「Ver3/竜胆しづね」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る
Ver3/竜胆しづね」を以下のとおり復元します。
 竜胆しづね(ST)
:基本情報|
|BGCOLOR(#FFD9B3):名前|竜胆しづね|
|BGCOLOR(#FFD9B3):種族|海種|
|BGCOLOR(#FFD9B3):ジョブ|アタッカー|
|BGCOLOR(#FFD9B3):召喚コスト|30|
|BGCOLOR(#FFD9B3):<タイプ>|暗技|
|BGCOLOR(#FFD9B3):タイプ|ガンスリンガーストラトス|
|BGCOLOR(#FFD9B3):HP|400|
|BGCOLOR(#FFD9B3):ATK|30|
|BGCOLOR(#FFD9B3):DEF|50|
|BGCOLOR(#FFD9B3):覚醒|可|
|BGCOLOR(#FFD9B3):超覚醒|可|
|BGCOLOR(#FFD9B3):アーツ|無|
|BGCOLOR(#FFD9B3):CV|植田 佳奈|
&br()
|>|BGCOLOR(#FFD9B3):アビリティ|
|BGCOLOR(#86CC40):CENTER:召喚|なし|
|BGCOLOR(#FFDC50):CENTER:覚醒|なし|
|BGCOLOR(#FF8383):CENTER:超覚醒|&link_anchor(page=アビリティ詳細/さ行,殺菌殺菌ー!){殺菌殺菌ー!}|
|~|攻撃力があがる。&br()さらに、自身が攻撃した敵ユニットのHPを一定時間徐々に減らし、移動速度を下げる。|

:ステータス|
|BGCOLOR(#FFD9B3):状態|BGCOLOR(#FFD9B3):HP|BGCOLOR(#FFD9B3):ATK/DEF|
|BGCOLOR(#86CC40):CENTER:召喚|400|30/50|
|BGCOLOR(#FFDC50):CENTER:覚醒|450|50/70|
|BGCOLOR(#FF8383):CENTER:超覚醒|500|150/130〔アビリティ発動時〕|

:DATA・イラスト・フレーバーテキスト|
#region(close,Ver3.3)
|BGCOLOR(#FFD9B3):Ver3.3|
|画像|
|BGCOLOR(#FFD9B3):身長|1.31[meter]|「しづねちゃんも、早く逃げるんだよ!」&br() 村に山賊が来ると聞き、料理店の老夫婦は雇ったばかりの少女に悲痛な声をかける。&br()「よかったら用心棒もついでに雇いませんか?」&br() とても可愛らしい笑顔だった。&br() メイドの技はサバイバル! たとえ無人島に漂着しても主人に不便を感じさせないのがメイドの心意気。&br() 異世界ごときで不自由する竜胆しづねではない。料理の腕に接客術、可愛い笑顔で、たちまちバイト先をゲット!&br() そのバイト先が危機とあっては黙っていられない。&br()「さってっと、おっそうじ、おっそうじ! これで、きれーいに片付けちゃいましょうね!」&br() 火炎放射器をとりあげてにやりと笑う。&br() とても物騒な笑顔だった。|
|BGCOLOR(#FFD9B3):体重|33[kg]|~|
|BGCOLOR(#FFD9B3):最大速度|ご主人様のためなら|~|
|BGCOLOR(#FFD9B3):願い|鏡磨様の元へ帰る|~|
|BGCOLOR(#FFD9B3):むしろ|鏡磨様が来ないかしら|~|
|BGCOLOR(#FFD9B3):怨敵|姉|~|
|BGCOLOR(#FFD9B3):イラストレーター|ワダアルコ|~|
#endregion

:考察|
超覚醒アビリティの「殺菌殺菌ー!」は自身の攻撃力上昇に加えて、
攻撃した相手の移動速度を5秒間下げ、5ダメージを3回与えるというもの。
&br()
下方修正を受けたこともあり速度低下率はそれほどでもないが、
序盤に荒らしに来る敵ユニットの帰還を遅らせながら攻撃を与え、そのままカウンターに繋げられる強さを持つ。
また、フリックでもアビリティの効果は発動するため、撤退中の敵を弾きながら倒す事もできる。
&br()
性能がディフェンダーのようなアタッカーであるため、海の序盤の防衛手段として選択肢になりうるカード。
また弱体性能が一定のため終盤もアタッカーとしての移動速度を活かしつつ主力の援護ができ邪魔にならない。

:キャラクター説明|
コラボレーション「ガンスリンガーストラトス」より登場。
今作では徹と同じくアニメ版イラストかつ「第十七極東帝都管理区」側の仕様で登場。
「殺菌殺菌ー!」は原作ゲームでの火炎放射発射ボイスである。
&br()
原作ゲームにおいて彼女の特徴とも言っていい「ハープーンガン」は持っておらず、標準型が装備していない火炎放射となっている。
LoVで興味を持ちガンストを始める場合、彼女の初期装備に火炎放射はないので注意しよう。
&br()
風澄徹同様に二十一世紀の過去に転移した筈がレムギアに迷い込むという形で来訪。
流石はメイドというべきなのか、風澄徹と違ってレムギアの環境に適応してしまっている。
寧ろ、ご主人様である鏡磨様もこの世界に迷い込むことすら願っている様子…。
&br()
徹と同じく「水要素の無い海種ゲスト」。理由は作品のイメージカラーから徹と同じ扱いにされた。
旧作では海種にも炎属性はいたことや、火炎放射器が機械っぽいからという理由もあるかもしれない。

:関連カード|

----
 コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
#comment_num2(size=85,vsize=3,nsize=30,num=20)

復元してよろしいですか?