「海種 ver1.1」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

海種 ver1.1 - (2009/06/01 (月) 08:48:41) の最新版との変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *◆海種 ver.1.1
 #ref(http://www30.atwiki.jp/lord_of_vermilion/?plugin=ref&serial=50) 
->[[超獣]] [[ver.1.1>超獣 ver1.1]] [[ver.1.2>超獣 ver1.2]] [[ver.1.3>超獣 ver1.3]] / [[亜人]] [[ver.1.1>亜人 ver1.1]] [[ver.1.2>亜人 ver1.2]] [[ver.1.3>亜人 ver1.3]] / [[神族]] [[ver.1.1>神族 ver1.1]] [[ver.1.2>神族 ver1.2]] [[ver.1.3>神族 ver1.3]] / [[魔種]] [[ver.1.1>魔種 ver1.1]] [[ver.1.2>魔種 ver1.2]] [[ver.1.3>魔種 ver1.3]] / [[海種]] [[ver.1.1>海種 ver1.1]] [[ver.1.2>海種 ver1.2]] [[ver.1.3>海種 ver1.3]] / [[機甲]] [[ver.1.1>機甲 ver1.1]] [[ver.1.2>機甲 ver1.2]] [[ver.1.3>機甲 ver1.3]] / [[不死]] [[ver.1.1>不死 ver.1.1]] [[ver.1.2>不死 ver1.2]] [[ver.1.3>不死 ver1.3]]
+>[[超獣]] [[ver.1.1>超獣 ver1.1]] [[ver.1.2>超獣 ver1.2]] [[ver.1.3>超獣 ver1.3]] [[ver.1.4>超獣 ver1.4]] / [[亜人]] [[ver.1.1>亜人 ver1.1]] [[ver.1.2>亜人 ver1.2]] [[ver.1.3>亜人 ver1.3]] [[ver.1.4>亜人 ver1.4]] / [[神族]] [[ver.1.1>神族 ver1.1]] [[ver.1.2>神族 ver1.2]] [[ver.1.3>神族 ver1.3]] [[ver.1.4>神族 ver1.4]] / [[魔種]] [[ver.1.1>魔種 ver1.1]] [[ver.1.2>魔種 ver1.2]] [[ver.1.3>魔種 ver1.3]] [[ver.1.4>魔種 ver1.4]] / [[海種]] [[ver.1.1>海種 ver1.1]] [[ver.1.2>海種 ver1.2]] [[ver.1.3>海種 ver1.3]] [[ver.1.4>海種 ver1.4]] / [[機甲]] [[ver.1.1>機甲 ver1.1]] [[ver.1.2>機甲 ver1.2]] [[ver.1.3>機甲 ver1.3]] [[ver.1.4>機甲 ver1.4]] / [[不死]] [[ver.1.1>不死 ver.1.1]] [[ver.1.2>不死 ver1.2]] [[ver.1.3>不死 ver1.3]] [[ver.1.4>不死 ver1.4]]
 
 -&link_anchor(ポセイドン){ポセイドン}
 -&link_anchor(テティス){テティス}
 -&link_anchor(オケアノス){オケアノス}
 -&link_anchor(水虎){水虎}
 -&link_anchor(アリオーシュ){アリオーシュ}
 -&link_anchor(シー・サーペント){シー・サーペント}
 ----
 //data編集用 コピペして使ってください//
 //全長: ???[meter] 体重: ???[t] 生息域: ??? 平均寿命: ??? 最高速度: ??? [km/h] [m/s] 捕食対象: ??? 目的: ??? 趣味: ??? 好物: ???  //
 &aname(ポセイドン,option=nolink){}
  ポセイドン (SR)
 |BGCOLOR(#FFD9B3):No|131|BGCOLOR(#FFD9B3):名前|ポセイドン|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):コスト|20|BGCOLOR(#FFD9B3):種族|海種|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):HP|440|BGCOLOR(#FFD9B3):ATK|50|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):DEF|40|BGCOLOR(#FFD9B3):移動速度|2|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):攻撃対象|複数|BGCOLOR(#FFD9B3):攻撃属性|光|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):弱点属性|雷|BGCOLOR(#FFD9B3):スキル|サーチ|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):特殊技|復活の泉|BGCOLOR(#FFD9B3):分類|特殊|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):特殊技効果|>|>|味方の復活時間を減らす。