• 作成乙・・・と言いたいところだけど、ハデス以外人獣じゃないかい? -- (名無し) 2013-08-27 00:52:39
  • 皆で協力して編集する場所だし、一人で全部やるのは限界がある。 というわけでニーミア、バーバ・ヤーガ、ギルス、ファントム、ジルボルド、マッドハッター作成しました。FTはnetの方です。 -- (名無しさん) 2013-08-27 16:12:50
  • 全部埋めました -- (名無しさん) 2013-08-27 21:07:27
  • 全部埋めた方ありがとうございます!お疲れ様です。 思ったのですが、覚醒可不可、アーツ有無の行を消して覚醒アビリティがない場合はハイフンにしてステータス下に加えたほうが視覚的に分かりやすいと思うのですがどうでしょうか? -- (名無しさん) 2013-08-28 00:33:07
  • 試験的に一番下3体の配置を変更してみましたが、いかがでしょうか。
    -- (名無しさん) 2013-09-01 19:14:53
  • いいと思います! -- (名無しさん) 2013-09-02 14:23:36
  • 全使い魔の配置を変更しました。 -- (名無しさん) 2013-09-02 21:05:21
  • ありがとうございます。 覚醒超覚醒不可にもかかわらず枠があるとややこしいので削除しました。 不評なら戻します。 -- (名無しさん) 2013-09-02 23:51:58
  • アンダーテイカーのジョブを[ディフェンダー→マジシャン]に修正しました。 -- (名無しさん) 2013-09-03 06:27:35
  • 上から何体分かのアビリティをリストにリンクするようにしてみました。アビリティリストもきちんとまとめれば説明を省けると思うんですがどうでしょう? -- (名無しさん) 2013-09-08 05:54:09
  • リンクはいらない
    1つのページで完結してたほうがわかりやすい -- (名無しさん) 2013-09-10 14:55:43
  • 安倍晴明、カリガリ博士、女王ジンガ、武則天、 ベドラムのテキスト等埋まっていない分を埋めておきました。 -- (名無しさん) 2013-09-13 11:44:13
  • マッドハッターの情報がないです。 -- (名無しさん) 2013-09-13 16:42:12
  • マッドハッターさんがなかったことにされてたので復元しておきました。 -- (名無しさん) 2013-09-13 16:45:09
  • 死を喰らう男のテキストとデータ
    身長 よくわからないですネ
    体重 あってないようなものサ
    生息域 死に満ちたところデス
    好物 もちろん魂ですヨ
    目的 たらふく喰らうことサ!
    性格 ウケケ…

    ウヒヒッ! バカバカしい殺し合いは、オマエラで勝手にやっててくださいヨ! ワタクシが欲しいのは、苦悩と絶望が入り混じった極上の魂だけですからネ。
    まもなくココは、豪華絢爛な晩餐会の会場に早変わり! 今のウチに、できるだけハラをへらしておかないといけませんネ! ウシャシャ…もうヨダレが止まりませんデス!
    それではみなさん、ごきげんよう!

    以上 -- (名無しさん) 2013-09-15 16:50:24
  • 死を喰らう男について上記提供者様の情報を反映し、追加でペルセポネとエリザベートのテキスト等埋まっていない分を埋めておきました。
    残りテキストが埋まっていない使い魔はおそらく・・・UR「プルートー」、SR「ユダ」、ST「デス」、C「小野篁」「ラスプーチン」「ゲーテ」「黄泉神」です。
    -- (名無しさん) 2013-09-15 23:21:04
  • URプルートー
    冥府の奥底、死が渦巻く闇淵の洞で死獣は目を覚ました。地上に漂い始めた懐かしい気配を感じ取ったのだ。かつて冥府を拡げんとして、死を撒き散らしていた時に出会った紅蓮の輝き…あの日と同じ、魂を焦がす紅蓮の気配を。
    死獣の躍動を感じ取り、冥府を漂う死霊達は蠢いた。それは新たに撒き散らされるであろう死への悲嘆か、それを成す死獣への賛美か…幾多の死を纏い、蒼き死獣が無数の骨を踏み砕き立ち上がる…また始まるのだ。あらゆる命を死へと誘う戦乱が! 広がり始めた死の気配に、冥府の死獣は歓喜の咆哮をあげた。

    SRユダ
    地獄の中心で詩人は問うた。何故かの人を裏切ったのかと。
    「裏切り…? 違うよ あたしにとって それは“信念”だ
    あたしは このコキュートスに縛られているわけじゃない
    あたしの意思でここに居るんだ だから…」
    少女はそう言うと、『戒め』を解き、白剣を引き抜いた。
    「だから あたしは あたしの信念の声に従いここを出る
    死の口づけを受けるべき者が 再び現れたのだから…!」

    編集お願いします -- (名無しさん) 2013-09-16 09:02:34
  • プルートー、ユダ、ゲーデ、黄泉神のテキストを記入しました。 -- (名無しさん) 2013-09-16 10:25:40
  • デス、小野篁、ラスプーチンのテキスト全文を記入しました -- (名無しさん) 2013-09-16 11:27:02
  • 帽子屋のクラス、狂言者ではなかったか? -- (名無しさん) 2013-12-28 05:46:47
  • デス覚醒スペックはATK140/DEF190です。 -- (名無しさん) 2014-08-16 21:33:16
  • Ver3.2 ベドラム DATA
    身長 1.4[meter]
    体重 29[kg]
    製作者 ダペルトゥット
    工房名 コッペリウス
    名の意味 混乱
    隠された真名 オランピア
    イラストレーター YUU菊池

