施設

本項では戦場に配置されている施設について解説する。

◆ゲート

位置

全てのプレイヤーの出撃地点となる場所。自陣の一番手前と敵陣の一番奥に4つずつ、計8つある。

機能

  • スタート地点
プレイヤーのスタート地点であり、開幕時点でどれかのゲートに主人公が召喚される。
  • 召喚・出撃
使い魔の召喚及びゲート待機中の使い魔と主人公の出撃が行える。死滅した主人公の出撃も可能。
  • 帰還
ゲートの根本をタッチすると指定したゲートから帰還する。待機中はHPが徐々に回復する。帰還したユニットは全ての自軍マナタワーと自軍ゲートのどこからでも出撃できる。
他の味方のスタートとなっているゲートからでも帰還及び出撃は可能。
ただし、開始から160秒間は逆サイドのゲートを使用することができない(Ver4.101のアップデートにて適用)

◆マナタワー

位置

ミニマップに植木鉢のマークで描かれる施設。自陣より2つ、敵陣より2つあり、戦闘開始から一定時間経過するとさらに中央に1つ出現する。

機能

  • 制圧
マナタワーは最初は黄色い中立状態である。この時のマナタワーの根本をタッチすると制圧を開始する。ゲージがいっぱいになると自軍のマナタワーになる。敵軍のマナタワーも同様に制圧する。
  • マナ生成
自軍マナタワーの魔法陣をタッチすると、ユニットはマナの生成を行う。ゲージが一周する度に所持マナが+5される。このゲージ回転速度はPSYが高いユニットほど速い。
このゲージはマナ吸収をやめると、通常の増加速度の半分ほどの速さで徐々に減り、マナタワーの魔法陣の外に出ると、0になる。
  • 自動マナ生成速度の決定
時間経過でたまるマナのたまる速度は自軍マナタワーの数が多いほど速い。
  • 召喚
使い魔の召喚と死滅した主人公の出撃
  • 駐留
自軍マナタワーの根本をタッチすると青いゲージが出現、いっぱいになるとそのユニットは一旦戦場を離脱し、マナタワーの中に駐留する。駐留中はHPが徐々に回復する。駐留したユニットは駐留したマナタワーからのみ出撃できる。
青いゲージはマナタワーの魔法陣から出ない限り、減らない。出てしまうと0になる。また、自軍タワーの数が少ないほど早く増加する。
駐留しているマナタワーが陥落すると、そのマナタワー周辺へ強制的に出撃させられてしまう。
  • 出撃
ゲート待機中の使い魔の出撃と、駐留しているマナタワーからの出撃。
  • 防衛目標
ジョブが「ディフェンダー」かつ「ガーディアンスタイル」である自ユニットがマナタワーの魔法陣にいると、そのユニットのPSYに応じた、制圧を防ぐバリアを張ることができる。
ストーンと違って根本をタッチする必要はなく、ただ配置するだけでよい(タッチすると駐留の準備を始めてしまう)
  • 防衛エリア
Ver3.405より追加された要素。
ゲーム開始から70秒間だけ、各タワーの周囲に防衛エリアが発生する。
時間内にマナタワーを制圧することで効果を発揮し、防衛エリアに入った敵使い魔全てにダメージを与える(中立タワー周囲にも表示されているが効果はない)。
反応するのは使い魔に対してのみで、ロード(主人公)には反応しない。
防衛エリアが消失すると、ダメージを受けることもなくなる。
エリアに侵入したサインの赤いエフェクトの2秒後に、ダメージを受ける爆発エフェクトがあるため、侵入判定が出れば防衛エリアの外に出てもダメージを与える。
  • タワーガード
中立タワーが0本で、かつ自軍マナタワーの本数が敵軍マナタワーよりも少ない時に発動する。(タワーの色が変わる)
駐留にかかる時間、HP回復速度、タワー陥落までの耐久力が強化される。

その他

  • ワーニングエリア
Ver3.007より実装された。エリアに侵入するとランキングポイントが減点される。また、ワーニングエリアは一定時間後に消滅する。
リーグの仕様変更後は、ペナルティポイントを1ポイントでも取得すると、その戦績がイベントや実績に反映されないようになった。

◆アルカナストーン

位置

3つずつ配置。センターは中央マナタワーの前後にある。レフトとライトもマナタワーの隣。

機能

  • 破壊目標
敵軍ストーンの根本をタッチするとストーンの破壊を開始する。PSYが高いほど多く破壊できる。
  • 防衛目標
ジョブが「ディフェンダー」かつ「ガーディアンスタイル」である自ユニットを自軍ストーンの根本にタッチして移動させると、そのストーンに敵からの破壊を防ぐバリアを張ることができる。このバリアは、限界を超えると破壊を防げないが、そのユニットのPSYが大きいほど、より大きく破壊ダメージを防げる。
コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る