|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):効果範囲|>|>||
 |BGCOLOR(#FFD9B3):イラストレータ|>|>|[[皆葉 英夫]]|
-
 DATA
 |BGCOLOR(#FFD9B3):全長|1.8~500[meter]|其は海の王なり 波間に燃ゆるまなこを見よ&br()其は海の神なり 海底にゆらめく鱗を見よ&br()其は海の怒りなり 手にする三叉の矛を見よ&br()いつかお前を刺し貫く 鋭い三叉の矛を見よ&br()其はまさしく海なるぞ お前を与えお前を奪う&br()寄せては返す波の如くに&br()───アムドラスの漁師の間に伝わる唄|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):重量|その日の機嫌による|~|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):最速|250[km/h](水中)|~|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):生息域|海底の神殿|~|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):愛用品|三叉の矛|~|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):嫌いなもの|転覆|~| 
 :コメント|
-神々への離反で追加された使い魔。
-三つ又の矛を持った壮年で有名な海王神だが、LoVではなぜか女性の姿をしている。
-自身の能力は悪くはないのだが、2速の複攻と言うこともあり、運用がなかなか難しい。
-特殊が味方の復帰時間を減らすものなので、結局の所、復活させた味方がメインに扱われてしまう。
-【優雅】ポセイドンの追加や、光属性のわだつみ存在、
-さらに20コストには海種のアイドル・みずちがいるため、なかなか選ばれない。
-復活カウントは20秒短縮。アライブボーナスと併用すると効果が輝くかもしれない。
-有効な運用方を考えたら、やはり高コスト少数枚デッキの主力部隊復活要員だろう。
-そういう意味では30コスの酒呑童子よりははるかに使いやすい。
-海種の2速は不遇と言われ、あおりを喰らって評価がいまいち低いが、性能的には優秀な部類である。
-まず、攻撃力が50の光複攻である事。複攻の攻撃50は、一部の例外を除き、トップクラスの評価だと言える。
-ポセイドンだけで不死セレブに相当なメタを張る事ができる。
-2速の20コスにはトリトンもいるが、こちらも光。さらにオケアノスも光の上、シールド持ち。
-ついでに言うと海種には光弱点付加のスライム、光ピンダメ持ちのマーメイドまでいる。
-劣化神族と言われるだろうが、わだつみを絡めての、海種光単を組む事ができるのも覚えておいて欲しい。
+味方の復帰時間を減らせる(20秒短縮)特殊技をもつSRにふさわしい使い魔。
+有効な運用方を考えたら、やはり高コスト少数枚デッキの主力部隊復活要員。
+また、特殊技ゲージが貯まるまでの時間を稼ぐ事ができるのも大きい。
+※復活後は特殊技ゲージが0に戻る為
+アライブボーナスによる経験値稼ぎと併用すると効果が輝くかもしれない。
+※同じ特殊技を持つ魔種酒呑童子(コスト30)と比べて編成に入れやすいのもポイント。
+ただ、同コストに回復が出来るみずちや強力な特殊技を得た【優雅】ポセイドンの存在。
+また、海種には強力な光属性持ちが豊富。(トリトン・わだつみなど)
+そのあおりを喰らって評価はいまいち低いが、このコストで複攻の攻撃50は優秀な部類。
 リヴァイアサンやナーガと同様、今後の環境によっては大化けする可能性を秘めている。
-ちなみにオケアノスの甥(姪)でもある。
-
-ちなみに神話上ではオリンポス12神の1人で、もちろん男性神。ハーデスの弟でゼウスの兄。
+:余談|
+神話上ではオリンポス12神の一柱で、三つ又の矛を持った壮年の男性神。ハーデスの弟でゼウスの兄。オケアノスの甥(姪)でもある。
 妃のアンピトリーテーとの間には、トリトン、アルビオン、ペガサスなどの子供がいる。
 特殊の使用時によく分かるのだが、妙に露出の高い格好をしている。
 超短い腰布を翻す際、よく見ると黒い部分が見えるのでドキッとする。タダの影だけど。