    フレーバーテキスト
    くるり くるり キリ キリ キリリ
    麗しの彼女は 優雅に踊る
    くるり くるり キリ キリ キリリ
    麗しの彼女は 愉快に回る

    彼女への恋は 盲目の恋
    彼女への愛は 嘲笑の愛

    幸せは くるくる くるくる 優雅に踊る
    愛熱は くるくる くるくる 愉快に回る
    どんどん どんどん はやくなる
    くるくる くるくる はやくなる

    くるり くるり キリ キリ キリリ
    麗しの彼女は 空虚な踊り
    くるり くるり キリ キリ キリリ
    麗しの彼女は 自動な人形
    破滅の恋を お贈りします
    もう とまらない
    もう とまれない -- (名無しさん) 2014-11-04 15:53:30
  • Ver3.3 ペルセポネ
    疾く、疾く、疾く――彼女はひたすらに駆けていた。
    暗色の翼をはためかせ、迷宮のように入り組んだ通路を暴風さながらに疾駆する。思考は常に最短距離を描き、その眼前を遮るものは全て蹂躙した。
    轟!!――また一人、彼女の進路を阻む番人に拳を浴びせる。そこに一切の躊躇はなく、仕留めたかどうか確認すらしない。それほどまでに彼女は急ぎ、そして焦っていた。
    彼女はもはや限界といっていい有様だった。
    全身にはとめどなく汗がにじみ、細かな傷は、数えることも憚られるほどだった。もはや彼女を動かしているのは気力と執着のみといってもよかった。
    疲労と焦燥で笑いそうになる膝を一打、気合を入れるとさらに駆ける。一度でも立ち止まってしまえばもはや動く術はないと、彼女は本能で知っていた。
    諦めるという選択肢はない。ただ、羅刹が如く突き進む。そしてやがてたどり着いた最後の扉――幾ばくの逡巡すら見せず、最後の力で蹴破ると同時に、彼女は叫ぶように勝どきを上げた。

    「オラァ!! 門限間に合ったぞジジイ!!」

    身長 1.58[meter]
    体重 45[kg]
    生息域 冥府
    夫  ハデス
    母  デメテル
    好きな花 水仙 -- (手伝うぞ♂) 2015-05-05 23:53:14
  • ver3.2ユダ
    あいつは…友は、つまらぬ者に頬をはたかれつつも、それに激高することなく、もう片方の頬を差し出した。手の甲で頬をはたかれるという、最大の侮辱を受けてなお、自身の心が他人の悪意に侵されることはない、そういう堅靭な意志を示したのだ。
    あたしはその姿を見て、魂が震えた。
    友には信念がある。ゆるがぬ魂を持っている。
    ――あたしも、こうありたい、そう思った。
    だが、同時に、くやしかった。…とてつもなく。…途方もなく。
    だからあたしは、友に知れぬところで、その者を…。
    あたしの魂は、友には遠く及ばない。
    でも、友はそんなあたしの魂をも愛してくれる。
    あたしは、恥ずかしかったのだろう。だから、せめて、「信念」だけは友のようであろうと、そうありたいと――
    「夢… 寝てしまったのか… つまらない夢をみた さぁ、先を急ぐぞ 『地上』は近い」
    詩人は、凛と立ちあがる戦士の瞳に、うっすらと浮かぶ涙を見た。

    身長 1.62[meter]
    体重 45[kg]
    生息域  地獄 第九圏
    裏切りの相手 かつての師であり友
    好きな順番 12
    特技 会計 -- (名無しさん) 2015-06-16 06:47:44
  • ver3.3ユダ
    あぁ、僕は、この冥府の世界をどれだけ旅して来たのだろう。もう、その旅も終わろうとしている。凛として美しく、そして、強い信念を秘めた悲しい瞳のこの少女との旅も、ここで終わりだ。
    「さぁ もうすぐ煉獄を抜ける そうすればお別れだ あたしは あたしの信念に従い 成すべきことを成さねばならない それはまた この地獄に等しい道行きとなるのだろうな…」
    ――その先に、あなたの幸せはあるのかい?
    「フフ どうだろうな ただ 友は優しくも こんな茨の道を選び歩くあたしを憐れんで『生まれなかった方が良かった』と涙を流してくれた あたしは その涙に報いなければいけないんだ」
    僕は、そんな少女の悲しい決意に涙を流した。
    「……ありがとう あたしのために泣いてくれるのか ならば あたしはいつか君の涙にも応えよう 君の詩のおかげで この冥府の旅の間は心が安らかでいられた 詩とはいいものだな あたしも 生まれ変わったら詩人になってみたいものだよ」
    ――どうしても、行かねばならないのかい?
    「あぁ そうだ …地上に帰ったら 私のことは忘れてくれ――いや 君の好きな詩人にでも名前を変えて この旅の詩でも読んでくれれば嬉しいかな …最後に 君の名を聞いてもいいかな?」
    そう言って背を向け、地上の光に溶け込んでいく、少女の決意に満ちた美しい後ろ姿にむかい、僕は告げた。
    ――ダンテだ。約束するよ、僕は必ず君の詩を書こう。

    身長 1.62[meter]
    体重 45[kg]
    現在の生息域 地上
    裏切りの相手 かつての師であり友
    罪の対価 銀貨30枚
    最近気に入ったもの 詩 -- (名無しさん) 2015-06-16 06:50:04
  • ジルボルドがシルボルドになってます -- (名無しさん) 2016-05-03 05:32:33