「Ver3/メア」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

Ver3/メア - (2015/11/10 (火) 21:48:21) のソース

 メア(C)
:基本情報|
|BGCOLOR(#FFD9B3):名前|メア|
|BGCOLOR(#FFD9B3):種族|神族|
|BGCOLOR(#FFD9B3):ジョブ|ディフェンダー|
|BGCOLOR(#FFD9B3):召喚コスト|10|
|BGCOLOR(#FFD9B3):<タイプ>|幻魔|
|BGCOLOR(#FFD9B3):タイプ|ユニコーン|
|BGCOLOR(#FFD9B3):HP|300|
|BGCOLOR(#FFD9B3):ATK|5|
|BGCOLOR(#FFD9B3):DEF|10|
|BGCOLOR(#FFD9B3):覚醒|不可|
|BGCOLOR(#FFD9B3):超覚醒|不可|
|BGCOLOR(#FFD9B3):アーツ|無|
&br()
|>|BGCOLOR(#FFD9B3):アビリティ|
|BGCOLOR(#86CC40):CENTER:召喚|&link_anchor(page=アビリティ詳細/た行,タイプサポートA/D){タイプサポートD}|
|~|自身が戦場に出ている間、自身と同じ<タイプ>の自ユニットの防御力を上げる。&br()ただし、自身は効果を受けない。|

:ステータス|
|BGCOLOR(#FFD9B3):状態|BGCOLOR(#FFD9B3):HP|BGCOLOR(#FFD9B3):ATK/DEF|
|BGCOLOR(#86CC40):CENTER:召喚|300|5/10|

:DATA・イラスト・フレーバーテキスト|
#region(close,Ver3.0)
|BGCOLOR(#FFD9B3):Ver3.0|
|&image(011.png)|
|BGCOLOR(#FFD9B3):全長|2.6[meter]|〈冬の魔女〉が彼女を探すと言い出した時、神聖なる一角獣は小さな&br()魔女との旅を思い出していた。&br()旅の最中はその背に大量の荷物を載せられ、荷馬の如き扱いを受けた&br()が、たまに彼女を乗せて走るのは楽しかった。&br()「ほら、メアさん! 早くこの荷物を乗せて下さいな!」 &br()…こいつもか。とりあえずこいつの尻に我が角を突き立ててやろう。&br()彼女を探すのはその後だ…まったく魔女という奴は…。&br().              ──『冬の魔女のサーガ』第2章 |
|BGCOLOR(#FFD9B3):重量|500[kg]|~|
|BGCOLOR(#FFD9B3):最高速度|65[km/h]|~|
|BGCOLOR(#FFD9B3):出身地|禁忌の森|~|
|BGCOLOR(#FFD9B3):種族|ユニコーン|~|
|BGCOLOR(#FFD9B3):名付け親|自称・偉大なる魔女|~|
|BGCOLOR(#FFD9B3):イラストレーター|タカヤマトシアキ|~|
#endregion

:考察|
幻魔のコスト10タイプサポート要員。幻魔のコスト10というのがそもそも少ないので、幻魔デッキなら入れないという選択肢は無い。
朱雀の維持の援けなどに使う事も可能だが、流石に神族のコスト10ディフェンダーは層が厚いので普通は入らない。

:キャラクター説明|
過去作ではLoV1に「ユニコーン」として登場していた。当時もマルグリッド(ウィッチ)の仲間であった。
今回はバーバ・ヤーガと共にマルグリッドを探しに行く様子。

:関連カード|

----
 コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
#comment_num2(size=85,vsize=3,nsize=30,num=20)