-女の子になってしまった理由はイラストレーターである皆葉さんが
+LoVではなぜか女の子の姿をしている理由はイラストレーターである皆葉さんが
 「みんなサッキュンとかアサシンとか女の子描いてずるい!俺も女の子描いちゃう!」
 と言う感じという噂がたっている。いいぞもっとやれ。
 
 &aname(テティス,option=nolink){}
  テティス (R)
 |BGCOLOR(#FFD9B3):No|132|BGCOLOR(#FFD9B3):名前|テティス|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):コスト|30|BGCOLOR(#FFD9B3):種族|海種|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):HP|480|BGCOLOR(#FFD9B3):ATK|50|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):DEF|70|BGCOLOR(#FFD9B3):移動速度|4|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):攻撃対象|複数|BGCOLOR(#FFD9B3):攻撃属性|撃|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):弱点属性|雷|BGCOLOR(#FFD9B3):スキル||
 |BGCOLOR(#FFD9B3):特殊技|相殺波紋|BGCOLOR(#FFD9B3):分類|強化|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):特殊技効果|>|>|自分の防御力を一定時間、大幅に上げる。|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):効果範囲|>|>|自分|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):イラストレータ|>|>|[[安倍吉俊]]|
 DATA
 |BGCOLOR(#FFD9B3):身長|1.58[meter]|まっぴらよ、ええ、まっぴら&br()私の生は私が決めるわ。&br()お父様がなんと言おうと、天神や海神が言い寄ってきても、&br()結婚相手は私が決めるの。&br()そして、男の子を生むの。強くてかっこいい・・・&br()あ、その為には強くてかっこいい旦那が必要ね。&br()息子の次くらいの|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):体重|・・・。[kg]|~|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):特技|口が達者|~|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):好きなもの|自由、イケメン|~|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):嫌いなもの|オヤジ|~|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):将来|親馬鹿|~| 
 :コメント|
-神々への離反で追加された使い魔。 
-スキルが無い点を除けば、少々強力すぎるきらいすらあるようなステータス。
-4速でなおかつ落ちないラース・ジャイアント、といえばお分かりいただけるだろうか。
-魔種ははっきり言ってこの1枚で対処できるようなものである。
-とはいえ決して攻撃力は高くないので、いくら防御が高くても、
-攻撃力の高い魔種に対しての無理な運用は禁物。序盤で壁のように使うと、速攻落とされる。
-さらにver1.3最大の謎修正、防御弱体補正のために、機動要塞の如くだった防御力が完全になりを潜めた。
-相殺波紋が確実に半分以下の効果に成り下がり、スマッシュの最低保障が5から10に跳ね上がったこともあり、一瞬で落とされることもしばしば。
-完全なワントップとして運用する場合は、ニクサーやRケートスのフォローが必須になるだろう。
-ちなみにローレライと併用しても、本来なら80上がる防御力が34程度にしかならない。
-固いことは固いが、正直このためだけに組み合わせる必要は全くなくなってしまった。
-とはいえ、攻撃力が低いわけではないので、主力としてはまだまだ現役。
-キラーフィッシュの特殊を利用すれば、弱点外の主力ですら速落とす事ができるのも覚えておこう。
-余談だが、特殊技発動時のハートエフェクトの乱舞がウザ可愛い。
+海種…と言うよりLOV最高の壁役。
+スキルがなく、攻撃力もコストのわりに高くないが、特殊技のお蔭で(当時は)まさに鉄壁と呼べる頑丈さを誇る。
+※速度4でさらに頑丈になった亜人ラース・ジャイアント。と言えばお分かりいただけるだろうか?
