重ねてアーツを使う事でほとんどのディフェンダーにも捕まらないほどの超速で破格のATK310を振り回せる。
+○△デッキ相手の一乙性能はとても高く、突撃・撤退・追撃のすべてをこなせるので、相手は振り回される事を余儀なくされる。
+DEF自体は平均的なので、敵多数に対応されたときのHPの減り方は少なくない。死滅の危険はついて回る。
+マナやwaitでアーツを打てない内は間が空くような感じになってしまうが、アローンでATK260は確保されているので積極的に動ける。
+&br()
+他部隊で石割りなどを続けつつマナもマナモンなどで補給しつつの運用となるので忙しいカードだが、
+時にはマジシャン以外にも通るほどの打点を出せるためトップとして見ても遜色はない。
+海種や魔種へのキラー性能が高い分、マッチングでそれらが少ない時の別の選択肢も用意しておきたい。
+
+:キャラクター説明|
+コラボレーション〔GUILTY GEAR Xrd -SIGN-〕より参戦。
+「ギア」と呼ばれる兵器生命体に改造され不老となった男。自身を改造し、世界中に「ギア」をバラまいた「あの男」と呼ばれる人物を殺すため旅を続けている。
+こんなナリからは予想できないだろうが、実は元研究者だったりする。
+アーツの元ネタは原作で使用していた覚醒必殺技(いわゆるゲージ使用技)。「一定時間強化されるが、効果が切れるとパワーダウン(ゲージが全てなくなる)」というものでほぼ再現されている。
+ドラゴンインストールは原作Xrdでは使用時に自身のGEARとしての本来の姿である竜人の姿へと変身する演出が入るが、Lov3では赤く点滅する「XX」の仕様が再現されている。3.2以降、超覚醒で姿が変わる使い魔が登場しているため、登場が少し遅ければ再現されていたのかもしれない。
+
+:関連カード|
+
+----
+ コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
+#comment_num2(size=85,vsize=3,nsize=30,num=20)