デッキ名 人獣アルカナダウンデッキ
解説
R魔龍公ビューネイやUCベヒーモスの特殊による、戦闘でのアルカナダウンで有利を取るデッキ。
その性質上突破・居残り・特定使い魔の死守などの必要性が薄く、常にPTを交代させ万全の状態で相手を迎撃する事が許される。

キーカード
  • UC ベヒーモス(SPEED4 HP480 ATK70 DEF40 光単 Wゲート レジスト 20コス)
アルカナダウンの追加効果のある号令、相手を倒すところまで保たせるため効果時間が比較的長い。
十分な火力のある単体攻撃でもあり、効果の為の一体集中攻撃が可能。
  • R魔龍公ビューネイ(SPEED4 HP440 ATK65 DEF45 闇複 パワー・ゲート リジェネ)
アルカナダウン効果のある敵全体の能力低下。
特殊範囲や複数攻撃を避け相手が分散すれば主人公とベヒーモスの単体攻撃が光る。
スキルも良好。

候補カード

  • 30コスト 20コストか25コストが入り且つ6型がベストとされるため使われにくい

  • Rグレンデル
ゲート内回復速度上昇で5型での運用が視野に入るようになる。
ベヒーモスのPTのコストが60を超えるようにすることができるという点では生半な強化弱体に勝る意味があるだろう。
ベヒーモスの特殊は通常攻撃で落とす必要があるため、ステータスだけをみるなら相性は良い。
ただしリセット等にすこぶる弱いため、却ってデッキの弱点になってしまう危険性がある。

  • 25コスト 高性能な使い魔が集うコスト帯。戦闘し続けるのが戦法のため6枚編成が基本。

  • SR氷刃の英雄 ジン
相手の特殊を阻害して、カード移動による逃がしも阻止するピンダメ。
それらを活用し対象をスムーズに一乙できればアルカナダウンに加え、戦況全体の好転も見込める。
先打ち目的での前だしをする場合もあるかもしれないが、レベル制ということには注意を払ってやろう。
  • SRバロン
速度低下やダメージ以上に、敵の陣形崩しに有効な弾きの特殊を持つことが特徴。
何を弾いて何を殴るべきかという事が判断できれば、効率的に敵を死滅させられる。
ダメージ目的で使う際は相手に逃げられないよう注意。
  • SRカイム(SPEED4 HP440 ATK80 DEF50 闇単 ゲート Wサーチ Wレジスト)
分散ダメで、集中させれば一乙に一役買える。そしてそれ以上に特殊ゲージを下げる効果が強力。
相手のフルバーストを抑制しつつ敵を死滅させてアドバンテージが取れる。後述の【絆】アマゾネスと相性が良い。
  • UCワーライオン
後ろから高火力複数を飛ばせる。低耐久のレベル制なので慎重に扱う必要が生じる。
相手が下げて逃がそうとしている敵を叩く事ができるという点は強み。
  • Cケイロン
属性がベヒーモスと被るため、ビューネイ+10コスのPTになるだろう。
一乙よりも殲滅目的の特殊なので、はまれば高効果だが相手次第では巻き返される危険性も。

  • 20コスト

  • Cゴリアテ
人獣の中でも尖ったステータスをしているので、上手く当てればかなりの火力になる。
単体化の時間が長いので、相手の主力から受ける被害を長時間抑えられる。
その間に敵の死滅を狙っていきたい。
  • SRフラミー
ゲージで開幕の援護が可能になる。特殊も火力上昇でマッチ。
キーカードにゲートスキルがあるので効果上昇も見込めるが、
あまりに積極的に狙い過ぎると足をすくわれる危険性もあるので要注意。
  • SR蒼の継承者ノエル
ピンダメで一乙対応。速度低下は過信禁物だが様々な場面で活きる。
比較的硬いレベル制で、その分スタートがスロー、序盤戦ではスキルが要求されるだろう。
  • URペンテシレイア
アマゾネスだと効果が上がる号令。
火力上昇に加えて、速度上昇で追撃や次の動きに繋げることが可能。

  • 15コスト

  • RアークエンジェルEV
弱体以上に居残り阻止目的で使えることが特徴。
開幕35コストの場合は、入れてやると試合の運び方が変わってくるだろう。
  • R【絆】アマゾネス(SPEED4 HP440 ATK50 DEF35 撃散 Wリジェネ・散スマ)
防御上昇も有力だが、特殊範囲外によって戦闘のペースを敵に渡さず押す事ができる点が強み。
相手の初動を抑え込んでいる間にどこかを崩せるようにしておけば、こちらの目的は遂げられる。