+だが、それが仇となったか、VER1,3以降、主人公DEF80以上、使い魔DEF101以上になるとDEF上昇率がさがるように下方修正されるようなった。
+(ローレライと併用しても、本来なら80上がる防御力が34程度に)
+とはいえ、それでも十分頑丈なので、主力としてはまだまだ現役。
+完全なワントップとして運用する場合は、ニクサーやRケートスなど属性無敵持ちのフォローが必須になるだろう。
+Ⅱになり、多くのⅠのカードが弱体化した中で、防御の補正が緩和されたようで強化された珍しい方。相殺波紋だけで防御は120に達し、他のカードと合わせると160を出すことも容易となった。
+Ⅱになり、活躍できるかが楽しみなカードでもある。
+(他のお勧め使い魔:キラーフィッシュ・わだつみ)
+:余談|
+特殊技発動時のハートエフェクトの乱舞がウザ可愛い。
 自分で使っている分はともかく、魔種使いからすればウザイの一言に尽きるだろう。
 世間的にロリと賞されているのは、メリハリのない体型とこのハート乱舞のせいであろう。
-
 ちなみに、戦闘グラでは何を思ったのか弓でブン殴っている。
-本来弓は矢を射って攻撃する武器…等とは今更言うまでも無いが、流石に近接武器ではない。
-一応無双シリーズでは弓で近接戦闘を仕掛けるキャラも居るが、
-両端に刃が付いておりそれにより斬撃を行うと言うもの。
-間違っても力任せでブン殴る物ではない。こんなモノで撲殺される魔種が、少々哀れである。
-
-元ネタはギリシャ神話の女神で、ネーレーイス(オケアノスとネーレイスの娘達の事)の1人。
+こんなモノで撲殺される魔種が、少々哀れである。
+:余談その2|
+元ネタはギリシャ神話の女神でネーレーイスの1人。
+(オケアノスの娘ドーリスとネーレイスの娘達を総じてネーレーイスという)
 ポセイドンやゼウスに求婚されていたが「テティスは父より優れた子を産む」という予言に諦め、
 のちにゼウスの不評を買った事もあり、結局人間の元へ嫁がせる事となった。
 この結婚式が、かの有名なトロイア戦争の引き金になった。
 後のアキレスの母で、アキレスを冥界の川に浸からせ、無敵の身体にしたのもテティスである。
 アキレスは戦争で死ぬと予言されていたため、様々な知恵で守ろうとしていたが、
 自身が掴んでいたため無敵にならなかったアキレス腱を、イーリオスの王子パリス(アポロンという説もある)
 に射抜かれ死んでしまうという、皮肉な結果になってしまった。
 //ver1.3環境化において、もっとも影響を受けるであろう使い魔の一人であろう。
 //装備や種族補正で、容易に80を超える防御力を持つためである。
 //基本値に補正ならともかく、スキル分まで補正対象なら、
 //一部防御が低い種族以外は、防御号令がほぼ死にスキルとなる。
 //特に1トップの壁として不遇な海種を支えてきたテティスは、このあおりをもろに食らう。
 //というかテティスのスキル自体が無駄スキル化する。
 //一部高Lvプレイヤーはともかく、海種の基本でもあった1トップを確実に死滅させる仕様でどう転ぶのか。
 //今後の動向に注目である。
 
 &aname(オケアノス,option=nolink){}
  オケアノス (R)
 |BGCOLOR(#FFD9B3):No|133|BGCOLOR(#FFD9B3):名前|オケアノス|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):コスト|15|BGCOLOR(#FFD9B3):種族|海種|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):HP|460|BGCOLOR(#FFD9B3):ATK|35|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):DEF|45|BGCOLOR(#FFD9B3):移動速度|3|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):攻撃対象|単体|BGCOLOR(#FFD9B3):攻撃属性|光|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):弱点属性|雷|BGCOLOR(#FFD9B3):スキル|シールド|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):特殊技|海洋の力|BGCOLOR(#FFD9B3):分類|強化|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):特殊技効果|>|>|範囲内の味方1体の攻撃力を一定時間上げる。(範囲内の種族が海種の場合、大幅に上がる)|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):効果範囲|>|>|前方円状・小範囲|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):イラストレータ|>|>|[[杉浦 善夫]]|
 DATA
 |BGCOLOR(#FFD9B3):身長|天から海底まで|全ての始まりとその流れを見守ってきた我もまた、大きな&br()流れの中の一つに過ぎないということを、一二年前のあの&br()日に思い知った。&br()以降、何も分からなくなった。&br()川は逆流し、石は泳ぎ、木の葉は沈む。&br()理すらも変転するのか。&br()ならば、我ら永遠とされた神の運命は?|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):体重|全ての水と同量|~|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):宝具|水源の壺|~|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):生息域|ゴダルアの外海|~|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):嫌いなこと|謀議謀略の類|~|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):子どもの数|3000余|~| 
 :コメント|
-神々への離反で追加された使い魔。数少ない海種のシールド持ち。
-もう一体がアルビオンということを考えると、コスト15なので汎用性は計り知れない。
-特殊技の効果は自分以外に攻撃力を付加するもので、海種なら+40。単体扱いなので効果時間も長い。
-その真価は、エース使い魔に与えてこそ発揮されるだろう。
-テティスやリヴァイアサンに付加するだけで、大幅強化され無双状態にできる。
-また、各属性の複数攻撃の主人公にかけることでも、メタに応じて幅広く対応させることが可能。
-さらにシールドスキル持ちのため戦闘一辺倒にもならず、海種デッキの中核を担うと言える使い魔である。
-特に【憤怒】を絡めた海種単の場合、3速で唯一のシールド持ちになる事からも、重要性が高い事が伺えるだろう。
+貴重な海種の速度3シールド持ち。コスト15のバランス型。
+同じ速度3シールド持ちのアルビオン(25)よりコストが低い為、他の編成でも使いやすい。
+特殊技の効果はATKを付加するもの。単体扱いなので効果時間も長い。
+※海種なら+40。その他は+20。
+その真価は、テティスやリヴァイアサンなど、ATKに優れたのある複攻使い魔に使用することで発揮する。(もちろんATKの低い使い魔のフォローにもお勧め)
+各属性の複数攻撃装備の主人公に対して使えば、メタに応じて幅広く対応させることも可能。
 なぜか担いでいる柱を大砲のように扱い攻撃する。
 何故自分が水を飲んで、味方の能力があがるのか?なんてツッコミはしてはいけない。
-
+:余談|
 多くの海神の血縁に当たる神で、ティターン一族の長兄。大洋を神格化したものとされる。
-自身の妻の名前はテテュス。テティスと違うので(テティスは娘の1人)気をつけて欲しい。
+自身の妻の名前はテテュス。テティスと違うので(テティスは孫の1人)気をつけて欲しい。
 ギリシア神話ではしばしば海の果てという意味で使われる。
 英語の大洋を表す単語、オーシャン(ocean)はオケアノスの名前が由来。
+
 &aname(水虎,option=nolink){}
  水虎 (C)
 |BGCOLOR(#FFD9B3):No|134|BGCOLOR(#FFD9B3):名前|水虎|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):コスト|10|BGCOLOR(#FFD9B3):種族|海種|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):HP|415|BGCOLOR(#FFD9B3):ATK|35|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):DEF|30|BGCOLOR(#FFD9B3):移動速度|2|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):攻撃対象|複数|BGCOLOR(#FFD9B3):攻撃属性|闇|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):弱点属性|雷|BGCOLOR(#FFD9B3):スキル|ゲート|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):特殊技|ダークシュトローム|BGCOLOR(#FFD9B3):分類|罠|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):特殊技効果|>|>|マップに闇属性ダメージのトラップを仕掛ける。&br()トラップの範囲内に敵がいた場合、全てに闇属性のダメージを与える。&br()(トラップセット後、一定時間を待ち、再度特殊技ボタンを押すことにより発動)|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):効果範囲|>|>|自分中心・円状|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):イラストレータ|>|>|[[一徳]]|
-
 DATA
 |BGCOLOR(#FFD9B3):全長|1.3[meter]|新米の猟師にとって、近海の漁場を見る時に頼りになるのは&br()鴎と水虎の群れだ。&br()天に鴎、海に水虎がいるところ、必ず魚群がいる。&br()ただ、残念ながらそこに猟師の入り込む余地は無い。&br()新米の猟師はその悔しさを糧に、その時の天気や風の流れを&br()覚えて鴎や水虎よりも先んじて漁場を探す工夫をするように&br()なる。そうして猟師の武器は経験と知恵であることを学ぶ。|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):重量|30[kg]|~|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):最速|120[km/h](水中)|~|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):生息域|ギドナ海峡|~|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):平均寿命|15~30年|~|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):捕食対象|キラーフィッシュ|~| 
 :コメント|