  • 10コスト全種族屈指の使い勝手の良さが光るこのコスト帯。少ないコストで相手を疲弊させやすいので、アルカナダウンを決めやすい。

  • Cタイラント(SPEED4 HP370 ATK55 DEF25 闇散 W単スマ)
10コス定番その1
DEF低下とゲージ低下で、開幕の特殊の撃ちあいを一方的に有利なものにする。
下方修正され範囲が手前になったものの、特殊を使われる前に撃てば今まで通りの凶悪さを発揮する。
  • UCネフィリム(SPEED4 HP370 ATK50 DEF30 撃散 ゲージ)
10コス定番その2
貧弱な10コス勢を高火力集団に変える。
10コスト単で組むことで早い段階からATK+40の号令を仕掛ける事ができる。
  • R【奔放】アリス(SPEED4 HP430 ATK40 DEF25 光散 Wリジェネ・散スマ)
ディフェンスに定評のある【奔放】アリス。
範囲の狭い弱体化をねじ込む時や、ピンダメ持ちに接敵する際に便利。
弱点はDEFダウン系の特殊とすかし。
  • Cトト(SPEED4 HP410 ATK45 DEF25 光単 リジェネ)
  • R極楽鳥(SPEED4 HP430 ATK45 DEF20 雷散 W単スマ・複スマ)
敵全体のDEFを下げる使い魔。
ネフィリムと組んで敵を疲弊させてよし、ベヒーモスと組んで敵撃破を狙ってもよし、お留守番させてSSを活用してもよし。
どちらも腐りにくく、捨てる所なく使える。
  • Cカラドリウス
  • Cカワードライオン
開幕10コスパーティの候補。強化に寄り過ぎる事で対策を取られやすくなる点では上の範囲DEF弱体に劣るが、
弱点を突けた際の殲滅力には期待できる。
  • Cワーム
  • UCアマゾネス
単体DEF弱体で一乙を加速させる。本パーティに連れていく候補としても。
  • Rドンキホーテ
5型にしたり本パーティに連れていく場合、主や高コスト使い魔に特殊を使うことで損害を減らしつつ火力を上げる。


デッキサンプル

  • ベヒビューネイデッキ
R魔龍公ビューネイ
UCベヒーモス
R【絆】アマゾネス
UCネフィリム
Cタイラント
R【奔放】アリス
プレイヤー雷武器
~廃滅の機神~


解説
戦闘し、お互いに突破せずに帰還を繰り返すだけでいつのまにか石1つが半分ほどまで減っている魔法のデッキ。
終盤~廃滅の機神~と魔龍公ビューネイによる弱体重ねがけで能力値を大幅に削ることで大損害を与えることもできる。

このデッキへの対抗策
このデッキの勝ち筋は戦闘で五分り続けじわじわとリードを広げていく事。
となれば対抗策は2つ。
①撃破・突破。
②戦闘せず、制圧重視で動く。

コメント *編集が苦手な方はこちらへデッキ案、訂正指摘等々、お願いします。
名前:
  • 追加した奴、使い魔のステータスも書けよ - 名無しさん 2013-01-05 15:49:08
  • グレンデルはさすがに違うんじゃねーか?カイムベヒはカイム以外ビューベヒと同じだから載ってるだけで - 名無しさん 2012-12-27 22:27:59
  • デッキサンプルにジンカイム型、グレンデル型書いてもいいですか? - 名無しさん 2012-12-27 15:15:10
  • ベヒーモスデッキはこっちに纏めて良いと思うが
  • 移行するか否かを投票してるんじゃね? - 名無しさん 2012-12-18 02:55:43
  • 移行させてしまうなら編集者はついでに投票箱を消しといてくれ。コピー元はすでに必要50を超えているからここで賛否を問う必要は無い。 - 名無しさん 2012-12-17 23:44:50
  • ベヒーモスメインデッキとかぶらないか?このページ・・・ - 名無しさん 2012-12-17 23:10:54
  • 不死が多い今の環境なら、降魔は廃滅より神罰でも使いやすいと思う。特殊との相性もいいし - 名無しさん 2012-12-17 19:38:14