-「神々への離反」からの追加カード。稼動前にスペックが判明していた唯一の海種。
-当時は罠の大きさがコストに関係せず、一律今の30コスト並みに大きかった事もあり、
-移動速度2による罠の破壊力、コスト10のチャージ速度の速さによる闇罠持ちとして神族メタが期待された。
-が、罠の大きさがコスト相応になる修正が入り、見事なまでに小さくされてしまってからは、
-一部のマニアか罠単デッキくらいでしか話題に昇らなくなってしまった可哀想な使い魔である。
-罠の大きさはアルカナ円の直径の半分程度。効率よく当てるのには熟練と読みが必要になる。
-まとめて巻き込むより、ピンダメの感覚で運用すると結果が出やすい。
-ミニマップでの確認はもちろん、確実に当てるような設置で上手く追いつめていこう。
-ただしそれは範囲だけの話であって、他の2速罠持ちと同じく威力に関しては文句なし。
-サクリファイス時の罠の大きさも特筆すべき点。倍のサイズの罠を設置できる。
-神族が踏んだ場合は、ほとんどの使い魔が瀕死もしくは蒸発するであろう。
-攻撃が闇の複攻だという事も忘れてはならない。攻撃力だけを見れば、マカラと同等。
-サクリファイスでの神族メタにはこれ以上ないほどの性能を誇る。
-ただし、やはりネックは速度。
-というのも、リヴァイアサンと同様ピンダメ乱発の多い神族に対して耐えきれない事が多い点、
-メタ先の神族には4速が多い点から、戦闘がしづらい点が上げられる。
-ただし、リヴァイアサンと違い、罠というダメージソースがあるため、
-例え神族以外でもそれなりに立ち回る事ができる。そしてなにより可愛い。
-愛すべきマスコットである。
-
+「神々への離反」稼動前にスペックが判明していた唯一の海種。
+闇属性の複攻持ちでなにより可愛い。愛すべきマスコットである。
+移動速度2による罠の破壊力、コスト10のチャージ速度の速さによる闇罠持ちとして神族メタが期待できる。
+ただ、仕様変更による罠範囲がコスト相応に収縮(現在はアルカナ円の直径の半分程度)、罠発動時間の延長と下方修正。
+また、神族には速度4が多く、ダメージ系特殊技が豊富。
+打たれ強さはコスト相応の為、罠発動前に溶かされる危険性が高い。
+使うならピンダメの感覚で運用すると結果が出やすいだろう。
+(罠の範囲が拡大するサクリファイス候補としてお勧め)
+:余談|
 水虎というのは中国に生息すると言われる妖怪で、全身鱗で覆われた童子のような姿をしているという。
 日本の河童と混同される事も多いが、まったくもって別物なので覚えておこう。
+
 &aname(アリオーシュ,option=nolink){}
  アリオーシュ (C)
 |BGCOLOR(#FFD9B3):No|135|BGCOLOR(#FFD9B3):名前|アリオーシュ|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):コスト|15|BGCOLOR(#FFD9B3):種族|海種|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):HP|430|BGCOLOR(#FFD9B3):ATK|45|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):DEF|45|BGCOLOR(#FFD9B3):移動速度|3|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):攻撃対象|単体|BGCOLOR(#FFD9B3):攻撃属性|炎|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):弱点属性|雷|BGCOLOR(#FFD9B3):スキル|サーチ|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):特殊技|精霊の血|BGCOLOR(#FFD9B3):分類|攻撃|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):特殊技効果|>|>|範囲内の敵全てに炎属性のダメージをあたえる。|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):効果範囲|>|>|T字型|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):イラストレータ|>|>|[[藤坂公彦]]|
 DATA
 |BGCOLOR(#FFD9B3):身長|1,7[meter]|あははあはぁ子供きれぃきれいきれいいい美味しい子わた&br()しのコドモきれい…あの子といっしょにウフふふうふゥう&br()フフフフフフ…私の…あかちゃん…あははははははははは&br()あはは!はあああはあなたはああ!!!あはは赤ちゃん赤&br()ちゃん赤ちゃはあああアははぁははあ!!あひぃわたしの&br()美味シいうふぅうふこわいアぁあたすけてあはワタシ赤ち|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):重量|50[kg]|~|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):武器|哀しみの棘|~|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):生息|崩落した牢獄|~|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):好きなもの|子ども|~|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):契約の代償|子宮|~| 
 :コメント|
 「ドラッグオンドラグーン」から参戦したエルフの女性。
-貴重な3速の炎攻撃技を所持する使い魔。
-守備型のシー・パンサーか、攻撃型のアリオーシュで使い分けられるだろう。
-海種のコスト15は、オケアノスとナーガを除く使い魔が、
-ゲートかサーチ片方しか持っていないため、足りないものを補う、といったことも可能。
-またATK・DEFだけ見れば海種コスト15の中では最高のスペック。
-攻撃範囲の使い勝手も上々で、超亜から見ればやっかいこの上ない使い魔であろう。
-Rケートスの存在で炎枠を奪われることもしばしばだが、使い勝手は変わらずいいのでお好みで。
-
+速度3の炎属性、高水準のバランス型・サーチ所持。
+特殊技の攻撃範囲の使い勝手も上々で、超獣・亜人単から見れば厄介この上ない使い魔であろう。
+海種のコスト15の炎属性を選ぶ際、守備型のシー・パンサー・Rケートスか、攻撃型のアリオーシュで使い分けられてもよい。
+ダメージ系メイン編成やテティスのお供にもお勧め。
+:余談|
 完全に蛇足になるが、彼女は精霊(サラマンダーとウンディーネの2属性、
 特殊技使用時の2色の炎がこの属性を表している)との契約の代償に子宮を失い、
 子供に対して異常な執着を見せ、子供を殺しては食べていた。(体の中に子供を入れて守るという行為のため)
 また、完全に精神崩壊しており、殺人に楽しみを見出している危険人物。
 
 &aname(シー・サーペント,option=nolink){}
  シー・サーペント (C)
 |BGCOLOR(#FFD9B3):No|136|BGCOLOR(#FFD9B3):名前|シー・サーペント|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):コスト|25|BGCOLOR(#FFD9B3):種族|海種|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):HP|495|BGCOLOR(#FFD9B3):ATK|50|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):DEF|65|BGCOLOR(#FFD9B3):移動速度|4|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):攻撃対象|単体|BGCOLOR(#FFD9B3):攻撃属性|闇|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):弱点属性|雷|BGCOLOR(#FFD9B3):スキル|ゲート|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):特殊技|ブラックテンペスト|BGCOLOR(#FFD9B3):分類|攻撃|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):特殊技効果|>|>|範囲内の敵全てに闇属性のダメージを与える。|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):効果範囲|>|>|前方・扇形|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):イラストレータ|>|>|[[Nottsuo]]|
 DATA
 |BGCOLOR(#FFD9B3):全長|最大30[meter]|あの知性の欠片もない丸い目を見ろ。&br()あの締まりのないぶよぶよの巨躯を見ろ。&br()&br()悪食の化身の如く、万物を鯨呑するその有り様。&br()深く潜れば潜るほど、沖に出れば出るほどあんなのが&br()うようよしているんだ。&br()海は地獄に繋がっているんじゃないかって、そう思うよ。|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):重量|17[t]|~|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):最速|80[km/h](水中)|~|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):生息域|ゴダルアの内海|~|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):平均寿命|140年|~|
 |BGCOLOR(#FFD9B3):捕食対象|キラーフィッシュ|~| 
 :コメント|
-25コスの選択の乏しい海種において、神々の離反から追加された4速闇属性の使い魔。
-単体攻撃の割には攻撃力が50と抑えられているのが謎(みずちのほうが強い)。
-速度と特殊が使いやすく、25コスと言うこともあり、6枚デッキに採用しやすい。
-シーサーペントを採用した海種4速韋駄天も、Rケートスの登場により容易になった。
-わだつみメインの韋駄天とメタ先を考慮して組み替えるといいだろう。
+神々の離反から追加されたコスト25の速度4闇属性の使い魔。
+特殊技はコストの高さから発動率は悪いものの、攻撃範囲が横に広く、敵全体をを範囲内に治めやすいのはポイント。
+コスト・単体攻撃のわりにATKが低いのが気になるが、属性無敵のRケートスの登場により、シーサーペントを採用した海種4速韋駄天も容易になった。
+対不死のわだつみ、対神族のシーサーペントの使い分けが可能。
+※わだつみ(30)よりコストが抑えめな分、6編成を運用するならこちら。
 アフロディーテの存在で大流行の兆しを見せる神族相手として、無類の強さを発揮する。
+
 ----
+[[海種 Ver 1.0>海種]]
+[[海種 Ver 1.2>海種 ver1.2]]
+[[海種 Ver 1.3>海種 ver1.3]]
+[[海種 Ver 1.4>海種 ver1.4]]
+----
+
  コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
 #comment_num2(size=500,vsize=1)
 
 ----